バイナリーオプション「転売」なら勝率50%以下でも勝てる!「転売」を活用して勝率の損益分岐点を下げる方法

man
「バイナリーオプションで転売は有効でしょうか?」
「バイナリーオプションで転売を使って稼ぐ有効な方法はありますか?」
「バイナリーオプションで転売を使って稼ぐ具体的な方法を教えてください。」

バイナリーオプションには「転売」という選択肢があります。最近は、海外バイナリーオプション業者でも、ほとんどの業者が「転売」機能を用意しています。では、この「転売」をどうやってバイナリーオプショントレードに生かせば良いのか?「転売」を活用して勝率の損益分岐点を下げる方法について解説します。

バイナリーオプションの転売とは?

バイナリーオプションの転売とは?

バイナリーオプションの転売とは

「転売」とは、「途中売却」「途中決済」「権利放棄」とも呼ばれるもので、権利行使前に購入したオプションを売却・放棄・決済する取引手法のこと

を言います。

一般的にバイナリーオプションのトレードでは

  1. 「判定時刻」を選択する
  2. 「HIGH」「LOW」を選択する
  3. 「購入額」を決定する
  4. エントリーする
  5. 判定時刻まで待つ
  6. 判定時刻で予想が当たってペイアウトか没収

という流れでトレードします。

バイナリーオプションの転売とは
エントリーしてから、判定時刻の間に「権利を放棄する」のが「転売」です。

バイナリーオプションの転売の特徴

転売をすれば「オプションの権利(払い戻し)」もなくなる

転売 = 権利放棄

ですから

「転売」をしたら、判定時刻に「HIGH」「LOW」の予想が当たっていても、「払い戻し」はない

ものです。

転売のペイアウト倍率は、小さい

転売をすると

エントリー価格と転売時の価格の価格差によって、ペイアウト倍率が決まる

ことになります。

転売のペイアウト倍率は、小さい 転売のペイアウト倍率は、小さい

予想が外れている状況だと

エントリー価格と転売時の価格がで近い → ペイアウト倍率は1.0倍に近づく
エントリー価格と転売時の価格が離れている → ペイアウト倍率は0.0倍に近づく

仕組みになっています。

転売は、予想が当たっている状況でも使える

転売は、予想が外れている状況だけで使うものではありません。

予想が当たっている状況だと

エントリー価格と転売時の価格がで近い → ペイアウト倍率は1.0倍を超える
エントリー価格と転売時の価格が離れている → ペイアウト倍率は2.0倍に近づく

仕組みになっています。

バイナリーオプションの「転売」は、損切・利確で使うもの

転売 = 権利放棄

です。

トレードの途中で、当初描いていたシナリオが崩れてしまった場合に「利確」「損切」として利用する形となります。

  • 予想が外れている状況でシナリオが崩れた場合 → 損切
  • 予想が当たっている状態で、今後のシナリオが崩れると予想される場合 → 利確

という使い方です。

ほとんどの投資家は

転売 = 損切

として、バイナリーオプショントレードをしているはずです。

予想が当たっている状態であれば、あえて「利確」する人は少なく、判定時刻まで待って、正規のペイアウト倍率を狙う方がほとんどと言えます。

「転売」をした場合には、ペイアウト倍率は、正規のものよりも下がってしまう(スプレッドが発生する)ため、注意が必要なのです。

バイナリーオプションの転売を利用すれば、勝率の損益分岐点が下がる!?

