有料ツールに騙されるな!バイナリーオプション無料ツール全まとめ。無料ツールでバイナリーオプションの勝率は上がる!

man
「バイナリーオプションの無料ツールには何があるの?」
「バイナリーオプションの有料ツールって、本当に勝てるの?」

今回は、バイナリーオプションのツールについて解説します。バイナリーオプションには無料ツール、有料ツールなど様々なツールがありますが、一つ一つトレードに有効なツールを解説します。

目次

バイナリーオプションツールの「有料ツール」に騙されるな!

バイナリーオプションには

  1. 有料ツール
  2. 無料ツール

の2つの種類があります。

バイナリーオプションツールの「有料ツール」には

ネクストバイナリーアカデミー

ネクストバイナリーアカデミー

勝率:80%
価格:24,800円

SBAサインツール

SBAサインツール

勝率:90%
価格:30,000円

バイナリーオプション用シグナルツール「Axis」

バイナリーオプション用シグナルツール「Axis」

勝率:70~90%
価格:19,800円

などがあります。

teacher

どれも、高勝率をアピールしたツールです。

しかし、冷静に考えてみてください。

例えば

上記の「有料ツール」のウェブサイトに記載されているように

  • ペイアウト倍率:1.9倍
  • 勝率:80%
  • 1日20回以上のトレード機会

をキープし続けられると仮定した場合

  • 自己資金:10,000円
  • 購入額:自己資金の10%

でトレードをすれば

1日のトレード損益は

スタート時資金10,000円
取引回数勝率1回の購入資金1,000円
1回目190%1,900円
2回目190%1,900円
3回目190%1,900円
4回目190%1,900円
5回目-100%-1,000円
6回目190%1,900円
7回目190%1,900円
8回目190%1,900円
9回目190%1,900円
10回目-100%-1,000円
11回目190%1,900円
12回目190%1,900円
13回目190%1,900円
14回目190%1,900円
15回目-100%-1,000円
16回目190%1,900円
17回目190%1,900円
18回目190%1,900円
19回目190%1,900円
20回目-100%-1,000円
損益26,400円

1カ月(20営業日)このルールでトレードを継続した場合

備考
スタート時資金10,000円
1日目26,400円
2日目69,696円
3日目183,997円
4日目485,753円
5日目1,282,389円
6日目3,385,506円1回の最高取引額20万円の上限と仮定
7日目5,280,000円
8日目5,280,000円
9日目5,280,000円
10日目5,280,000円
11日目5,280,000円
12日目5,280,000円
13日目5,280,000円
14日目5,280,000円
15日目5,280,000円
16日目5,280,000円
17日目5,280,000円
18日目5,280,000円
19日目5,280,000円
20日目5,280,000円
合計損益79,363,741円

1カ月で約8000万円の儲けです。

teacher
「月8,000万円(年間10億以上)、儲けられる人が、そのツールを1万円~3万円で販売する必要があるのでしょうか?」

勝率80%でこの数字ですから、勝率90%なんて、とてもじゃないけど、無理なのです。

とくに筆者が難しいと感じるのは

勝率を上げるトレード手法がないわけではありません。

しかし、勝率が高いトレード手法というのは、タイミングを待ちに待って、いろいろな条件が重なった時に1日1回やっとチャンスが訪れるというようなものですから、1日20回もトレード機会が発生するものではないのです。

しかも、それを自動でやってくれるなんて・・・、現実的なものではないのです。

有料ツールは、実現不可能な「取引回数」「勝率」が記載されているものがほとんどです。

「試してみる」という考え方で利用してみる分には、問題ありませんが、ウェブサイトに書いてある結果を期待しても、まず期待した結果は得られないのです。

バイナリーオプションツールの「有料ツール」と「無料ツール」の違い

バイナリーオプションの「有料ツール」

→ 自動売買 or トレードのサインが表示されるもの

バイナリーオプションの「無料ツール」

→ 自分でテクニカル分析をするために使うもの
(一部、バイナリーオプション業者の提供するツールにはサインが表示されるものもある)

