仮想通貨バイナリーオプションが可能に!ビットコインやイーサリアムでバイナリーオプション取引

海外バイナリーオプション業者の「ハイローオーストラリア/HighLow」「ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS」が仮想通貨の取引を開始しました。これでバイナリーオプションの取引可能商品のラインナップに「仮想通貨」が加わることになったのです。

そもそも、仮想通貨とは?

仮想通貨とは

日本円や米ドルなど国が価値を保証している「法定通貨」とは異なり、特定の国家によって一定の価値が裏付けられていないインターネット上でやり取りができる「電子データ」のことを「仮想通貨」と言います。

「電子データ」ですが

  1. 「法定通貨」と交換できること
  2. ブロックチェーンという仕組みによって「偽造」や「二重払い」を防ぐことができること

ため、急速に普及をしている「通貨」となっています。

日本でも、2017年4月に「改正資金決済法」が施行され、「仮想通貨」の法的な定義が明確となり、円など各国通貨との売買に関するルールが定められました。

「資金決済に関する法律(資金決済法)」第二条5

一.物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二.不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

この法的根拠ができたことによって、日本でもビットコインなどの仮想通貨に関する認知が急速に広まり、ある意味での仮想通貨バブルが起こったのです。

FX業者も、バイナリーオプション業者も、続々と仮想通貨に参入

日本国内では、現状は「仮想通貨取引」を行うためには、業者は「仮想通貨交換業者登録」を財務局にしなければなりません。

FX業者も、バイナリーオプション業者も、続々と仮想通貨に参入

仮想通貨に関連する事業を行うみなさまへ

平成29年4月1日から、「仮想通貨」に関する新しい制度が開始され、国内で仮想通貨と法定通貨との交換サービスを行うには、仮想通貨交換業の登録が必要となりました。

2018年5月時点では下記の仮想通貨取引所が登録しています。

  • 株式会社マネーパートナーズ
  • QUOINE株式会社
  • 株式会社bitFlyer
  • ビットバンク株式会社
  • SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • GMOコイン株式会社
  • ビットトレード株式会社
  • BTCボックス株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 株式会社ビットアルゴ取引所東京
  • Bitgate株式会社
  • 株式会社BITOCEAN
  • 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
  • テックビューロ株式会社
  • 株式会社Xtheta

株式会社マネーパートナーズなどの証券会社もいますが・・・今のところは

  • 国内FX業者 → 仮想通貨の取り扱いなし
  • 国内バイナリーオプション業者 → 仮想通貨の取り扱いなし
  • 仮想通貨取引所 → 仮想通貨FXの取り扱いあり

という状況になっています。

しかし、海外FX業者や海外バイナリーオプション業者は、日本国内の法律に左右されないため

  • 海外FX業者 → 仮想通貨FXの取り扱いあり
  • 海外バイナリーオプション業者 → 仮想通貨バイナリーオプションの取り扱いあり

という形で、トレード商品の一つとして「仮想通貨」が登場しているのです。

「ハイローオーストラリア/HighLow」の仮想通貨トレード

「ハイローオーストラリア/HighLow」の仮想通貨トレード

皆様のご要望に応えました!仮想通貨のオプションがついに登場!HighLowおよびHighLowスプレッドで取引可能です。

資産選択メニューから仮想通貨を選択し、BITCOIN、RIPPLE、LITECOIN、ETHEREUM、BCASHから選ぶだけです。最大ペイアウト倍率2倍のお取引が可能となりました。

となっています。

2018年5月時点の仮想通貨バイナリーオプション概要

2018年5月時点の仮想通貨バイナリーオプション概要
取扱可能通貨
  • ビットコイン:BITCOIN
  • リップル:RIPPLE
  • ライトコイン:LITECOIN
  • イーサリアム:ETHEREUM
  • ビットコインキャッシュ:BCASH
ペイアウト倍率
  • HighLow:185%
  • HighLowスプレッド:200%
  • Turbo:195%
  • Turboスプレッド:200%
レート配信先
  • Bitfinex社
  • BitMEX社

teacher

考察

十分に高いペイアウト倍率が設定されています。トレードできる仮想通貨の種類はそれほどないものの、メジャーなコインは取引をすることができます。

レート配信先のBitfinex社、BitMEX社とも世界的な仮想通貨取引所ですので信頼性も十分に高いと考えられます。

「ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS」の仮想通貨トレード

2018年5月時点の仮想通貨バイナリーオプション概要

2018年5月時点の仮想通貨バイナリーオプション概要 2018年5月時点の仮想通貨バイナリーオプション概要
取扱可能通貨
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • BHC/BTC
  • BTC/EUR
  • ETH/BTC
  • ETH/EUR
  • LTC/BTC
  • LTC/EUR
  • XRP/EUR
ペイアウト倍率
  • ビットコイン:155%
  • ビットコイン以外:164%

teacher

考察

仮想通貨の取扱い数は多いものの、ペイアウト倍率は抑えめに設定されています。

仮想通貨バイナリーオプションのトレードのコツ

基本は「順張り」でトレードをする

「ハイローオーストラリア/HighLow」にレート配信しているBitfinex社の「BTC/USD」日足
「ハイローオーストラリア/HighLow」にレート配信しているBitfinex社の「BTC/USD」日足

こちらを見てもわかるように

イメージではビットコイン価格は乱高下しているようですが、実際は2週間単位で見れば、素直なトレンドを形成します。
これは、FXよりも、まだまだ仮想通貨は素人が多く

トレンドが伸び始めたら、今が買い時として素直に乗っかってくる投資家が多い

ことが理由になっています。

FXでは欧米のファンドなどの仕手筋が相場を形成してしまうため、素直なトレンドになりにくいのです。

バイナリーオプションの取引では、1分、2分、5分、15分、1時間ぐらいの短期取引がメインになるので、その期間内であれば、素直なトレンドに乗っかって購入した方が勝率が高くなるのです。

取引量の大きいメジャーな通貨で取引する

仮想通貨を購入するのであれば、これから伸びる可能性が高い、ある程度マイナーな通貨の方が好ましいと言えます。

しかし、仮想通貨バイナリーオプションの場合は、取引量の多い仮想通貨の方が価格変動が素直に動くので、勝率が上がる可能性が高いのです。

取引量の少ない仮想通貨ほど、ボラティリティが大きくなってしまい、予想しにくいのです。

まとめ

海外バイナリーオプション業者は、続々と取引可能な商品に「仮想通貨」を加えています。

teacher
バイナリーオプションをする投資家にとっても、FXよりも、現時点では素人が多く、トレンドが素直に形成されやすいバイナリーオプションの方が勝率が上がる可能性もあるのです。興味がある方は、仮想通貨バイナリーオプションを試してみましょう。