バイナリーオプション攻略必勝法「水平線のみシンプルトレード」/勝率72.7%

concierge
バイナリーオプションは、丁半博打やトランプのHIGH&LOWに例えられることも多いので「運」をベースにトレードをしてしまう方もいます。しかし、大数の法則があるので「運」だけでトレードしてしまうと回数を重ねれば重ねるほど勝率は50%に収斂してしまい、ペイアウト倍率の分だけ損をする計算になってしまいます。

バイナリーオプションはテクニカル分析のノウハウを持って、勝率を55%、60%と引き上げることで安定した利益を出すべきものなのです。バイナリーオプション攻略必勝法では、バイナリーオプションに適用できるテクニカル分析手法を解説します。

目次

前提の準備

トレードの考え方

「HighLow」「Turbo」はトレードスタイルによって使い分ける

concierge

ハイローオーストラリア/HighLowでは

  1. 「HighLow」 → 判定時刻が決まっている(15分/1時間/1日)
  2. 「Turbo」 → 判定時刻が購入時点から○分という形で決まる(30秒/1分/3分/5分)

となるため、

  1. 「HighLow」 → MT4「5分足」で攻略法を活用して「1時間」ごとに設定された判定時間での値動きを予想
  2. 「Turbo」 → MT4「1分足」で攻略法を活用して、その時点から「5分」後の判定時間の値動きを予想

という利用方法となります。

基本的にどの時間足でトレード攻略法を利用しても、通用します。ただし、時間足が長い方が精度が高いので注意が必要です。
「HighLow」を利用するメリットデメリット

MT4の時間足を5分足で1時間後を予想するため、ローソク足12本分先を予想するので精度が上がるが、テクニカル分析の狙ったタイミングと判定時刻が重ならない可能性も高い。また、ペイアウト倍率は「Turbo」よりも小さい。

「Turbo」を利用するメリットデメリット

ペイアウト倍率が高く、テクニカル分析の狙ったタイミングで「購入」できる反面、MT4の時間足を1分足にして、ローソク足5本分先を予想する必要があるため、予想の精度が落ちる。

バイナリーオプション攻略必勝法「水平線のみシンプルトレード」の解説

今回のバイナリーオプション攻略必勝法は

テクニカル分析手法の「水平線」のみを使ったトレードとなっています。

バイナリーオプションを主戦場にしている投資家の方にとっては、複雑なテクニカル分析を使いこなすよりも、テクニカル分析の王道である「水平線」のみを使ったトレードは、だいぶ簡単ですし理解しやすいはずです。

しかも、今回のトレード手法は「確実性」を追求しているため「勝率が高いこと」が儲けることの絶対条件であるバイナリーオプションとはかなり相性の良いトレード手法となっています。

水平線とは?

チャート上に引かれた水平のラインのこと

を言います。

水平線の引き方は、投資家が採用しているトレードスタイルによって変ってきますが・・・

一般的には

  • 「高値(上値)」
  • 「安値(下値)」

を2点で結んで水平のラインが引けるところに「水平線」を引くことになります。

何もないチャート

何もないチャート

水平線を引く方法

MT4のメニューウィンドウの「-」をクリックして、引きたいチャートの場所で再度クリックするだけです。

水平線を引く方法

水平線を引いたチャート

水平線を引いたチャート

水平線のテクニカル分析の使い方

パータンその1.水平線は「上値抵抗線(レジスタンスライン)」「下値支持線(サポートライン)」として作用する

水平線を2点以上の

  • 「高値(上値)」
  • 「安値(下値)」

で結んで引くと

  • 「高値(上値)」で引いた水平線 → 「上値抵抗線(レジスタンスライン)」
  • 「安値(下値)」で引いた水平線 → 「下値支持線(サポートライン)」

として機能します。

水平線でトレンドが反発する

ということです。

man
なぜ、水平線でトレンドが反発するの?
最大の理由が為替取引(FXやバイナリーオプション)を利用している投資家は「高値(上値)」「安値(下値)」を強く意識しているから

