バイナリーオプション時間帯別の勝ち方とは?勝てる時間帯、勝てない時間帯

man
「バイナリーオプションは、何時にトレードすれば勝ちやすいですか?」
「バイナリーオプションの勝ちやすい時間帯はいつですか?」
「バイナリーオプションの勝ちにくい時間帯はいつですか?」

バイナリーオプションにも、勝ちやすい時間帯と勝ちにくい時間帯が存在します。今回は、バイナリーオプション時間帯別の勝ち方、勝てる時間帯、勝てない時間帯について詳しく解説します。

バイナリーオプションで勝てる時間帯と勝てない時間帯の特徴

バイナリーオプションで勝てる時間帯と勝てない時間帯の特徴

「勝てる」「勝てない」という言い方には語弊があります。

正確に言えば

  • 勝てる時間帯 → 勝ちやすい時間帯
  • 勝てない時間帯 → 勝ちにくい時間帯

です。

バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯とは?

バイナリーオプションは、FXとは違い、0.01pipsでも良いから「予想が当たりさえすれば良い」のです。

FXの場合
  • 1ドル=105.50円 → 1ドル=105.51円

→ スプレッド分損をする

  • 1ドル=105.50円 → 1ドル=106.50円

→ 100pipsという大勝ち

バイナリーオプションの場合
  • 1ドル=105.50円 → 1ドル=105.51円

→ 1.9倍のペイアウト

  • 1ドル=105.50円 → 1ドル=106.50円

→ 1.9倍のペイアウト

となります。

つまり、

  • FX:予想を大きく当てると収益もそれに伴い大きくなる
  • バイナリーオプション:予想を大きく当てても、小さく当てても、払い戻しに差がない

という特徴があります。

つまり、バイナリーオプションの場合は「予想を当てさえすれば良い」のです。

予想が当たりやすい相場というのは「トレンド相場」であり、トレンドのそったトレードである「順張り」のトレード手法の方が高い勝率が期待できます。

下記の当サイトで検証したバイナリーオプション攻略必勝法を見ても

  • 高い勝率を上げているのは「順張り」がほとんど
  • 勝率の良かったものだけを紹介したいるため、「順張り」が8割を占める

結果となっています。

手法トレード機会勝率損益1回の平均損益方向
一目均衡表と平均足トレード36回27勝9敗75.0%75,150円2,088円順張り
ボリンジャーバンドと遅行スパンのシンプルトレード39回27勝12敗69.2%60,150円1,542円順張り
RCIと移動平均線のバウンド狙いトレード22回18勝4敗81.8%60,100円2,732円順張り
EMAとエンペローブの逆張りトレード38回26勝12敗68.4%55,700円1,466円逆張り
ボリンジャーバンド+移動平均線の順張りトレード21回17勝4敗81.0%55,650円2,650円順張り
ボリンジャーバンドエクスパンションを活用した順張りトレード19回15勝4敗78.9%46,750円2,461円順張り
VQ・BBレシオ・ADXによるトレンド分析トレード21回16勝5敗76.2%46,200円2,200円順張り
平均足による押し目買い・戻り売り18回14勝4敗77.8%42,300円2,350円順張り
フラッグ・ペナント18回13勝5敗72.2%32,850円1,825円順張り
一目均衡表3役順張り16回11勝5敗68.8%23,950円1,497円順張り
ピボットポイント(PP)を利用したシンプルトレード16回11勝5敗68.8%23,950円1,497円順張り
レンジブレイク移動平均線5回5勝0敗100.0%22,250円4,450円順張り
押し目買い・戻り売り9回7勝2敗77.8%21,150円2,350円順張り
ボリンジャーバンドと移動平均線の順張りトレード11回8勝3敗72.7%20,600円1,873円順張り
水平線のみの押し目買い・戻り売りトレード11回8勝3敗72.7%20,600円1,873円順張り
水平線のみシンプルトレード11回8勝3敗72.7%20,600円1,873円順張り
ADXと移動平均線順張りトレード23回14勝9敗60.9%17,300円752円順張り
サポレジ転換順張りトレード6回5勝1敗83.3%17,250円2,875円順張り
トレンド中のレンジ相場を利用した順張りトレード6回5勝1敗83.3%17,250円2,875円順張り
窓埋め6回5勝1敗83.3%17,250円2,875円どちらでもない
ストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスを利用した順張りトレード8回6勝2敗75.0%16,700円2,088円順張り
フィボナッチ数列を利用した押し目買い・戻り売りトレード14回9勝5敗64.3%15,050円1,075円順張り
移動平均線と水平線の順張りトレード5回4勝1敗80.0%12,800円2,560円順張り
ゴールデンクロス・デッドクロスを利用したシンプルトレード11回7勝4敗63.6%11,150円1,014円順張り
RSIとMACDの逆張りトレード15回9勝6敗60.0%10,050円670円逆張り
ボリンジャーバンドとローソク足の順張りトレード6回4勝2敗66.7%7,800円1,300円順張り

