GMOクリック証券が株価指数(CFD商品)と連動したバイナリーオプションを取り扱い開始

GMOクリック証券株式会社は、2019年4月15日(月)より、株価指数(CFD商品)と連動したバイナリーオプションサービス「株価指数バイナリーオプション」の取り扱いを開始しました。

株価指数バイナリーオプションの概要

株価指数バイナリーオプションとは

外国為替の代わりに「株価指数」を予想する形のバイナリーオプションのこと

を言います。

GMOクリック証券の「株価指数バイナリーオプション」では

  • 日本225
  • 米国30

を対象としています。

取引条件
  • 回号:第1回~第9回、1回号3時間(満期2分前に注文受付停止)、2時間おきに次回号がスタート
  • 呼値:1円
  • 取引枚数:1枚
  • 取引手数料:0円
  • 口座維持手数料:0円
  • オプションタイプ:ヨーロピアンタイプのオプション(通常の国内バイナリーオプション)
  • ペイアウト倍率:変動
  • ペイアウト:固定1,000円
  • 判定価格:7つ
口座開設条件
  • GMOクリック証券に証券取引口座を開設済みであること。
  • 100万円以上の金融資産をお持ちであること。
  • 年収が200万円未満の場合、300万円以上の金融資産をお持ちであること。
  • お客様の年齢が80歳以下であること。
  • デリバティブ取引または株式現物取引の経験が、1年以上あること。
  • オプション取引の仕組み、オプション取引のリスク及び当社の株価指数バイナリーオプション取引の特徴について理解し、「株価指数バイナリーオプション取引約款」、「株価指数バイナリーオプション取引の契約締結前交付書面・注意喚起文書」、及び当社の株価指数バイナリーオプション取引ルールの内容に同意・承諾していること。
  • 各書面が電磁的方法により交付されることに承諾していること。
  • 「株価指数バイナリーオプション取引に関する確認書」を電磁的方法により差し入れていただくこと。
  • 「契約締結時交付書面等の電磁的方法による交付等に係る取扱規程」に定めるところに従い株価指数バイナリーオプション取引に係る「契約締結時交付書面」・「取引残高報告書」・「年間損益報告書」が電磁的方法により交付されることに承諾していること。
  • 会員ページの「お知らせ」を確認するとともに、緊急時には当社が電話による連絡を行う旨を承諾していること、及びお客様の連絡先電話番号を正確にご登録いただけること。
  • 金融商品取引業者の役職員でないこと。
  • その他GMOクリック証券が定める基準を満たしていること。

デモ口座も利用可能です。

「株価指数バイナリーオプション」のトレード画面
「株価指数バイナリーオプション」のトレード画面

株価指数バイナリーオプションの考察

通常の国内バイナリーオプションの取引商品の選択肢に「株価指数(日本225、米国30)」が増えた商品です。

  • ペイアウト倍率が1,000円固定されている
  • 選ぶ判定価格によってペイアウト倍率が変動する
  • 満期までは2時間

というバイナリーオプション規制後の国内バイナリーオプションの方式のままとなっています。

メリットとしては
  • 株価指数は、前日のニュースや株価の状況などで値動きが予想しやすい

ものであり、テクニカル分析の観点から、バイナリーオプションの取引をする選択肢が出てきたと言えます。

デメリットとしては
  • 外国為替のバイナリーオプションとは別の口座が必要であること
  • 口座開設に年収条件、金融資産条件、取引経験条件があること

などが挙げられます。

元々、IG証券がダウ平均、金、原油などのCFD商品をバイナリーオプションで提供していましたが、GMOクリック証券が遅ればせながら、CFD商品をラインナップに入れてきた形になります。

デメリットとしては

IG証券の場合

株価指数バイナリー
  • 日本225
  • ウォール街
  • 英国FTSE100
  • ドイツ30
  • スペイン35
  • オーストラリア200
  • インド50先物
  • シンガポール優良株先物
  • 香港HS株価指数先物
  • 中国A50株価指数先物
  • 中国300株価指数先物
エネルギーバイナリー
  • WTI原油先物
貴金属バイナリー
  • NY金先物
  • NY銀先物

と、CFDバイナリーオプションの商品数が多いのに対して、GMOクリック証券は日本225、米国30の2つだけですから、まだまだm商品力としては弱いと考えられます。

teacher
ヨーロピアンタイプのバイナリーオプションであり、2者択一のシンプルなバイナリーオプション(海外バイナリーオプション)ではない、一般的な国内バイナリーオプションの仕組みは変わっていないので、それほど魅力的なサービスとは言えないでしょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円