です。

上昇トレンドが発生していたときに多くの投資家が考えるのは

man
「直近の高値ぐらいまでは行きそうだな。」
「買いポジションを持っていれば、直近の高値で利確しよう。」
「直近の高値近辺に行ったら、売りポジションを作ろう。」
「売りポジションを持っているが直近の高値を超えたら損切しよう。」
・・・

というものです。

直近の高値近辺で「売り」注文が増加するのです。

「買い」注文が多いから、上昇トレンドが発生するのですが、直近の高値近辺で「売り」注文が増加するので、トレンドが反転する

ということになります。

下降トレンドが発生していたときに多くの投資家が考えるのは

man
「直近の安値ぐらいまでは行きそうだな。」
「売りポジションを持っていれば、直近の安値で利確しよう。」
「直近の安値値近辺に行ったら、買いポジションを作ろう。」
「買いポジションを持っているが直近の安値を超えたら損切しよう。」
・・・

というものです。

直近の安値近辺で「買い」注文が増加するのです。

「売り」注文が多いから、下降トレンドが発生するのですが、直近の安値近辺で「買い」注文が増加するので、トレンドが反転する

ということになります。

パータンその2.水平線をブレイクするとトレンドが加速する

基本的に多くの投資家がパータンその1.の「水平線での反転」を考えています。

しかし、トレンドが強い場合には、水平線を抜けてしまうことがあります。

こうなると投資家の考え方も、急転します。

man
「あれっ、水平線を抜けてしまったよ。これは強いトレンドが発生しているな。」
「強いトレンドが発生するなら、順張りで乗っかろう。」

という人が増えるため

水平線でトレンドが反転するどころか、トレンドが加速してしまうのです。

「水平線のテクニカル分析の使い方」には

  1. パータンその1.水平線は「上値抵抗線(レジスタンスライン)」「下値支持線(サポートライン)」として作用する
  2. パータンその2.水平線をブレイクするとトレンドが加速する

と大きく分けて2種類の方法があるのですが

今回の「水平線のみシンプルトレード」では

パータンその2.水平線をブレイクするとトレンドが加速する

を狙ってトレードをする手法です。

とくに

水平線をブレイクした後は一旦「押し目」を作ってトレンドが加速するケース

が多くなります。

パータンその2.水平線をブレイクするとトレンドが加速する
  1. 水平線ブレイク
  2. 一旦水平線に戻る動きをしてから
  3. 水平線と離れる方向にトレンドが加速し続ける

です。

理由は

水平線をブレイクしたときに水平線よりもちょっと先にストップロス注文を入れていた方の注文が刈られてしまうから

と考えられています。

今回の「水平線のみシンプルトレード」のイメージ

今回の「水平線のみシンプルトレード」のイメージ

バイナリーオプション攻略必勝法「水平線のみシンプルトレード」の手順

手順その1.「水平線を引きまくる」

水平線を使ったテクニカル分析手法の大きな問題点は

  • 水平線は「高値」と「安値」の2点になるので線が2本しか引けずトレード機会が全然ない。

という点です。

FXであれば、トレード機会が少なくても、大きな問題にはなりませんが、バイナリーオプションで儲ける場合にはある程度のトレード機会がないと厳しいのです。

そこで「水平線を大量に引く」ことで、この問題点を解決します。

水平線の数を大量に引く手順

1.1日足6~8か月分のチャートを表示し、水平線を引く

1日足でMT4に表示されるのは、だいたい6か月~8か月分のチャートです。

ここで

「高値」
「安値」
「押し目」
「戻り」
・・・

など、気になるポイントに水平線をどんどん引いていきます。1点でも構いません。

1日足の水平線なしの状態

1.1日足6~8か月分のチャートを表示し、水平線を引く

1日足で主要ポイントで水平線を引いた状態

1.1日足6~8か月分のチャートを表示し、水平線を引く
さらにチャートを過去にさかのぼって、有効性が高い(過去の「高値」「安値」「押し目」「戻り」と重なっている)と判断できた水平線を「太い線」に切り替えます。