です。

基本的に「無料ツール」は

あくまでも、自分が勉強して、テクニカル分析を駆使して、バイナリーオプションの勝率を上げることを助けてくれるツール

なのです。

一部、バイナリーオプション業者の提供するツールにはサインが表示されるものもありますが、「有料ツール」ですら、「本当に儲かるならそんなツール販売する必要がない」ということになるのですから、「サインを送ってくれるタイプのバイナリーオプション業者の無料ツール」にも期待してはいけないのです。

おすすめのバイナリーオプション「無料ツール」

MT4/MT5(メタトレーダー)

MT4/MT5(メタトレーダー)

MT4/MT5(メタトレーダー)は、ロシアのMetaQuotes社(メタクオーツ社)が開発したFXのトレードプラットフォーム(取引ツール)のことを言います。高機能なチャート分析ツールや自動売買システムが利用可能で、チャート開発・自動売買のストラテジー開発も容易です。

MT4/MT5(メタトレーダー)が優れている点は

簡単にインジケーターを投資家自らが開発することができるため、世界中の投資家が日夜インジケーターを開発し、ウェブ上に無料で公開してくれていること

が挙げられます。

インジケーターの数だけでも、数十万は超えているため、そこらへんのトレードツールでは太刀打ちができないのです。

バイナリーオプション取引で

自分でテクニカル分析を勉強して勝率を上げる

ことを重視するのであれば

  • 世界中の投資家が開発してくれる何十万というインジケーターが使える
  • インジケーターのカスタマイズが容易
  • 自分のトレード手法に合わせてインジケーターの開発も可能

であり

  1. 無料
  2. 動作が軽い
  3. スマホアプリもある
MT4/MT5(メタトレーダー)は、バイナリーオプションの無料ツールとして、絶対的に使うべきツールと言っても、過言ではないのです。

Yahoo!ファイナンス「テクニカル分析用多機能チャート」

Yahoo!ファイナンス「テクニカル分析用多機能チャート」

Yahoo!ファイナンスには「テクニカル分析用多機能チャート」が用意されています。

Works Technology社が開発したツールですが、

  • MACD
  • ROC
  • RSI
  • ストキャスティックス
  • ウイリアムズ%R
  • 移動平均乖離率
  • DMI
  • 移動平均
  • 平滑移動平均
  • エンベロープ
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリック
  • HLバンド

など一通りのテクニカル分析指標が利用できること

  • ウェブ上で利用できるので、パソコンへソフトをインストールする必要がない
  • 登録なども一切不要

というメリットがあります。

MT4/MT5(メタトレーダー)は、デモアカウントを作成し、パソコンやスマホにインストールする必要があるため、その手間は排除できます。

Yahoo!ファイナンス「テクニカル分析用多機能チャート」の導入方法

その1.Yahoo!ファイナンスの「FX・為替」ページに行く
その1.Yahoo!ファイナンスの「FX・為替」ページに行く
その2.「米ドル/円」などどれかFXチャート・レートを開く
その2.「米ドル/円」などどれかFXチャート・レートを開く
その3.チャートの下にある「テクニカル分析用多機能チャート」をクリックする
その3.チャートの下にある「テクニカル分析用多機能チャート」をクリックする
その4.「テクニカル分析用多機能チャート」が表示される
その4.「テクニカル分析用多機能チャート」が表示される
その5.各種設定をする

チャート上部の「テクニカル」をクリックすれば、利用できる「テクニカル分析」が表示されます。

その5.各種設定をする

「移動平均線」「一目均衡表」「MACD」をチェックするとこのように反映されます。

その5.各種設定をする

右側の「ライン」を選べば、水平線や垂直線、斜めの線、平行線など様々なラインを引くことができます。

その5.各種設定をする

バイナリーオプション業者「ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS」の取引ツール

バイナリーオプション業者「ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS」の取引ツール

ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETSの取引ツールでは

数は少ないものの

  • SMA(移動平均線)
  • RSI
  • BB(ボリンジャーバンド)
  • MACD

といったインジケーターを表示させることができます。

バイナリーオプション業者「ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS」の取引ツール バイナリーオプション業者「ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS」の取引ツール