まず大前提として

バイナリーオプションで稼ぐためは

テクニカル分析でチャート推移を予想して、勝率を55%以上に引き上げること

が重要です。

ハイローオーストラリアのペイアウト倍率:1.88倍での勝率と損益の関係

1回の購入額ペイアウト倍率勝率10回20回30回40回50回100回
1,000円188%50%-600円-1,200円-1,800円-2,400円-3,000円-6,000円
2,000円188%50%-1,200円-2,400円-3,600円-4,800円-6,000円-12,000円
3,000円188%50%-1,800円-3,600円-5,400円-7,200円-9,000円-18,000円
4,000円188%50%-2,400円-4,800円-7,200円-9,600円-12,000円-24,000円
5,000円188%50%-3,000円-6,000円-9,000円-12,000円-15,000円-30,000円
10,000円188%50%-6,000円-12,000円-18,000円-24,000円-30,000円-60,000円
1,000円188%55%340円680円1,020円1,360円1,700円3,400円
2,000円188%55%680円1,360円2,040円2,720円3,400円6,800円
3,000円188%55%1,020円2,040円3,060円4,080円5,100円10,200円
4,000円188%55%1,360円2,720円4,080円5,440円6,800円13,600円
5,000円188%55%1,700円3,400円5,100円6,800円8,500円17,000円
10,000円188%55%3,400円6,800円10,200円13,600円17,000円34,000円
1,000円188%60%1,280円2,560円3,840円5,120円6,400円12,800円
2,000円188%60%2,560円5,120円7,680円10,240円12,800円25,600円
3,000円188%60%3,840円7,680円11,520円15,360円19,200円38,400円
4,000円188%60%5,120円10,240円15,360円20,480円25,600円51,200円
5,000円188%60%6,400円12,800円19,200円25,600円32,000円64,000円
10,000円188%60%12,800円25,600円38,400円51,200円64,000円128,000円
1,000円188%65%2,220円4,440円6,660円8,880円11,100円22,200円
2,000円188%65%4,440円8,880円13,320円17,760円22,200円44,400円
3,000円188%65%6,660円13,320円19,980円26,640円33,300円66,600円
4,000円188%65%8,880円17,760円26,640円35,520円44,400円88,800円
5,000円188%65%11,100円22,200円33,300円44,400円55,500円111,000円
10,000円188%65%22,200円44,400円66,600円88,800円111,000円222,000円
1,000円188%70%3,160円6,320円9,480円12,640円15,800円31,600円
2,000円188%70%6,320円12,640円18,960円25,280円31,600円63,200円
3,000円188%70%9,480円18,960円28,440円37,920円47,400円94,800円
4,000円188%70%12,640円25,280円37,920円50,560円63,200円126,400円
5,000円188%70%15,800円31,600円47,400円63,200円79,000円158,000円
10,000円188%70%31,600円63,200円94,800円126,400円158,000円316,000円

勝率55%以上であれば、利益が出るので

損益分岐点 = 勝率55%以上

となります。

もし、仮に転売で損失を50%に抑えられたと仮定した場合

トレードの途中で

man
「想定していたバイナリーオプション攻略必勝法(テクニカル分析)が機能していない。」

と判断して、「転売」でトレードを中断した場合には、その時点でのペイアウト倍率で払い戻しされます。

仮に「転売時」のペイアウト倍率が0.5倍だったと仮定すると

「転売時」のペイアウト倍率が0.5倍で、ハイローオーストラリアのペイアウト倍率:1.88倍での勝率と損益の関係

1回の購入額ペイアウト倍率勝率10回20回30回40回50回100回
1,000円188%30%-860円-1,720円-2,580円-3,440円-4,300円-8,600円
2,000円188%30%-1,720円-3,440円-5,160円-6,880円-8,600円-17,200円
3,000円188%30%-2,580円-5,160円-7,740円-10,320円-12,900円-25,800円
4,000円188%30%-3,440円-6,880円-10,320円-13,760円-17,200円-34,400円
5,000円188%30%-4,300円-8,600円-12,900円-17,200円-21,500円-43,000円
10,000円188%30%-8,600円-17,200円-25,800円-34,400円-43,000円-86,000円
1,000円188%35%-170円-340円-510円-680円-850円-1,700円
2,000円188%35%-340円-680円-1,020円-1,360円-1,700円-3,400円
3,000円188%35%-510円-1,020円-1,530円-2,040円-2,550円-5,100円
4,000円188%35%-680円-1,360円-2,040円-2,720円-3,400円-6,800円
5,000円188%35%-850円-1,700円-2,550円-3,400円-4,250円-8,500円
10,000円188%35%-1,700円-3,400円-5,100円-6,800円-8,500円-17,000円
1,000円188%40%520円1,040円1,560円2,080円2,600円5,200円
2,000円188%40%1,040円2,080円3,120円4,160円5,200円10,400円
3,000円188%40%1,560円3,120円4,680円6,240円7,800円15,600円
4,000円188%40%2,080円4,160円6,240円8,320円10,400円20,800円
5,000円188%40%2,600円5,200円7,800円10,400円13,000円26,000円
10,000円188%40%5,200円10,400円15,600円20,800円26,000円52,000円
1,000円188%45%1,210円2,420円3,630円4,840円6,050円12,100円
2,000円188%45%2,420円4,840円7,260円9,680円12,100円24,200円
3,000円188%45%3,630円7,260円10,890円14,520円18,150円36,300円
4,000円188%45%4,840円9,680円14,520円19,360円24,200円48,400円
5,000円188%45%6,050円12,100円18,150円24,200円30,250円60,500円
10,000円188%45%12,100円24,200円36,300円48,400円60,500円121,000円
1,000円188%50%1,900円3,800円5,700円7,600円9,500円19,000円
2,000円188%50%3,800円7,600円11,400円15,200円19,000円38,000円
3,000円188%50%5,700円11,400円17,100円22,800円28,500円57,000円
4,000円188%50%7,600円15,200円22,800円30,400円38,000円76,000円
5,000円188%50%9,500円19,000円28,500円38,000円47,500円95,000円
10,000円188%50%19,000円38,000円57,000円76,000円95,000円190,000円