1日足で主要ポイントで水平線を太線にした状態

1.1日足6~8か月分のチャートを表示し、水平線を引く
2.4時間足で2~3か月分のチャートを表示し、水平線を引く

4時間足でMT4に表示されるのは、だいたい2か月~3か月分のチャートです。

後は同じことをします。

4時間足で主要ポイントで水平線を引いた状態

2.4時間足で2~3か月分のチャートを表示し、水平線を引く

4時間足で主要ポイントで水平線を太線にした状態

2.4時間足で2~3か月分のチャートを表示し、水平線を引く
3.1時間足で2~3週間分のチャートを表示し、水平線を引く

1時間足でMT4に表示されるのは、だいたい2週間~3週間分のチャートです。

後は同じことをします。

1時間足で主要ポイントで水平線を引いた状態

3.1時間足で2~3週間分のチャートを表示し、水平線を引く

1時間足で主要ポイントで水平線を太線にした状態

3.1時間足で2~3週間分のチャートを表示し、水平線を引く
teacher
この作業が終われば、チャート上に20本~30本の水平線が引かれていることになるため、バイナリーオプションで稼ぐためにも十分なトレード機会が稼げるようになるのです。
3.1時間足で2~3週間分のチャートを表示し、水平線を引く

手順その2.「ラインブレイクを確認する」

水平線が大量にあるので、ある程度すぐにラインブレイクが確認できるはずです。

手順その3.「押し目を確認してからエントリー」

手順その3.「押し目を確認してからエントリー」

ラインブレイクをしてすぐにエントリーするのではなく

上昇トレンドの場合

「上値抵抗線(レジスタンスライン)」をブレイクをして「押し目」を形成して、再び上昇するときにエントリーします。

下降トレンドの場合

「下値支持線(サポートライン)」をブレイクして「戻り」を形成して、再び下降するときにエントリーします。

上昇トレンド

  1. レジスタンスラインをブレイク
  2. 「押し目」の発生
  3. 「HIGH」エントリー

下降トレンド

  1. サポートラインをブレイク
  2. 「戻り」の発生
  3. 「LOW」エントリー

バイナリーオプション攻略必勝法「水平線のみシンプルトレード」の注意点

水平線の引き方に注意

今回のトレード手法では

水平線を大量に引く

のがポイントです。

しかし、1pipsの間隔で何本も引いても、わけがわからなくなってしまいます。

teacher

1pips~5pipsの間隔で「高値」「安値」「押し目」「戻り」の主要ポイントがある場合は同じものとして「ラインを引く」「太線にする」ということを心がけましょう。

「太線」の水平線は、過去の主要ポイントと重なった水平線ですから、信頼性が高い線と考えます。

通貨ペアは「米ドル/円」がおすすめ

水平線が機能しやすいのは「米ドル/円」です。

理由は

欧米のファンドのような大口投資家が暴れることが少なく、個人投資家が多い日本円の市場は、水平線などのテクニカル分析手法に素直に反応することが多いからです。

バイナリーオプション攻略必勝法「水平線のみシンプルトレード」の検証テスト

MT4/チャート/テクニカル分析の設定

  • 水平線:1日足、4時間足、1時間足で「高値」「安値」「押し目」「戻り」の主要ポイントに引く(重なるポイントは「太線」にする)
  • 30分足
  • 米ドル/円

トレードルール

  • 上昇トレンド:レジスタンスラインをブレイク → 「押し目」の発生 → 「HIGH」エントリー
  • 下降トレンド:サポートラインをブレイク → 「戻り」の発生 → 「LOW」エントリー

