バイナリーオプションの勝率を上げられるツール「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」と活用したバイナリーオプション戦略とは?

man
「バイナリーオプションで勝率を上げるツールはないの?」
「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)って何?」
「バイナリーオプションでOANDAオーダーブックってどうやって使うの?」

バイナリーオプションでは、稼ぐためにいろいろなツールを使って、勝率を上げる試みをしているかと思いますが、今回は勝率を上げられるツールとして、「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」を紹介します。

「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」とは?

「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」とは?

「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」とは

世界中に分布するOANDAグループの顧客の取引状況をグラフ化して公開してくれるツールのこと

を言います。

OANDAグループとは

カナダのトロントに本部を置く為替情報配信サービスの会社で、1996年に設立され、全世界で約7万5000社に対して、為替情報を配信しています。200以上の通貨ペアの過去30年間の為替レートをAPI等で提供するサービスです。

OANDAグループは、FXサービスも提供しており、全世界の顧客の取引状況(注文状況)をグラフ化して、表示してくれるのが「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」なのです。

「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」の見方

「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」の見方

OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)はこちら

OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)を使うためには、口座開設は必要ありませんが

更新頻度に差があります。

BASIC

更新頻度30分に1回
30分遅れ

  • 必要条件なし
STANDARD

更新頻度20分に1回
遅延なし

  • 本番口座の開設
PREMIUM

更新頻度5分に1回
遅延なし

  • 本番口座の開設
  • 一定条件クリア(毎月USD50万以上の取引)

見ることだけであれば下記URLにアクセスすれば良いのですが・・・

実際にバイナリーオプションで活用しようとすれば、少なくとも「遅延なし」の「STANDARD」である必要があるため、口座開設しましょう。

口座開設自体は、無料でできるのと、実際に入金やトレードをする必要はありません。

OANDA口座開設はこちら

OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)の見方

オープンポジション

オープンポジションとは
OANDAグループの顧客の保有中のポジションを表示したグラフのこと

を言います。

オープンポジションとは

グラフは、4分割されており

  • 左側:「売り」ポジション
  • 右側:「買い」ポジション

ですので

オープンポジションとは
  • 右上:「買い」ポジションで現在レートよりも上の価格で購入 → 含み損のある「買い」ポジション
  • 右下:「買い」ポジションで現在レートよりも下の価格で購入 → 含み益のある「買い」ポジション
  • 左上:「売り」ポジションで現在レートよりも上の価格で購入 → 含み益のある「売り」ポジション
  • 左下:「売り」ポジションで現在レートよりも下の価格で購入 → 含み損のある「売り」ポジション

を示しているのです。

オープンオーダー

オープンオーダーでとは
保有しているポジションで、決済されていない注文の状況を表示したグラフのこと

を言います。

オープンオーダーでとは

グラフは、4分割されており

  • 左側:「売り」注文
  • 右側:「買い」注文

ですので

オープンオーダーでとは
  • 右上:「買い」逆指値 → 含み損があるので「損切」するための注文
  • 右下:「買い」指値  → 含み益があるので「利確」するための注文
  • 左上:「売り」逆指値 → 含み損があるので「損切」するための注文
  • 左下:「売り」指値  → 含み益があるので「利確」するための注文

を意味します。

通貨ペア

通貨ペア
  • XAG/USD
  • XAU/USD
  • USD/JPY
  • EUR/USD
  • EUR/JPY
  • GBP/JPY
  • AUD/JPY
  • GBP/USD
  • AUD/USD
  • EUR/AUD
  • EUR/CHF
  • EUR/GBP
  • GBP/CHF
  • NZD/USD
  • USD/CAD
  • USD/CHF

非累積・純額

非累積・純額
  • 非累積:「オーダーすべて」を表示してくれている状態
  • 純額:「指値 - 逆指値」を表示してくれている状態

バイナリーオプション攻略で「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」をどう使えば良いのか?

オープンポジションで投資家の状況を把握する

2020年1月14日:5時40分

米ドル/円:オープンポジション
米ドル/円:オープンポジション
  • 左下が多く
  • 次に右下が多く
  • 現在レートよりも上部はほとんどない

ということは

  • 含み損のある「売り」ポジションが多い
  • 次に含み益のある「買い」ポジションが多い
  • 価格が上昇している

ということを意味します。

実際にMT4で1時間足を見てみると、上昇トレンドにあります。

米ドル/円:オープンポジション

含み損のある「売り」ポジションを持つ投資家は

  • 「損切」したい → 「買い」逆指値

含み益のある「買い」ポジションを持つ投資家は

  • 「利確」したい → 「売り」指値

という行動をとるはずです。

オープンオーダーで注文の状況を把握する

実際にチャート上では

オープンオーダーで注文の状況を把握する オープンオーダーで注文の状況を把握する オープンオーダーで注文の状況を把握する
  • 110円の「買い」逆指値:2.05%
  • 110円の「売り」指値:1.21%

と、「買い」注文が優勢なのです。

つまり、この状況で上昇トレンドが進んで現在レート109.927円から、110円になったときは

  • 110円の「買い」逆指値:2.05% → 注文決済
  • 110円の「売り」指値:1.21% → 注文決済

されることになります。

割合を見ると、「買い」注文が優勢ですので

損切の「買い」注文によって、上昇トレンドはさらに伸びる

と予測することができるのです。

バイナリーオプションで狙うのは

110円になったときに「HIGH」でエントリーすれば、勝てる可能性が高い

という結論になります。

このような考え方で、バイナリーオプションで「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」を活用するのです。

