【必読】バイナリーオプションで勝てる取引時間(時間帯)と負ける取引時間(時間帯)

woman
「バイナリーオプションでは、いつ取引をすべきですか?」
「バイナリーオプションで、勝ちやすい時間帯を教えてください。」
「バイナリーオプションで、負けやすい時間帯を教えてください。」

バイナリーオプション取引でも、トレードスタイルにもよりますが、勝ちやすい取引時間(時間帯)と負けやすい取引時間(時間帯)が存在します。今回は、バイナリーオプションで勝てる取引時間(時間帯)と負ける取引時間(時間帯)について解説します。

バイナリーオプションでトレードできる取引時間とは?

バイナリーオプションでトレードできる取引時間とは?

そもそも、バイナリーオプションはいつトレードができるものでしょうか?

国内バイナリーオプション業者の場合

月曜日から金曜日の朝7~8時から翌朝5~6時(土曜日)まで

国内バイナリーオプション業者の場合、判定時刻は、2時間置きに設定しなければならないバイナリーオプション規制があるため、1日10回程度の判定時間が設けられています。

例:外為オプション/GMOクリック証券

例:外為オプション/GMOクリック証券

取引時間:午前8:00~翌午前5:00

第1回号:8:00~11:00
第2回号:10:00~13:00
第3回号:12:00~15:00
第4回号:14:00~17:00
第5回号:16:00~19:00
第6回号:18:00~21:00
第7回号:20:00~23:00
第8回号:22:00~翌1:00
第9回号:0:00~翌3:00
第10回号:翌2:00~翌5:00

海外バイナリーオプション業者の場合

月曜日から金曜日の朝7~8時から翌朝5~6時(土曜日)まで

取引通貨、取引方法によって、取引可能時間が変動するケースがある

例:ハイローオーストラリア/HighLow

例:ハイローオーストラリア/HighLow 例:ハイローオーストラリア/HighLow

取引時間全体

  • 月曜日AM7:00~土曜日AM6:00

主要通貨(HighLow / HighLow スプレッド)

  • 15分単位 – 15分毎(AM8:00~翌日AM6:00)
  • 1時間単位 – 1時間毎(AM8:00~翌日6:00)
  • 1日単位 – 1営業日、1回(AM7:00~翌日AM6:00)

主要通貨(Turbo / Turbo スプレッド)

  • 30秒毎(AM8:00~翌日AM5:00)
  • 1分毎(AM8:00~翌日AM5:00)
  • 3分毎(AM8:00~翌日AM5:00)
  • 5分毎(AM8:00~翌日AM5:00)

仮想通貨バイナリーオプションの場合

土日、祝日も場が開いているので、24時間365日トレードが可能になっています。
例:ワールドクリプトバイナリー/world crypto binary
例:ワールドクリプトバイナリー/world crypto binary

バイナリーオプションの取引時間で理解しておくべきこと

バイナリーオプションの取引時間で理解しておくべきこと

為替取引のバイナリーオプションは、24時間世界の各都市の市場を移動する!?

為替取引で行うバイナリーオプションは、メンテナンス時間を除けば、ほぼ24時間取引が可能ですが

teacher
「なぜ、24時間為替取引ができるのでしょうか?」

日本の外国為替取引市場の営業時間は

  • 東京の外国為替取引市場:9時~17時

です。

24時間営業ではないのです。

FXトレードも、バイナリーオプションも、24時間取引ができる理由は

世界主要都市に外国為替取引市場があり、取り扱う外国為替は国が変わっても同じものですから、開催している外国為替取引市場を転々とすることで、世界規模で見れば24時間、FXトレードやバイナリーオプションができることになるのです。
為替取引のバイナリーオプションは、24時間世界の各都市の市場を移動する!?

日付変更線をまたいで

ニュージーランド/ウェリントン市場

豪州/シドニー市場

日本/東京市場

中国/香港市場

シンガポール市場

中東/バーレーン市場

ロシア市場

ドイツ/フランクフルト市場

スイス/チューリッヒ市場

フランス/パリ市場

英国/ロンドン市場

米国/ニューヨーク市場

(次の日)

ニュージーランド/ウェリントン市場

と動いていくことになります。

市場ごとに特徴がある!

市場ごとに市場参加者が変わってきます。

  • 日本/東京市場 → 日本人がトレードする
  • 英国/ロンドン市場→ イギリス人がトレードする
  • 米国/ニューヨーク市場→ アメリカ人がトレードする

というわけではないのですが・・・

取引の多くを占める「機関投資家(ファンド、銀行)」「実需筋(貿易で必要な為替取引)」は、その国の営業時間にトレードすることが多く

  • 日本/東京市場 → 日本人の機関投資家が参加する傾向が高い
  • 英国/ロンドン市場→ 欧州の機関投資家が参加する傾向が高い
  • 米国/ニューヨーク市場→ 米国の機関投資家が参加する傾向が高い

と、市場参加者が変わってくるため、当然「市場の特徴」というものが出てくるのです。

バイナリーオプションで勝てる取引時間(時間帯)と負ける取引時間(時間帯)

バイナリーオプションで勝てる取引時間(時間帯)と負ける取引時間(時間帯)

バイナリーオプションは、トレンド相場の方が勝ちやすい!?

