バイナリーオプションの両建て手法とやり方。プロが「両建て」で稼ぐための方法を徹底解説

man
「バイナリーオプションの両建てってどんな手法なの?」
「バイナリーオプションで両建てで稼ぐ方法ってあるの?」
「両建て取引をするなら、国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者のどちらを選ぶべきなの?」

FXトレードでは、一般的なトレード手法に「両建て」がありますが、バイナリーオプションではどうなのでしょうか?今回は、バイナリーオプションにおける両建て取引について解説します。

そもそも、「両建て」とは?

そもそも、「両建て」とは?

FXトレードにおける「両建て」とは

「買い」ポジションと「売り」ポジションを同時に持つトレード手法のこと

を言います。

FXトレードで「買い」ポジションと「売り」ポジションを同時に持つ必要性とは?

必要性その1.中長期トレンドと短期トレンドの両方を狙う

為替チャートは、一直線にトレンドが形成されることはほとんどなく、小さい上下動を繰り返しながら、大きな方向にトレンドが形成されるのが一般的です。

必要性その1.中長期トレンドと短期トレンドの両方を狙う 必要性その1.中長期トレンドと短期トレンドの両方を狙う

このときに

  • 中長期トレンド → 「買い」ポジション
  • 短期トレンド → 「売り」ポジション

という形で、逆の方向のポジションを持つ「両建て」が発生するのです。

必要性その2.スワップポイントを狙う

FXトレードでは、ポジションを持っているとその通貨ペアの「利息(スワップポイント)」を受け取ることができます。

この「利息(スワップポイント)」のみを得たい場合に、為替による損益は不必要なのです。片方のポジション^だけを持ってしまうと、利益か、損失が発生してしまいますが、「両建て」で「買い」ポジションと「売り」ポジションを同時に持っておけば、為替損益はずっとないまま、「利息(スワップポイント)」のみが受け取れるのです。

必要性その3.節税で使う

年末の時期に必要以上の利益が出てしまった場合に、税金を納めなければなりません。しかし、FXトレードの損益は、「エグジット」したポジションの損益で決まります。保有ポジションは、課税対象ではないのです。

だとすれば、「買い」ポジションと「売り」ポジションを同時に持っておいて、年末に必要な分、「含み損」が出ているポジションのみを決済し、年明けに「含み益」が出ているポジションを決済をすれば、翌年に利益が持ち越されることになり、税金の繰り延べによる節税が可能になるのです。

バイナリーオプションによる「両建て」とは

「HIGH」と「LOW」のポジションを同時に持つこと

を言います。

しかしながら、バイナリーオプションは基本的に「短期取引」であり、前述したFXトレードのような「両建て」を活用する局面は少ないように感じてしまいます。

今回は、バイナリーオプションによる両建て手法とやり方について解説します。

バイナリーオプションによる両建て手法とやり方

バイナリーオプションによる両建て手法とやり方

その1.国内バイナリーオプション業者で、急激な相場変動時に大きなペイアウトを狙う!

国内バイナリーオプション業者の場合は

現在の為替レートと離れている判定レートは、安く購入できる(ペイアウト額は1,000円固定)

という特徴があります。

例:FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパン

例:FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパン

ペイアウト額:10,000円

  • 現在レート:111.334

一番離れている「HIGH」

  • 購入額:360円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:27.78倍)
  • 判定レート:111.568

一番離れている「LOW」

  • 購入額:480円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:20.83倍)
  • 判定レート:111.148

となっています。

一番離れている「HIGH」と、一番離れている「LOW」を、相場が急変動するだろうタイミングで購入すれば、どちらかが当たるだけでも、20倍を超えるペイアウト倍率になるため、大勝できる

という「両建て」手法になります。

これは国内バイナリーオプション業者でしか利用できませんが

  • 指標発表時
  • 重大な経済ニュース(ブレグジット(Brexit)、米国大統領選挙)