活用法まとめ

投資家の状況を探る

  • 右上:「買い」ポジションで現在レートよりも上の価格で購入 → 含み損のある「買い」ポジション
  • 右下:「買い」ポジションで現在レートよりも下の価格で購入 → 含み益のある「買い」ポジション
  • 左上:「売り」ポジションで現在レートよりも上の価格で購入 → 含み益のある「売り」ポジション
  • 左下:「売り」ポジションで現在レートよりも下の価格で購入 → 含み損のある「売り」ポジション

どの状況の投資家が多いのか?を把握する

ポイントとしては

含み損を抱えている投資家

→ ストレスを抱えていて、耐えきれずに「損切」することが多い
→ 「損切」して離脱する人が増えてくると、さらに不安が増し、トレンドが伸びる
→ 「損切」して、含み損を抱えている投資家がいなくなると、トレンドが反転する

含み益を抱えている投資家

→ 「利益」が出ているので余裕がある
→ テクニカル分析に応じて、計画的に「利確」注文を入れるため、バラけやすい

という特徴があります。

注文の状況を探る

  • 右上:「買い」逆指値 → 含み損があるので「損切」するための注文 → 注文が多いところでトレンドがさらに上昇する
  • 右下:「買い」指値  → 含み益があるので「利確」するための注文 → 注文が多いところで下降トレンドから上昇トレンドに反転する
  • 左上:「売り」逆指値 → 含み損があるので「損切」するための注文 → 注文が多いところでトレンドがさらに下降する
  • 左下:「売り」指値  → 含み益があるので「利確」するための注文 → 注文が多いところで上昇トレンドから下降トレンドに反転する

注文が多いところを狙ってトレードする

棒グラフの大きいところ = 注文が貯まっているところ

がバイナリーオプションで狙うべきポイントです。

とくに

  • 「買い」逆指値が多い → 上昇トレンドの加速
  • 「売り」逆指値が多い → 下降トレンドの加速

が顕著に起きることが多いのです。

これは

  • 含み損を抱えた投資家が我先にと「損切」するので、トレンドがどんどん伸びていく

ためです。

このポイントで「HIGH(LOW)」でエントリーすれば、勝てる可能性が高くなるのです。

「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」と活用したバイナリーオプション戦略のよくある質問

「上記以外の考え方はないの?」

あります。

一定のレンジに「注文」が集中している場合

「上記以外の考え方はないの?」
その価格の範囲内でのレンジ相場が形成されている

ということを意味しています。

レンジ相場では、レジスタンスラインとサポートラインの間でチャートが推移することになるため、跳ね返るタイミングを狙って、何度もエントリーすることができます。

FXトレードでは、為替変動の幅が小さいレンジ相場は、大きく稼ぐことが難しいのですが、バイナリーオプションであれば、レンジ相場になったときに何度もエントリーして、大きく稼ぐこともできるのです。

teacher
「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」は、解釈の違いで、バイナリーオプション攻略にも、いろいろな手法で活用することができます。投資家の意図を読み取ることで、どうやって自分のバイナリーオプション攻略必勝法に生かすのか?考えてみることも重要です。

「判定時刻は、どうすれば良いの?」

狙った価格になって、注文が執行されて、トレンドに影響を及ぼすまでには、若干の時間が必要になります。

なぜなら、「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」は、5pipsの範囲内でしかグラフが表示されていないからです。

「判定時刻は、どうすれば良いの?」

そのため、5分~15分ぐらいの判定時刻を設定すると良いでしょう。

「トレードするときに見るのは、バイナリーオプション業者のチャート画面で良いの?」

はい

基本的に「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」はリアルタイムのデータではありません。

  • STANDARD:20分
  • PREMIUM:5分

ですので、口座開設しただけの方だと、20分ごとにしか情報は更新されないのです。

しかし、

  • 狙う通貨ペア
  • 狙う価格帯
  • 狙うべき方向

は把握できているので、バイナリーオプション業者の簡易的なチャートでも、十分にエントリーを実行することができます。

とくにMT4・MT5に頼る必要がないメリットがあります。

「損切の逆指値ではなく、利確の指値注文からの反転を狙っても良いの?」

あまり、おすすめはしません。

前述した通りで

  • 含み損を抱えている投資家 → 焦りが強い → 損切が始まると止まらなくなる
  • 含み益を抱えている投資家 → 余裕がある → 計画通りにしか利確はしない

という違いがあること

  • 損切注文 → トレンドが伸びる → 順張り
  • 利確注文 → トレンドが反転する → 逆張り

ですので

トレンドに逆らわない「損切注文が多い価格帯でトレンドが伸びる方向に順張りでエントリーする」方が、勝率が高いのです。

チャート上にオープンオーダーを表示することが可能!?

OANDAでは、オーダーブックインジケーターを使えばMT4上にオープンオーダーを重ねて費用時することが可能です。

チャート上にオープンオーダーを表示することが可能!? チャート上にオープンオーダーを表示することが可能!?

MT4上にオープンオーダーが表示できれば

  • チェックする画面が一つになるため利便性が高い
  • オープンオーダーで注文が多い価格帯にラインを引くことができる
  • チャート推移とオープンオーダーの関係性を把握しやすい

というメリットがあります。

ぜひ、導入してみましょう。

まとめ

「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」とは

  • 投資家のポジションの状況
  • 投資家の未決済注文の状況

を正確に表示してくれる、有能な無料ツールです。

世界中に投資家の顧客がいるOANDAグループだからこそ、正確性を持ったデータが取得できるのです。

teacher

「OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション)」を見れば投資家の意図、勢力を把握することができるので、これを活用できれば、単純なチャート分析のテクニカル分析を一歩進化させることができます。

ぜひ、バイナリーオプション攻略にも活用してみましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円