おすすめのバイナリーオプション攻略ツール・バイナリーオプション取引ツールランキング

woman
「バイナリーオプショントレードでおすすめの取引ツールはどれですか?」
「バイナリーオプショントレードでおすすめの攻略ツールはどれですか?」

バイナリーオプションの勝率を上げるためには、「運」での取引ではなく、「分析」によるトレードが必要になります。高度な「分析」をするためには、ツールが必要になるのです。今回は、おすすめのバイナリーオプション攻略ツール・バイナリーオプション取引ツールをランキング形式で紹介します。

バイナリーオプションのツール選びのポイント

バイナリーオプションのツール選びのポイント

取引ツールと攻略ツールの違いを理解する

バイナリーオプションのツールは

  • 取引ツール:注文、履歴の表示、転売などの「取引」をするためのツール
  • 攻略ツール:テクニカル分析、トレーダーセンチメント、チャート予想など「分析」をするためのツール

に分かれます。

また、この取引ツールと攻略ツールは

  • 取引ツールと攻略ツールが一体型:一つのツールで「取引」と「分析」ができる
  • 取引ツールのみ
  • 攻略ツールのみ

に分かれ

  • 一体型であれば、一つのツール、一つの画面で「分析」と「取引」が可能
  • 分離型であれば、それぞれのツールを同時に立ち上げて併用することで「分析」と「取引」が可能

となります。

一体型ツールは、画面が一つで「分析」と「取引」が可能ですので、「分析」から「取引」という流れがスムーズというメリットがある反面、「分析」できる機能が分離型と比較すると劣ってしまうデメリットがあります。

分離型ツールは、「分析」機能が高機能になる反面、二つの画面を見ながら、「分析」と「取引」をしなければならないので、慣れないと「取引」が遅れてしまうなどのデメリットがあります。

取引ツールと攻略ツールのセットで考える

バイナリーオプションというのは、「運」で取引しても絶対に勝てない仕組みになっています。海外バイナリーオプションの単純なハイローの2択の場合、「運」で取引すれば、回数を重ねるごとに必ず勝率は50%に近づいていきます。

ペイアウト倍率は、バイナリーオプション業者の取り分があるので、2.0倍よりも少なく設定されてしまいます。(※スプレッド取引等一部のトレードでは、ペイアウト倍率2.0倍以上もありますが、その分勝ちにくく設定されています。)

つまり、「運」での勝率50%だと、必ず資金は徐々に減っていって、最終的には0円になってしまいます。

これを解決するためには「分析」をすることで、為替レートの推移を予測し、勝率を50%から、55%、60%へ引き上げて行く必要があるのです。

バイナリーオプションでは、勝率は55%でも利益がでるのですから、「分析」をすることで、たった5%勝率を高めれば良いのです。

つまり、

バイナリーオプションでは「分析」は必須条件ですので「取引ルール(取引用)」+「攻略ツール(分析用)」とセットで考える必要があります。どちらか一方では成立しないのです。

有料のツールは不要。無料のツールで十分

バイナリーオプションのツールには

  • 無料ツール
  • 有料ツール

が存在します。

有料ツールには

  • 自動売買ができる
  • 取引のサインが表示される
  • 取引シグナル配信

等がありますが、どれも利用するべきではないと考えます。

teacher
「なぜ、有料ツールがおすすめできないのか?」

有料ツールには

  • 勝率90%
  • 1年で1億稼いだツール

など、過激な広告宣伝文句が書いてあります。

しかし、実際に勝率90%を超えるツールがあるのであれば、販売者は、そのツールで取引すれば良いだけであり、そのツールを2万円~3万円という少額で売却する必要性がないのです。

有料ツールは、この時点で「自己矛盾」を抱えてしまっているツールですので、信頼性に乏しく、利用する価値はほぼないのです。

取引シグナル配信なども、ロジックを自分で理解しないまま、配信されるものに合わせてトレードしていたのでは、いつか必ず負けてしまいます。

有料ツールは、百害あって一利なしです。

ほとんどの高機能ツールは、会員登録すれば、口座開設すれば、「無料」で使えるので、「無料」のツールで十分と考えましょう。

おすすめのバイナリーオプションツール

おすすめのバイナリーオプションツール おすすめのバイナリーオプションツール

1位.取引ツール「各社の取引ツール」+攻略ツール「MT4・MT5(メタトレーダー)」

やはり、もっともおすすめな攻略ツールは、「MT4・MT5(メタトレーダー)」です。

「MT4・MT5(メタトレーダー)」とは
「MT4・MT5(メタトレーダー)」とは
ロシアのソフトウェア開発会社「MetaQuotes Software」が開発したトレードツールのこと

