【注意】バイナリーオプション自動売買ツールで初心者が簡単に稼げるわけがないこれだけの理由

man
「バイナリーオプションの自動売買ソフトってどうなんですか?」
「おすすめのバイナリーオプションの自動売買ツールを教えてください。」
・・・

いまだにこのような質問を受けるケースが少なくありません。当サイトでは何度も記事にしていますが・・・自動売買ツールで初心者が簡単に稼げると思うのは大きな間違えなのです。その理由を丁寧に解説します。

バイナリーオプション自動売買ツールとは?

バイナリーオプション自動売買ツールとは?

バイナリーオプション自動売買ツールとは

バイナリーオプションの取引を自動的に行うためのツールのこと

を言います。

いろいろなバイナリーオプション自動売買ツールが販売(提供)されています。

シグナルを自動売買化する、バイナリー専用自動売買システム『ABSOL7』
シグナルを自動売買化する、バイナリー専用自動売買システム『ABSOL7』
「蒼天」バイナリーオプション・サイン・ツール・インジケーター(自動売買システム「ABSOL7」対応)
「蒼天」バイナリーオプション・サイン・ツール・インジケーター(自動売買システム「ABSOL7」対応)
無裁量トレード手法【SATAN】自動売買ソフトABSOL7と連動済!
無裁量トレード手法【SATAN】自動売買ソフトABSOL7と連動済!
バイナリーオプション自動売買システム 【MIKAN】
バイナリーオプション自動売買システム 【MIKAN】
バイナリーマジック自動売買システム
バイナリーマジック自動売買システム
バイナリーマジック自動売買システムV2
バイナリーマジック自動売買システムV2

共通するのは

ハイローオーストラリア/HighLow

を使いながら、自動売買できるツールであることです。

所在地マーシャル諸島共和国
認可マーシャル諸島共和国規制
(元:オーストラリア金融ライセンス、ASIC(AFSL364264))
信託保全・分別管理信託保全
ナショナルオーストラリア銀行
最低ペイアウト倍率1.88 倍
最高ペイアウト倍率2.20 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)

本当に、自動的に何もせずに高い勝率で売買を自動的に続けられるのであれば、これ以上のことはありませんが・・・

本当なのでしょうか?

バイナリーオプション自動売買ツールで初心者が簡単に稼げるわけがないこれだけの理由について解説します。

バイナリーオプション自動売買ツールで初心者が簡単に稼げるわけがないこれだけの理由

バイナリーオプション自動売買ツールで初心者が簡単に稼げるわけがないこれだけの理由

理由その1.基本的に「ハイローオーストラリア/HighLow」は自動売買禁止

たいていのバイナリーオプション自動売買ツールは

ハイローオーストラリア/HighLowで動くこと

を前提に開発されています。

しかし、実際ハイローオーストラリア/HighLowでは、自動売買ツール(自動売買ソフト)を利用したトレードが禁止されています。

ハイローオーストラリア/HighLowのよくある質問

ハイローオーストラリア/HighLowのよくある質問

口座の強制解約について

以下の事由に一つでも該当する場合、口座が強制的に解約されます。

レートの遅延やフロントランニングを狙った取引
業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合
クレジットカードの乱用が認められた場合
取引額と比べ、入出金額が通常の範疇を超える金額と弊社がみなす場合
本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造を施した場合
同一人が複数口座を開いたことが確認された場合(両方の口座を解約することがあります)

業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがあると弊社が判断する場合は、強制的に口座が凍結される可能性がある

ということを意味しています。

man
「でも、業者間アービトラージでない自動売買なら良いんじゃないの?」

ダメです。

ハイローオーストラリア/HighLowの口座契約条件を見ると

ハイローオーストラリア/HighLowの口座契約条件

ハイローオーストラリア/HighLowの口座契約条件

7.16. お客様は、以下に関連する法律または規則のみならず、オーストラリア会社法、規則またはその他の関係法令に違反しているか、または当社もしくは他者に違反させるような取引を行う本注文を出す指示を、当社に対して行ってはなりません。