つまり、

バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯 = トレンドができやすい時間帯

ということになります。

トレンド相場であれば「順張り」のバイナリーオプション攻略必勝法が使えるからです。また、できるだけボラティリティが高い(上下動が激しい)相場よりは、素直な落ち着いたトレンド相場が形成されやすい時間帯を狙うべきと考えます。

バイナリーオプションで勝ちにくい時間帯とは?

1.レンジ相場

前述した通りで、トレンドの方向にエントリーする「順張り」の方が高い勝率が見込めます。バイナリーオプションは勝率が命ですので、トレンド相場の方が勝ちやすいのです。

逆に言えば、トレンドに逆らず方向の「逆張り」、トレンドが発生しない「レンジ相場」では、バイナリーオプションの勝率は下がってしまいます。

とくにスロットのような感覚で、レンジ相場での一時的な為替変動時に戻る力を利用して「目押し」でトレードするバイナリーオプションの投資家もいるのですが、安定した勝率を出せるとは思えません。

あくまでも「レンジ相場」よりも「トレンド相場」の方が勝ちやすく、「レンジ相場」は勝ちにくいと考える必要があります。

2.投資家がいない閑散とした時間帯

トレードに参加する投資家が少ない時間帯というのは、大口の機関投資家のさじ加減で相場が急変動します。

こういう時は、素直なトレンドにはならず

  • 急上昇して、急下降というような荒れた相場になるか?
  • ほとんど値動きのないレンジ相場になるのか?

のどちからです。

投資家が少ない時間帯というのは、相場が安定しないため、バイナリーオプションでは避けた方が良いのです。

3.チャートとは関係ないファンダメンタルズ的な値動き

  • 指標発表時
  • 要人の発言
  • 重要な経済トピック

も、急激な為替変動が発生します。

しかも、これは過去のチャート推移とは関係なく、経済動向によるトレード分析の「ファンダメンタルズ分析」に基づく相場の急変動になるため、「テクニカル分析」が通用しない相場になってしまうのです。

バイナリーオプションで勝つためには「テクニカル分析」を利用したトレードが必要不可欠のものですので、「テクニカル分析」が通じないファンダメンタルズ的な動きのある相場は避けるべきなのです。

4.世界各国の主要市場の休日

為替取引というのは、世界各国の為替市場で取引ができます。

冬時間
冬時間
夏時間(サマータイム)

ニュージーランド:10月第1日曜日~3月第3日曜日
豪州:10月最終日曜日~3月最終日曜日
欧州・ロシア:3月最終日曜日~10月最終日曜日
米国:4月第1日曜日午前2時~10月最終日曜日午前2時

夏時間(サマータイム)
teacher
扱う商品が「通貨」であるため、時差があっても、24時間市場を変えながらトレードできるので、平日24時間FXやバイナリーオプションの取引ができる仕組みになっています。