勝率40%以上であれば、利益が出るので

損益分岐点 = 勝率40%以上

となります。

つまり、

「転売」を駆使すれば、損益分岐点は勝率55%から勝率40%に下がる

ということを意味します。

海外バイナリーオプションであれば、「HIGH」か「LOW」かのシンプルな2択ですから、運でトレードしても、勝率は50%です。

「転売」をして、運でトレードする勝率50%よりも低い、勝率40%を超えれば、利益を出すことができる

ということを意味しているのです。

注意「転売」の判断は簡単ではない!

前述の勝率40%まで損益分岐点が下がるというのは

「転売」を使って、ペイアウト倍率が0.5倍のときに「損切」できた場合

という仮定です。

teacher
簡単なようで、これが実は簡単ではないので注意が必要です。

ペイアウト倍率が0.5倍というのは、下記のようなケースです。

注意「転売」の判断は簡単ではない!
  • 108.903で「HIGH」15分エントリー
  • 108.897で「転売」した場合 → ペイアウト倍率 0.5961

ですから、

「エントリー価格」と「転売時価格」の差 = 0.6pips

しか離れていないのです。

つまり、この時点で

staff
「自分のバイナリーオプション攻略必勝法(テクニカル分析)のシナリオが完全に崩れた。」

と判断できなければならないのです。

teacher
これは、難しい判断です。もし、万が一ここから盛り返して最終的に勝っていたトレードを転売で損切りしてしまったら、当然、勝率は「運」でトレードする50%よりも、下がってしまうからです。

バイナリーオプションの転売の具体的なトレード方法

バイナリーオプションの転売の具体的なトレード方法

手順その1.1時間の判定時刻でエントリーする

海外バイナリーオプションでは

  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分
  • 15分
  • 30分
  • 1時間
  • 4時間
  • 12時間

というような判定時刻がありますが・・・

手順その1.1時間の判定時刻でエントリーする

短すぎる判定時刻のトレードだと

  • テクニカル分析のシナリオが機能したかどうかの判断がつかない
  • ペイアウト倍率が0.5倍の損切ポイントが近すぎる

というデメリットがあります。

「転売」を前提として、バイナリーオプショントレードをする場合は、1時間以上の判定時刻でトレードする必要がある

ということになります。

teacher
と言っても、4時間、12時間というのは長すぎるので、おすすめは1時間の判定時刻でのトレードになります。

手順その2.テクニカル分析の損切ラインをあらかじめ決めておく

使用するテクニカル分析によって異なりますが・・・

こうなったら、テクニカル分析は機能しない可能性が高い

という

「損切」ポイントをペイアウト倍率が0.5倍の地点で、あらかじめ設定してからエントリーする

という方法が賢い方法です。

トレード中に意識して「損切」をするというのは、簡単なことではないので、はじめから

エントリー○分後以降に、△円以上(以下)になっていなかったら、損切する

と決めてからエントリーすれば良いのです。

これであれば、迷わずに損切時のペイアウト倍率も0.5倍以上に設定したまま、トレードができるはずです。

同じバイナリーオプション業者、同じ判定時刻の期間、同じ通貨ペアであれば、どのくらいエントリー価格から、現在価格が離れたらペイアウト倍率が0.5倍になるかは、「損切」画面を見ていれば一回でわかります。

手順その3.決めたタイミングで確実に「転売(損切)」する

決めたルールに則って、確実に「転売(損切)」しましょう。

「転売」に向いているバイナリーオプション攻略必勝法(テクニカル分析)とは?

  • トレンド方向への順張りのテクニカル分析
  • 移動平均線を利用したテクニカル分析
  • 水平線を利用したテクニカル分析

がおすすめです。

  • 順張りであれば、逆方向へ動いたときに「損切」を発動しやすい
  • 移動平均線がガイドラインになるため、移動平均線から外れたときに「損切」を発動しやすい
  • 水平線がガイドラインになるため、水平線から外れたときに「損切」を発動しやすい

ため、「転売」に向いているのは上記のテクニカル分析です。

例えば

他のバイナリーオプション攻略必勝法はこちら

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円