(a) 市場操作、不正取引、架空取引、相場操縦、ブラックボックス取引、スキャルピング、偽装売買、自動売買ソフトの取引、注文のマッチング
(b) インサイダー取引
(c) 居住国以外の IP アドレスからの取引
(d) 空売り
(e) 本契約
(f) 市場の混乱を生じさせるか、またはその他市場の整合性もしくは効率性を阻害する行為
(g) 誤解を招く行為または詐欺行為

はっきり、「自動売買ソフトの取引」が禁止事項に記載されているのです。

当然、ハイローオーストラリア/HighLowの監視を潜り抜けて、自動売買ソフトを使い続けられる可能性もあるのですが・・・

多く稼いだ投資家は、必ずマークされる

ことになります。

ハイローオーストラリア/HighLowの担当者にとっても、すべての自動売買ソフト、自動売買ツールの監視をするのは難しいのです。

だとすると、目をつけるのは「稼ぎ続ける投資家」です。

自動売買の疑いがあれば、口座が凍結されてしまうのです。

ハイローオーストラリア/HighLowの口座契約条件

ハイローオーストラリア/HighLowの口座契約条件

15.6.禁止行為または取引が確認されたお客様の口座について、当社は絶対的な自由裁量により当該口座及び(当社の完全裁量により認定した)関連口座の凍結、クローズ済みの取引の復元を実行し、または口座を解約し未使用資金を信託口座からお客様に返金する権限を有します。

さらに当社の他の権利を制限することなく、当該禁止行為が行われた口座の残高または当該禁止行為によって直接的に得られた利益及びその収益を用いた他の取引による収入を没収することができます。

口座が凍結されてしまうと、収入が没収される

と書かれています。

つまり、

自動売買ツール(自動売買ソフト)でのトレードがうまくいったとしても・・・

  • 利益が出るようなら → 口座凍結(資産は没収)
  • 利益が出ないようなら → その自動売買ツール(自動売買ソフト)は欠陥商品

なのですから、投資家にとってメリットがあるものではないのです。

理由その2.稼げる自動売買ツール(自動売買ソフト)があるなら、人に売る必要がない

前述した自動売買ツール(自動売買ソフト)の中にも

「勝率100%達成」

というような宣伝文句のものがあります。

冷静に考えてもらえればわかりますが・・・

勝率100%の自動売買ツール(自動売買ソフト)ができてのであれば・・・

たかだか3万円~5万円で販売するよりも

1,000円で1日中、その自動売買ツール(自動売買ソフト)を運用してみれば

1日20回×20営業日の取引機会、ペイアウト倍率180%だとしても

1,000円 × 180%の20乗 = 127,482,362円

理論上は上記の計算になります。

実際は、バイナリーオプションでは購入額には上限があり、10万円が限度なので

取引回数購入額ペイアウト倍率勝利後の残高
1回目1,000円180%1,800円
2回目1,800円180%3,240円
3回目3,240円180%5,832円
4回目5,832円180%10,498円
5回目10,498円180%18,896円
6回目18,896円180%34,012円
7回目34,012円180%61,222円
8回目61,222円180%110,200円
9回目100,000円180%190,200円
10回目100,000円180%270,200円
11回目100,000円180%350,200円
12回目100,000円180%430,200円
13回目100,000円180%510,200円
14回目100,000円180%590,200円
15回目100,000円180%670,200円
16回目100,000円180%750,200円
17回目100,000円180%830,200円
18回目100,000円180%910,200円
19回目100,000円180%990,200円
20回目100,000円180%1,070,200円
1日で元手1,000円が100万円になります。

本当にこのような自動売買ツール(自動売買ソフト)を3万円~5万円で販売する人なんて、いるのでしょうか?