検証期間

2017年12月18日~2017年12月22日

2017年12月18日~2017年12月19日

2017年12月18日~2017年12月19日

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

2017年12月20日~2017年12月21日

2017年12月20日~2017年12月21日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

2017年12月21日~2017年12月22日

2017年12月21日~2017年12月22日

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

検証結果

トレード回数:11回
勝敗:8勝3敗
勝率:72.7%
損益:+20,600円
1回のトレード損益:+1,873円

手法回数エントリー方向勝敗購入額ペイアウト倍率損益
水平線のみシンプルトレード1回目LOW5,000円189%+4,450円
水平線のみシンプルトレード2回目LOW5,000円189%+4,450円
水平線のみシンプルトレード3回目HIGH5,000円189%-5,000円
水平線のみシンプルトレード4回目HIGH5,000円189%+4,450円
水平線のみシンプルトレード5回目HIGH5,000円189%+4,450円
水平線のみシンプルトレード6回目HIGH5,000円189%-5,000円
水平線のみシンプルトレード7回目HIGH5,000円189%+4,450円
水平線のみシンプルトレード8回目HIGH5,000円189%+4,450円
水平線のみシンプルトレード9回目HIGH5,000円189%+4,450円
水平線のみシンプルトレード10回目LOW5,000円189%+4,450円
水平線のみシンプルトレード11回目HIGH5,000円189%-5,000円

バイナリーオプション攻略必勝法「水平線のみシンプルトレード」の検証レポート

考察

勝率72.7%は十分に高い勝率と言っていいでしょう。欲を言えば、もう少しトレード回数が多ければと損益も大きくなるのですが、1日2回~3回のトレード機会に留まっています。

この攻略必勝法のメリット

高い勝率

バイナリーオプションは勝率が高ければ高いほど、儲けがでるので、少ない検証回数とは言え、勝率72.7%は十分な結果と言えます。

シンプルなテクニカル分析手法

FXをやりこんでいる投資家と比較するとバイナリーオプションで稼ぐ投資家は、それほど複雑なテクニカル分析手法を使いこなせるわけではありません。

今回の「水平線」というテクニカル分析手法は、トレードの基本中の基本ですので、誰でも理解しやすいものという特徴があります。しかも、「なぜ、そう判断するのか?」の仕組みもわかりやすので、「自分で仕組みに納得してからトレードをしたい。」という方にもおすすめのトレード手法になっています。

この攻略必勝法のデメリット

個人差がでてしまう

水平線の引き方には個人差がでてしまう

「高値」「安値」「押し目」「戻り」で水平線を引くのですが、ここに個人差がでてしまうのです。

また、エントリーのタイミングも

  • 押し目を形成して、再びトレンド方向に動いたとき

ですので、ここでもエントリータイミングには個人差が出てしまうのです。

同じ方法で、同じ期間トレードをしても、勝率に差がでてしまうでしょう。

この攻略必勝法の活用法

水平線の引き方、押し目の形成からのエントリータイミングを自分なりにアレンジする

「水平線のみシンプルトレード」は

  • 水平線の引き方
  • 押し目の形成からのエントリータイミング

に個人差が出てしまうトレード手法です。

逆に言えば、ここには自己流にアレンジする余地があるとも言えます。

teacher

いろいろなパターンを検証しながら

一番勝率の高い

  • 水平線の引き方
  • 押し目の形成からのエントリータイミング

を見出して、自己流のトレード手法にアレンジしましょう。

まとめ

バイナリーオプション攻略必勝法「水平線のみシンプルトレード」とは

  • 水平線をブレイクした後に「押し目(戻り)」を形成して、トレンドが伸びる時に乗っかる順張りトレード

です。

ただし、単純に同じ時間足で水平線を「高値」「安値」で引いただけでは2本しか引けず、トレード機会が極端に少なくなってしまいます。

その問題を解決すべき、トレードする時間足よりも長い時間足で、水平線を重ねて引くことで、トレード機会を増やし、問題点を解決しています。

teacher
勝率が高く、利用しているのがシンプルな水平線のみという点で、バイナリーオプションとも相性の良いトレード手法になっています。仕組みもわかりやすのでバイナリーオプション初心者の方にもおすすめできるトレード手法となっています。