世界中のFXの投資家が最も利用している取引ツールとなっています。

なぜ、「MT4・MT5(メタトレーダー)」が多くの投資家に選ばれているのかというと

  • 無料
  • ソフトが軽く、軽快に動作する
  • 自分でテクニカル分析などに使う「インジケーター」や自動売買に使う「EA(エキスパート・アドバイザー)」を比較的簡単に開発できる
  • 多くの投資家が「インジケーター」「EA」を無料、有料で配布しており、世界で数万を超えるツールが配布されている

つまり、

テクニカル分析をするためのツール(インジケーター)が他のどの取引ツールよりも多く用意されていて、操作が軽く、日本語対応もしている無料ツールなのです。
teacher
テクニカル分析をしてバイナリーオプショントレードをするための必要不可欠なツールと言っていいでしょう。現時点では、これ以上の高機能で選択肢の多い取引ツールはありません。
デメリットとしては、バイナリーオプションの取引はできないため、取引ツールと併用する必要があり、分析から取引の流れで、見落としやタイムラグが発生するなどの問題が出てきます。
「MT4・MT5(メタトレーダー)」とは

2位.取引ツール・攻略ツール一体型「ザオプション/the option」

「ザオプション/the option」は、海外バイナリーオプション業者の中で、もっとも高機能なトレードプラットフォームを用意している業者です。

インストール型のトレードプラットフォーム「theoption PRO」の特徴
インストール型のトレードプラットフォーム「theoption PRO」の特徴
  • 一体型なので「分析」と「取引」が一つのツールでできる
  • 時間足を変更したチャートが見れる
  • 最大4つのチャートを分割表示
  • テクニカル分析も基本的なものは利用できる

選択できる時間足

インストール型のトレードプラットフォーム「theoption PRO」の特徴
  • 10秒
  • 1分
  • 5分
  • 15分
  • 30分
  • 1時間

選択できるインジケーター

インストール型のトレードプラットフォーム「theoption PRO」の特徴
  • ボリンジャーバンド
  • 標準CCI
  • 指数標準移動平均線
  • ハイローバンド
  • MACD
  • モメンタム(CHLC)
  • ROC
  • RSI
  • 移動平均線
  • モメンタム・ストキャスティクス
  • ストキャスティクス
MT4・MT5(メタトレーダー)と比較してしまうと、利用できるインジケーターはかなり限られてしまいますが、「分析」と「取引」が一つのツールでできるというのが大きなメリットとなります。
デメリットは、一目均衡表など、一部のメジャーなテクニカル分析に対応していない点です。
所在地マーシャル諸島
認可法人登記、Finantsinspektsioon(エストニア金融監督庁)
信託保全・分別管理分別管理
最低ペイアウト倍率1.77 倍
最高ペイアウト倍率2.00 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン初回入金ボーナス最大40%
独自ツール高機能トレードプラットフォーム
・10以上のテクニカル分析指標
・複数チャート同時表示
・トレンドラインなどが引ける
インストール型のトレードプラットフォーム「theoption PRO」の特徴

3位.取引ツール「各社の取引ツール」+攻略ツール「プラチナチャート+(プラス)」

プラチナチャート+(プラス)とは
プラチナチャート+(プラス)とは
GMOクリック証券が提供する日本製の無料の攻略ツールのこと

を言います。

FX用のツールですので、バイナリーオプションのトレードはできませんが、高機能かつ日本製のツールとして、重宝されています。

プラチナチャート+(プラス)とは
  • 38種類のテクニカル分析指標を用意
  • 25種類の描画オブジェクトを用意
  • チャートの分割表示が16分割まで対応可
  • 比較チャート機能がある
  • チャート上にもニュース・トピックが表示される
  • ブラウザ型なのでインストール不要でサクサク動く
「MT4・MT5(メタトレーダー)」までとはいきませんが、高機能なツールです。「MT4・MT5(メタトレーダー)」より優れている点は、日本製なので、日本人が利用しやすい点と「MT4・MT5(メタトレーダー)」にはない機能(比較チャートなど)がある点です。