いるわけないのです。

自動売買ツール(自動売買ソフト)の勝率が不確実だからこそ、販売して収益を上げるビジネスモデル

なのです。

理由その3.フォワードテスト機能がない

FXの自動売買ツール(自動売買ソフト)の場合

  • MT4・MT5によるバックテストのデータ

だけでは、誰も信じてくれなくなってきました。

なぜならば、MT4・MT5によるバックテストというのは

良い数値が出るまで設定を変えて、最適化することが簡単にできてしまうから

です。

「MT4・MT5によるバックテスト」をやったことがない方にはイメージがつかめないかもしれませんが

例えば

EA(FXの自動売買ストラテジーのこと)のあるパラメータの設定が5、6、7、10のとき損益がどうなるのか?「最適化」ボタン一つで作れてしまうのです。

理由その3.フォワードテスト機能がない 理由その3.フォワードテスト機能がない

そのため、FXの自動売買ツール(自動売買ソフト)の場合は、フォワードテストという情報が重視されています。

例:FX自動売買ドール「18K」

例:FX自動売買ドール「18K」 例:FX自動売買ドール「18K」

フォワードテストとは?

実際のデモ口座(リアル口座)でその自動売買ツール(自動売買ソフト)を稼働させた結果を反映された収益レポートのこと

を言います。

FXの投資家は、このフォワードテストしか見ないぐらい、バックテストは重視していないのです。

バイナリーオプションでは、多くの自動売買ツール(自動売買ソフト)が公開しているのは、「バックテストのデータのみ」です。

いくらでも、調整ができてしまうバックテストのデータは、信頼性が乏しいのです。

理由その4.自動売買ツール(自動売買ソフト)も運用が必要

仮に自動売買ツール(自動売買ソフト)が優秀なもので、勝率6割~7割で運用できていたとしても・・・自動売買ツール(自動売買ソフト)は放置していれば良いわけではありません。

経済的なニュース・トピックが発生した場合

→ 自動売買ツール(自動売買ソフト)を止める

相場の動きの「流行り」が変わってきた場合

→ 自動売買ツール(自動売買ソフト)を入れ替える

リスクヘッジのために

→ 複数の自動売買ツール(自動売買ソフト)を併用して運用する

などの「管理」をしなければならないのです。

お任せで稼ぎ続けられる自動売買ツール(自動売買ソフト)なんて、存在しないのです。

「放置するだけでお金が増える自動売買ツール(自動売買ソフト)」

という宣伝文句があれば、それはまがい物と考えて良いでしょう。

理由その5.ロジックが開示されていないものが多い

自動売買ツール(自動売買ソフト)は

どんなロジックで、そのタイミングで売買をするのか?

を理解しなければ、評価すること自体が難しくなってしまいます。

しかし、バイナリーオプションの自動売買ツール(自動売買ソフト)では

  • 収益
  • ツールの利便性
  • バックテストのデータ

しか、記載がないものが多く

  • どんなロジックで、そのタイミングで売買をするのか?

には触れられていないのです。

「どんなロジックで、そのタイミングで売買をするのか?」がわからないものに投資をするのは、大きなリスクなのです。初心者であれば、なおさら見極めるのが難しいと言えます。

バイナリーオプションの自動売買ツール(自動売買ソフト)は使うべきではないの?

使うべきではない

と考えます。理由は前述した通りで

バイナリーオプション自動売買ツールで初心者が簡単に稼げるわけがないこれだけの理由

  1. 理由その1.基本的に「ハイローオーストラリア/HighLow」は自動売買禁止
  2. 理由その2.稼げる自動売買ツール(自動売買ソフト)があるなら、人に売る必要がない
  3. 理由その3.フォワードテスト機能がない
  4. 理由その4.自動売買ツール(自動売買ソフト)も運用が必要
  5. 理由その5.ロジックが開示されていないものが多い

となっているのですから、

  • 自動売買ツール(自動売買ソフト)を使って、放置して、お金が増え続ける

というのは「まやかし」です。

teacher

バイナリーオプションの初心者こそ

  • 為替の動き
  • チャートのテクニカル分析の考え方

をしっかり学びながら、

自分の性格やトレード環境にあったバイナリーオプションの攻略必勝法を探して

運でやる勝率50%を、60%、65%に上げる努力をすべきなのです。

teacher

「バイナリーオプションも、ほかの投資と同様に楽して、稼げるものではありません。」

ここだけはしっかり理解しておくべきと考えます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円