インジケーターの数では「MT4/MT5(メタトレーダー)」や「Yahoo!ファイナンス」には、全くかないませんが・・・

取引ツール上にインジケーターが表示できて、そのままトレードできる

というメリットがあります。

「MT4/MT5(メタトレーダー)」や「Yahoo!ファイナンス」では

  1. バイナリーオプション業者のトレード画面
  2. 「MT4/MT5(メタトレーダー)」や「Yahoo!ファイナンス」などの無料ツール画面

の2つを開いている状態にしなければならないので

  • 取引画面が狭くなる
  • 取引画面が重なってしまう

というデメリットがあります。

また、「取引するチャート」と「分析する無料ツールのチャート」は、デザインや表示方法が若干異なるため、バラバラに管理すると、慣れるまでは「トレードタイミングを伸ばしてしまう」などのデメリットもあるのです。

「分析画面」と「トレード画面」が一つで良い

というのは、大きなメリットなのです。

バイナリーオプション無料ツールの選び方

【初心者向け】

  • 「分析画面」と「トレード画面」が一体化していることを重視する方

→ バイナリーオプション業者が提供していて、かつインジケーターが利用できる無料ツールを選ぶ

【初心者・中級者向け】

  • インジケーターを利用するがメジャーなインジケーターを使ったトレード手法しか利用しないという方
  • 「パソコンにインストールしたり、登録をするのが嫌だ。」という方

→ Yahoo!ファイナンス「テクニカル分析用多機能チャート」を選ぶ

【初心者~上級者向け】

  • テクニカル分析によるトレードを極めたい
  • 自分流にインジケーターをカスタマイズしたい
  • 自分流にテンプレート(デザイン、設定のこと)をカスタマイズしたい

→ MT4/MT5(メタトレーダー)を選ぶ

と良いでしょう。

  • Yahoo!ファイナンス「テクニカル分析用多機能チャート」
  • MT4/MT5(メタトレーダー)

を選ぶ場合には

  • できるだけ大きなモニターを購入する
  • 二つのモニターをつなげてパソコンの画面を表示させる
  • 分析用の無料ツールはパソコンで見て、トレードはスマホで行う

などの工夫をすることで、ストレスなく、2つの画面を見ながらトレードをすることができます。

バイナリーオプション無料ツールは、どうやって活用すれば良いの?

teacher

バイナリーオプションの無料ツールの活用法は

テクニカル分析によりトレードのタイミングを計る

目的で使用します。

テクニカル分析の方法論は、星の数ほどあるので、いろいろなテクニカル分析によるトレード手法を試してみることをおすすめします。

  1. 数多くのテクニカル分析を利用したトレード手法を試す
  2. 自分にあったトレード手法を見つける
  3. トレード手法を自分なりにカスタマイズしてさらに勝率を上げる
  4. 常に検証改善をする

という流れになります。

すべてのトレードを「トレードノート」として記録して、効果検証「PDCA」を継続することが重要です。

おすすめのテクニカル分析を利用したトレード手法はこちら

バイナリーオプション無料ツールは、どうやって活用すれば良いの?

まとめ

バイナリーオプションには「無料ツール」と「有料ツール」が存在します。

多くの「有料ツール」は

  • 勝率:90%
  • 1日の取引回数:20回以上
  • 販売価格:1万円~3万円

というような設定になっていますが、冷静に考えれば

本当にこの運用成績が出せるのであれば、月8,000万円を超える計算になってしまうので、そのツールを1万円~3万円で販売する理由は考えにくく、まったく理にかなっていないのです。

「有料ツール」の運用成績は、実現できない眉唾物

と考えるべきです。

バイナリーオプションの「無料ツール」は

あくまでも、自分の頭でテクニカル分析を利用したトレードをすることを「サポート」するものとして提供されています。

  • MT4/MT5(メタトレーダー)
  • Yahoo!ファイナンス「テクニカル分析用多機能チャート」
  • バイナリーオプション業者「ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS」の取引ツール

などがあります。

ある程度の精度をもって、重要なテクニカル分析指標を利用するのであれば

  • MT4/MT5(メタトレーダー)
  • Yahoo!ファイナンス「テクニカル分析用多機能チャート」

の利用をおすすめします。

トレード画面と分析画面の2つを表示させる必要がありますが

  • できるだけ大きなモニターを購入する
  • 二つのモニターをつなげてパソコンの画面を表示させる
  • 分析用の無料ツールはパソコンで見て、トレードはスマホで行う

など工夫をして、無料ツールを最大限に活用しましょう。