GMOクリック証券の口座を開設すれば無料で利用することができ、海外バイナリーオプション業者の取引ツールと組み合わせてトレードすることも可能です。

デメリットは、通貨ペア、テクニカル分析などが「MT4・MT5(メタトレーダー)」と比較すると少ない点です。
プラチナチャート+(プラス)とは

4位.取引ツール「各社の取引ツール」+攻略ツール「オートチャーティスト」

「オートチャーティスト」とは
「オートチャーティスト」とは
チャートパターンを自動検出して、将来の為替変動を予想してくれるツールのこと

です。

オートチャーティストが優れている理由は

圧倒的な予想精度の高さ

です。

2020-01-06 to 2020-07-03のデータでは

「オートチャーティスト」とは

39,963回の予想回数に対して、予想的中が25,986回
勝率:65%

という結果が出ています。

さらにトレードするチャートパターンを絞れば

「オートチャーティスト」とは

勝率:70%超えのものも少なくありません。

さらに予想精度0.4以上のものでトレードすれば

「オートチャーティスト」とは

勝率:74%を超えます。

完全にこの勝率通りの結果になるわけではありませんが、近い数値でバイナリーオプションの勝率が実現できれば、それだけで利益を出すことも可能になるのです。

精度が高い予想ツールとして、多くの投資家に利用されているのが「オートチャーティスト」です。

「オートチャーティスト」を利用するためには

  • 「オートチャーティスト」が利用できる海外バイナリーオプション業者を選ぶ
  • 「オートチャーティスト」が利用できる海外FX口座を開設する

という2つの方法があります。

「オートチャーティスト」が利用できる海外バイナリーオプション業者を選ぶ
所在地バヌアツ共和国
認可-
信託保全・分別管理-
最低ペイアウト倍率1.60 倍
最高ペイアウト倍率1.84 倍
最低取引額500円
ボーナス/キャンペーン投資額の最大2.0%キャッシュバック
月に3回以上 bitwalletで入金で5000円ボーナス(出金条件なし)
独自ツールテクニカル分析表示
オートチャーティスト利用
トレーダーセンチメント
ビデオチュートリアル
「オートチャーティスト」が利用できる海外FX口座を開設する

AXIORY
HotForex

「オートチャーティスト」が利用できる海外FX口座を開設する

5位.取引ツール「各社の取引ツール」+攻略ツール「未来予想ツール(未来予測ツール)」

未来予想ツール(未来予測ツール)とは
未来予想ツール(未来予測ツール)とは
現在のチャートと類似な形をした過去のチャートを表示し、今後の為替レートの推移を予想できるツールのこと

を言います。

過去の類似チャートを複数表示してくれて、過去はどう推移したのかが明示されるため、初心者でも簡単に為替予想をすることができます。

利用料は口座開設をすれば無料です。複数の国内FX業者が提供しています。

FXのツールですので、バイナリーオプションのトレードはできませんが、バイナリーオプション業者の取引ツールと併用することで、未来予測を利用して分析をしながら、取引をすることが可能です。

デメリットは、オートチャーティストのように全体の予想の勝率などが開示されていないため、どのくらいの精度があるツールなのかが投資家にはわからない点です。
未来予想ツール(未来予測ツール)とは

6位.取引ツール「各社の取引ツール」+攻略ツール「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」

OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)とは
OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)とは
OANDAが保有する注文のデータを可視化してくれるツールのこと

OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)は、「どの価格帯に注文が集中しているのか?」を見ることができるツールです。

為替レートが変動する中で、投資家は「ストップロス注文」「利確注文」を行いますが、どの価格帯に注文が集まっているのか?がわかるため、そこで為替レートが反発する、加速する、ということがわかるのです。
OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)とは OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)とは

全世界で約7万5000社に対して、為替情報を配信する会社の提供する注文データだからこそ、精度が高く、テクニカル分析と組み合わせても、効果がでやすいツールとなっています。掲載されるデータは、FXでの注文データですが、為替の注文ですので、バイナリーオプションの取引にも利用することができます。

ウェブ上で公開されているため、登録も不要で無料で利用することができます。

デメリットは、使い方が慣れるまでに時間がかかるぐらいです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円