これは、絶対というわけではありませんが・・

バイナリーオプション攻略必勝法

を見ていただいても。わかる通りで

  • 勝率が高い
  • 利益が大きい

トレードは「順張り」が多いのです。

なぜなら、バイナリーオプション(海外バイナリーオプション)の場合には

予想が当たれば約2倍、予想が外れれば0円

という仕組みなので

  • 100.000円 → 100.001円
  • 100.000円 → 101.000円

でも、ペイアウト倍率は変わらないのです。

大きく予想を当てる必要がないのすが、海外バイナリーオプションの特徴なのです。

テクニカル分析には「順張り」「逆張り」という考え方がありますが

順張り(トレンドの方向にエントリーするトレードのこと)

  • メリット:勝率が高い(予想しやすい)
  • デメリット:勝ち幅が小さい(トレンドの途中から参加するため)

逆張り(相場の反転を狙うトレードのこと)

  • メリット:大きな変動幅で予想を当てることができる(相場の始まりを捕まえられるため)
  • デメリット:勝率が低くなる(予想が難しい)
バイナリーオプションは「少しの変動幅でも予想が当たりさえすれば良い」のですから、「順張り」を基本にすべきなのです。

「順張り」は、トレンド相場でこそ機能するため、

  • バイナリーオプションで勝ちやすい取引時間(時間帯) → トレンド相場
  • バイナリーオプションで負けやすい取引時間(時間帯) → レンジ相場

なのです。

「バイナリーオプション勝てる取引時間(時間帯)=トレンド相場が発生する取引時間(時間帯)」とは?

トレンドが発生しやすい時間帯というのは「流動性が高い(市場参加者が多い)」時間帯になります。
  • 米ドル/円
  • ユーロ/米ドル

の時間帯別平均変動率を見ると

「バイナリーオプション勝てる取引時間(時間帯)=トレンド相場が発生する取引時間(時間帯)」とは? 「バイナリーオプション勝てる取引時間(時間帯)=トレンド相場が発生する取引時間(時間帯)」とは?

変動が大きいのは

  • 16時~19時
  • 22時~翌2時

であることがわかります。

この時間帯は

  • ロンドン市場の開始から3時間
  • ニューヨーク市場の開始から4時間(ロンドン市場と営業時間が重なるタイミング)

の時間帯と言えます。

ロンドン市場

ロンドン市場は、ヨーロッパの市場の一つですが、ほぼ「英国/ロンドン市場」の一強という状況です。

  • 対ユーロ
  • 対ポイント

の取引が増えると同時に

  • アジア市場の市場参加者のストップ狩りを狙う取引
  • ヨーロッパの主要経済ニュースに応じた取引

が増える時間帯でもあり、強いトレンド相場が形成される傾向にあります。

ニューヨーク市場

ニューヨーク市場は、最も、流動性が高くなる市場です。

ニューヨーク市場の営業時間と、ロンドン市場の営業時間が重なることもあり、世界中の主要な機関投資家(大口投資家)が参戦する時間でもあるのです。

また、流動性が高い時間帯であることは、世界中の個人投資家も理解しているため、この時間帯に参加する個人投資家も多くなり、必然的に最も流動性の大きい市場となるのです。

トレンドは形成されやすい反面、大口のヘッジファンドなどの仕掛けも発生するため、テクニカル分析で説明できないトレンドが発生するケースもあり、注意も必要な時間帯となっています。

結論

バイナリーオプション取引では

  • トレンドの方向にエントリーする「順張り」トレードが勝ちやすい
  • 流動性が高い時間帯がトレンド相場になりやすい
  • 流動性が高い時間帯は、ロンドン市場とニューヨーク市場が開く「16時~19時」「22時~翌2時」

なのですから

バイナリーオプション取引で勝ちやすい取引時間(時間帯)は

  • 16時~19時
  • 22時~翌2時

と言えるのです。

「バイナリーオプション負ける取引時間(時間帯)=トレンド相場が発生しにくい取引時間(時間帯)」とは?

流動性が低ければ低いほど、チャートは水平に近くなり、突発的な上下動を繰り返します。

流動性が低い取引時間(時間帯) = バイナリーオプション負やすい取引時間(時間帯)

なのです。

同じ

  • 米ドル/円
  • ユーロ/米ドル

の時間帯別平均変動率を見ると

「バイナリーオプション負ける取引時間(時間帯)=トレンド相場が発生しにくい取引時間(時間帯)」とは? 「バイナリーオプション負ける取引時間(時間帯)=トレンド相場が発生しにくい取引時間(時間帯)」とは?