など、確実に大きな為替変動が見込めるタイミングで、一番離れている「HIGH」「LOW」ポジションを持てば、どちらかが当たる可能性が出てくるのです。

ペイアウト倍率が20倍を超えるので、10回に1回でも、予想が当たれば元を取れる計算

となります。

この方法が一番稼ぎやすいバイナリーオプションによる「両建て」手法になるのです。
このバイナリーオプションの「両建て」手法の注意点

現在の為替レートと一番離れている判定レートの予想が当たるのは、すごく稀です。当然、指標発表後などの相場の急変動のタイミングを狙うのですが、そのタイミングも、年に数回あるかないかですから、トレード機会は少なく、メインのバイナリーオプション攻略法にはならないのです。

あくまでも、サブ的な要素の大きいバイナリーオプション攻略法と認識しておく必要があります。

その2.国内バイナリーオプション業者で、レンジ相場で大きなペイアウトを狙う!

国内バイナリーオプション業者の場合は

一回のトレードで、「HIGH」の予想と「LOW」の予想が両方当たる

という可能性もあります。

例:FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパン

例:FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパン

ペイアウト額:10,000円

  • 現在レート:111.334

現在レートで予想が当たる一番近い「HIGH」

  • 購入額:7,420円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:1.34倍)
  • 判定レート:111.288

現在レートで予想が当たる一番近い「LOW」

  • 購入額:6,130円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:1.63倍)
  • 判定レート:111.358

となっています。

この場合

現在レート:111.334をキープして

  • 判定レート:111.288 ~ 111.358

の間に収まれば、両方の予想が当たることになります。

両方予想が当たれば

  • 購入額:13,550円
  • ペイアウト額:20,000円(ペイアウト倍率:1.47倍)

と、1回のトレードで2勝分の利益が得られるのです。

また、両方が外れるということはなく

判定レート:111.288以下になった場合

  • 購入額:13,550円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:1.63倍)

損失:-3,550円

判定レート:111.358以上になった場合

  • 購入額:13,550円
  • ペイアウト額:10,000円(ペイアウト倍率:1.63倍)

損失:-3,550円

損失額を抑えられるメリットがあります。

レンジ相場で、両建てで現在レートで予想が当たる一番近い「HIGH」と「LOW」を予想すれば、レートが動かない場合に、1回のトレードで2勝することができるのです。

また、予想が外れても、どちらかの予想は当たるため、損失を軽減できるメリットがあります。

このバイナリーオプションの「両建て」手法の注意点

前述した大勝を狙うトレードと比較して、近いレートで購入するため、購入額が高額になりやすく、予想が外れたときの損失が大きいことに注意が必要です。

また、このトレード手法は、損失も限定される反面、ペイアウト倍率も低いため、大勝ちできるバイナリーオプション攻略法とは言えないのです。

その3.海外バイナリーオプション業者で中長期トレンドと短期トレンドを分けて行う!

多くの投資家の方が、海外バイナリーオプション業者は「短期取引(30秒、1分)」でトレードする方が多いと思います。

しかしながら、実際問題では

テクニカル分析によって、勝率を安定的に高めるためには

30秒、1分、2分、3分、5分・・・という「短期取引」では、検証時間が短すぎて予想の勝率が安定しないのです。

テクニカル分析を生かしたバイナリーオプションの攻略法を最大限生かすためには

最低でも、1時間後の予想をした方が良い

ということになります。

しかし、

man
「短期で資金が倍になる可能性があるのが、海外バイナリーオプションの醍醐味じゃないの?」

という方もいるので、「両建て」を使って併用することをおすすめします。

  • 1時間~6時間後の判定レートを目安に行う「中期トレード」
  • 5分~15分後の判定レートを目安に行う「短期トレード」

を平行に動かすのです。

当然、別の時間足のチャートを参照することになり、別のシナリオを組み立てるので

  • 「中期トレード」:「HIGH」エントリー
  • 「短期トレード」:「LOW」エントリー

という「両建て」の状態になることもあるのです。

これは、30秒、1分、2分、3分、5分という短いバイナリーオプショントレードばかりやっている方におすすめです。

中期のトレードの方が勝率が高い

ということを体感するためにも、時間軸をずらして、「短期トレード」「中期トレード」を併用することをおすすめします。

このバイナリーオプションの「両建て」手法の注意点

このバイナリーオプション攻略法は、「両建て」手法というよりは、「時間軸を変えてトレードをしてみましょう。」というアドバイスに近いものがあり、その中で、たまたま「両建て」の状態になるということに過ぎないので、「両建て」手法として位置付けるものではないのです。