その中でも、主要な市場が休日になると、参加する投資家は大幅に減ってしまいます。

  • 東京市場
  • ロンドン市場
  • ニューヨーク市場

が休日なタイミングでは、他の市場でトレードをすることもできますが、市場が閑散としてしまうケースが多く、トレンドが形成されにくいので注意が必要です。

金融市場休日カレンダー

5.世界各国の市場が閉まるタイミング

機関投資家を中心として、市場が閉まるタイミングでは「ポジションをクローズする(利確/損切)」の動きが増加します。

今まで、素直なトレンドが続いていても、世界各国の市場が閉まる直前はトレンドが反転しやすいのです。

「順張り」でトレードをしていても、市場が閉まるタイミングでは、そのトレード手法が通用しなくなってしまう可能性があります。

6.世界各国の市場が開くタイミング

機関投資家を中心として、市場が開くタイミングでは、いろいろな思惑で投資家がポジションをもちはじめます。

まだ「どちらに進むのか?」の判断がつかない時間帯と言っても過言ではありません。

この時間帯は、素直なトレンド相場が形成されにくく、勝ちにくい時間帯と言えます。

結論:バイナリーオプションで勝てる時間帯

結論:バイナリーオプションで勝てる時間帯

前述した勝ちにくい時間帯をまとめると

  • マーケットの開始後:30分
  • マーケットの閉鎖前:30分
  • マーケットの休日
  • 仲値発表後の東京市場(レンジ相場になることが多い)
  • 指標発表時、要人発言、重要な経済トピック

があります。

  • マーケットの休日
  • 指標発表時、要人発言、重要な経済トピック

は、その日の問題ですので除外するとすれば

バイナリーオプションで勝てる時間帯(冬時間)は

東京市場が開く30分後の「9:30~14:30」

東京市場は、ロンドン市場やニューヨーク市場と比較すると取引が活発というわけではありませんが、素直なトレンドが形成されやすい環境にあります。

トレンドを利用した順張りは、有効に機能する時間帯です。

9:55仲値

9:55分は金融機関が扱う「仲値(なかね)」が決まるため

  • 9:00~9:55:相場がドルを中心に活発になる
  • 9:55~:相場が安定する

徐々に相場の行き落ちが落ちてくるため、14時ぐらいまでが素直なトレンドができやすい時間帯と言えます。

15:00東京オプションカット

東京オプションカットとは

東京市場の15時(午後3時)の通貨オプションのカットオフタイム(権利行使の最終的な締切時間)のこと

を言います。

オプション取引は、通貨を、予め定められた期間(権利行使期間)に、予め定められた価格(権利行使価格)で、買う権利または売る権利を売買する取引で、それの権利確定時間の15時の前に、投資家が消滅しないように価格を動かそうとするため、為替変動が活発化するのです。

15:00の前から、徐々に相場が活発化し、トレンドが形成されやすくなります。ただし、オプションカットの回避が要因のトレンドですので、今までのトレンドとは違う方向でのトレンド形成がされる可能性が高いです。

また、15:00を過ぎると一旦、相場が沈静化します。相場の転換するタイミングですので、14時以降は、勝ちにくい時間帯に入ります。

ロンドンの市場参加者が増える「16:30~18:00」

16:00というのは、時差が9時間あるロンドンの投資家の朝9:00です。また、夏時間であればドイツ/フランクフルト、スイス/チューリッヒ、フランス/パリなどの市場がオープンするタイミングです。

ロンドン・欧州の投資家が参加してくる時間帯なのです。

今までと違ったトレンドが形成されやすいため、30分様子を見てから、トレンドに参加すると良いでしょう。

本来は、東京市場のクローズが17:00ですので、トレードを避ける時間帯ですが、実際は16時頃から市場参加者がロンドンの欧州勢の投資家にスムーズに移行されるため、それほど過敏に東京市場のクローズの時間帯に注目する必要はありません。