変動が小さいのは

  • 5時~7時
  • 12時~16時

であることがわかります。

この時間帯は

  • オセアニア市場
  • アジア市場

です。

機関投資家(大口投資家)が取引を終える時間帯にオセアニア市場が始まり、アジア市場へと移るので、当然「流動性」は低くなります。

東京市場では、日本人が「米ドル/円」などでトレードすることもあるため、若干持ち直しますが、「対ユーロ」などは変動率が低いまま続いてしまうのです。

結論

バイナリーオプション取引では

  • トレンドの方向にエントリーする「順張り」トレードが勝ちやすい
  • 流動性が低い時間帯がレンジ相場になりやすい
  • 流動性が低い時間帯は、オセアニア市場とアジア市場が開く「5時~7時」「12時~16時」

なのですから

バイナリーオプション取引で負けやすい取引時間(時間帯)は

  • 5時~7時
  • 12時~16時

と言えるのです。

バイナリーオプション取引で負けやすい状況「読みにくい相場になる時間帯」

負けやすい取引時間(時間帯)以外にも、負けいやすい状況というのがあります。

説明した通りで、バイナリーオプション取引は

  • トレンド相場 → 勝ちやすい
  • レンジ相場 → 負けやすい

傾向にあるのですが

読みにくい相場になる時間帯・状況

というものがあります。

読みにくい相場になる時間帯・状況 = テクニカル分析が機能しなくなる

のですから、バイナリーオプションで負けやすい時間帯になってしまうのです。

読みにくい相場になる時間帯1.市場が開く前後30分

  • オセアニア市場 → アジア市場:7時
  • アジア市場 → ヨーロッパ市場:17時
  • ヨーロッパ市場 → ニューヨーク市場:23時
市場が移り変わるタイミング = 大口投資家(ヘッジファンド)の格好の狩りのタイミング

となっています。

個人投資家のロスカット注文を市場の変わり目で狩りに行くヘッジファンドが多いのです。

このようなタイミングでは、テクニカル分析が効きにくくなってしまいます。

読みにくい相場になる時間帯2.指標発表直後

経済指標の主要指標が発表されるときは、テクニカル分析の出番はなく、ファンダメンタルズ分析で対応しなければなりません。

  • 米雇用統計:毎月第一金曜日発表
  • FOMC政策金利発表:年8回開催
  • 日銀金融政策決定会合:年8回開催
  • 欧州中央銀行(ECB)政策金利発表:毎月第1木曜日
  • ADP雇用統計:雇用統計の2日前
  • 米国四半期GDP:毎月下旬
  • CPI – 米国消費者物価指数:毎月13日頃
  • ISM製造業景況指数:毎月第1営業日

これらの発表と、事前の予想との差で、指標発表直後は、大きく為替が変動することが多いのです。

この為替変動は、テクニカル分析では読み取れないものですので、テクニカル分析で勝率を高めるバイナリーオプション取引には不向きなのです。

読みにくい相場になる時間帯3.主要市場の休日

FX取引では、いろいろな国の外国為替市場でトレードができているので

  • 日本:平日
  • ニューヨーク市場:休日

であったとしても、FXトレード自体は可能です。

ただし、主要市場である

  • ニューヨーク市場:休日
  • ロンドン市場:休日

の場合は、市場参加者が大幅に減ってしまい、流動性が大きく下がることになります。

流動性が低くなれば、前述したとおりにレンジ相場になりやすく、バイナリーオプション取引がうまくいかない傾向が強いのです。

海外の取引市場の休みは、下記で検索できます。

読みにくい相場になる時間帯3.主要市場の休日

出典:みんかぶFX

読みにくい相場になる時間帯4.オプションカットの前

オプションカットとは

「通貨オプション」の権利行使の満期のこと

を言います。

通貨オプションとは

あらかじめ定められた期間や期日に、定められた価格で買う権利、または売る権利を売買する取引のこと

を言います。

  • 東京市場:15時 オプションカット
  • ニューヨーク市場:24時 オプションカット

1カ月後にドル/円を1ドル=100円で、100万ドル分買える権利を100万円で買う

買った側

  • 1ドル=100円よりも安ければ権利放棄で手数料分損をする
  • 1ドル=100円よりも高ければ、権利行使後すぐに売ると利益になる

売った側

  • 1ドル=100円よりも安ければ権利放棄なので手数料分得をする
  • 1ドル=100円よりも高ければ、権利行使されると損をする

ため

  • 買った側は、為替レートを権利行使価格よりも引き上げる行動に出る
  • 打った側は、為替レートを権利行使価格よりも引き下げる行動に出る

ので

為替レートは権利行使価格に吸い寄せられるように動く傾向にあるのです。
このオプションカットも、テクニカル分析では予想できない為替変動になるため、バイナリーオプション取引が負けやすいタイミングとなってしまうのです。

バイナリーオプションで勝てる取引時間(時間帯)と負ける取引時間(時間帯)まとめ

バイナリーオプションで勝ちやすい取引時間(時間帯)

冬時間

  • 「16時~19時」
  • 「22時~翌2時」

夏時間(サマータイム)

  • 「17時~20時」
  • 「23時~翌3時」

バイナリーオプションで負けやすい取引時間(時間帯)

冬時間

  • 「5時~7時」
  • 「12時~16時」

夏時間(サマータイム)

  • 「6時~8時」
  • 「13時~17時」

取引を見送るべきタイミング

  • 市場が開く前後30分
  • 主要指標の発表直後
  • 主要市場の休日
  • オプションカットの前

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円