その4.シナリオを間違えてエントリーをしてしまった場合に、逆のポジションを持つ

man
「バイナリーオプションでシナリオを読み間違えてエントリーしてしまった。」
「バイナリーオプションでエントリーした後にシナリオが崩れてしまった。」

というケースで「損切」する方法としては

「転売」がありますが、場合によっては

「転売」よりも、「反対ポジション」でエントリーした方がコスト安になる

ケースがあります。

例えば、ハイローオーストラリア/HighLowの場合

ポジションをすぐに転売した場合に「転売時」のペイアウト倍率は、0.8492倍となっています。

例えば、ハイローオーストラリア/HighLowの場合

エントリーしているトレードの種類によっても異なりますが、一番一般的な「HIGH/LOW」を利用していた場合

例えば、ハイローオーストラリア/HighLowの場合

ペイアウト倍率:1.90倍

です。

つまり、

  • 「転売」 → 0.8492倍
  • 「両建」 → 0.9000倍(1.9倍のペイアウトだが、1.0倍の購入資金を使うため)

となります。

「転売」よりも、反対ポジションで「両建て」エントリーをした方が、損失は軽微になるのです。

損失を軽減するという形でも、「両建て」が機能するケースがあります。

このバイナリーオプションの「両建て」手法の注意点

一つの問題点は、「転売」スプレッドが狭くて、「ペイアウト倍率」が高い海外バイナリーオプション業者の場合は、素直に「転売」で損切りした方が損失が抑えられるケースがあります。

まt、反対ポジションを持つまでに大きくチャートが動いてしまったら、「反対ポジションも含めて、両方負けてしまう」というケースも起こりうるのです。この場合、損失が拡大するだけになってしまうため、エントリーからある程度時間が過ぎて、為替レートが動いてしまったら、なかなか活用しにくい損切手法となってしまいます。

「両建て」はバイナリーオプションでおすすめの方法ではない!

「両建て」はバイナリーオプションでおすすめの方法ではない!

バイナリーオプショントレードでは、とくに海外バイナリーオプションの場合は

いつでも、何度でも、タイミングは自由でトレードできるため、わざわざ「両建て」をしてトレードをする必要性は高くありません。

一見、国内バイナリーオプション業者の相場の急変動を狙った「両建て」であれば、良いトレード手法かと思ってしまうかもしれませんが、これも「急変動したら当たる」と言った「運」の要素が強く、

テクニカル分析によって、安定してバイナリーオプションの勝率を上げることには寄与してくれないのです。

バイナリーオプションで安定した収益を得るためには

  1. チャートを分析して、シナリオを建てた上で、エントリーする
  2. トレード結果をノートに記録して分析する
  3. 分析から、トレード手法をカスタマイズする
  4. シナリオを建てる

ということを繰り返して

  • バイナリーオプションの勝率を引き上げる

のが一番の近道です。

teacher

FXトレードのように

  • 中長期のトレードをするものではない
  • スワップポイント(利息)が発生するものではない

ため、普通にバイナリーオプションのトレードをする方が良いのです。

まとめ

バイナリーオプションによる「両建て」とは

  • 「HIGH」と「LOW」のポジションを同時に持つこと

を言います。

バイナリーオプションによる「両建て」手法には

  1. その1.国内バイナリーオプション業者で、急激な相場変動時に大きなペイアウトを狙う!
  2. その2.国内バイナリーオプション業者で、レンジ相場で大きなペイアウトを狙う!
  3. その3.海外バイナリーオプション業者で中長期トレンドと短期トレンドを分けて行う!
  4. その4.シナリオを間違えてエントリーをしてしまった場合に、逆のポジションを持つ

というような手法がありますが

teacher

バイナリーオプションで稼ぐための「テクニカル分析を駆使して、安定した勝率を上げる」ということには、つながらないため、おすすめできるものではありません。

バイナリーオプションの「両建て」は、いくつか稼ぐための方法はありますが、普通にテクニカル分析を駆使して、トレードすることの方が重要と考えましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円