ロンドン市場が開く30分後の「18:30~21:00」

ロンドン市場が開いて、相場が安定し、ニューヨーク市場が開く前の状態ですので

  • 市場の取引が活発
  • トレンドが伸びやすい

時間帯でもあります。

勢いがあるので、わかりやすいトレンドが形成されて、「順張り」も機能しやすい時間帯と言えるでしょう。
21:00以降は、ニューヨーク市場の参加者が増える

21時を過ぎると、ニューヨークの市場参加者が増え、より相場は活発化してきます。

欧州の市場参加者の思惑から、ニューヨークの市場参加者の思惑に応じたトレードに移行するタイミングですので、トレンドの傾向が変わってきます。

読みにくい相場となるため、トレードは控えましょう。

ニューヨーク市場が開く30分後の「22:30~23:30」

ニューヨーク市場が開いて、相場が安定し、活発な取引が続く時間帯で

  • 市場の取引が活発
  • トレンドが伸びやすい

時間帯でもあります。

指標発表を避ける
指標発表や経済トピックが多い時間帯ですので、指標発表のリリース時間に注目しながら、発表前後を避けてトレードする必要があります。
24:00NYオプションカット

NYオプションカットとは

NY市場の24時の通貨オプションのカットオフタイム(権利行使の最終的な締切時間)のこと

を言います。

24:00の前から、徐々に相場が活発化し、トレンドが形成されやすくなります。ただし、オプションカットの回避が要因のトレンドですので、今までのトレンドとは違う方向でのトレンド形成がされる可能性が高いです。

また、24:00を過ぎると一旦、相場が沈静化します。相場の転換するタイミングですので、勝ちにくい時間帯に入ります。
25:00(夏24:00)ロンドンフィキシング仲値

ロンドン時間の16:00に設定される仲値のことを言います。

ロンドンフィキシングの前後も、機関投資家の取引が活発化するため、相場が読みにくく、トレンドが形成しにくくなります。

ニューヨーク市場のみの取引になる「2:00~4:00」

ロンドンの市場が閉まるため、市場参加者がニューヨーク市場の投資家が主になってきます。

取引は落ち着くため、ある程度トレンドが素直に形成されやすい時間帯です。

「順張り」も有効に機能します。

4:00以降は、取引量が増えて読みにくい形に

ニューヨーク市場が閉まるタイミングに向けて、徐々に取引量も上がってきます。

ポジションクローズに動きも広がり、トレンドが反転するケースも多いため、勝ちにくい時間帯と言えます。

まとめ

  • 東京市場が開く30分後の「9:30~14:30」
  • ロンドンの市場参加者が増える「16:30~18:00」
  • ロンドン市場が開く30分後の「18:30~21:00」
  • ニューヨーク市場が開く30分後の「22:30~23:30」
  • ニューヨーク市場のみの取引になる「2:00~4:00」

素直なトレンドが形成されやすい時間帯

と言えます。

teacher
だからこそ、バイナリーオプションの「順張り」トレードの攻略必勝法が機能しやすく、勝ちやすい時間帯となるのです。

時間帯別のおすすめの通貨ペア

  • 東京市場が開く30分後の「9:30~14:30」
    →「米ドル/円」「豪ドル/円」「米ドル/豪ドル」
  • ロンドンの市場参加者が増える「16:30~18:00」
    →「ユーロ/円」「ユーロ/ドル」「ユーロ/ポンド」「ポンド/ドル」
  • ロンドン市場が開く30分後の「18:30~21:00」
    →「ユーロ/円」「ユーロ/米ドル」「ユーロ/ポンド」「ポンド/ドル」
  • ニューヨーク市場が開く30分後の「22:30~23:30」
    →「米ドル/円」「ユーロ/円」「ユーロ/米ドル」「ユーロ/ポンド」「ポンド/ドル」「米ドル/豪ドル」
  • ニューヨーク市場のみの取引になる「2:00~4:00」
    →「米ドル/円」「ユーロ/円」「ユーロ/米ドル」「ユーロ/ポンド」「ポンド/ドル」「米ドル/豪ドル」
その時の市場の通貨が一番取引量が増えるため、勢いのあるトレンドが形成されやすいです。
teacher
時間帯に合わせた、通貨ペアでトレードをすることも、バイナリーオプションの「順張り」トレードを機能しやすくするポイントと言えます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円