バイナリーオプション攻略必勝法「EMAとエンペローブの逆張りトレード」/勝率68.4%

teacher

バイナリーオプションは、丁半博打やトランプのHIGH&LOWに例えられることも多いので「運」をベースにトレードをしてしまう方もいます。しかし、大数の法則があるので「運」だけでトレードしてしまうと回数を重ねれば重ねるほど勝率は50%に収斂してしまい、ペイアウト倍率の分だけ損をする計算になってしまいます。

バイナリーオプションはテクニカル分析のノウハウを持って、勝率を55%、60%と引き上げることで安定した利益を出すべきものなのです。バイナリーオプション攻略必勝法では、バイナリーオプションに適用できるテクニカル分析手法を解説します。

目次

前提の準備

トレードの考え方

バイナリーオプションは「1時間」のHighLowでトレード

concierge
理由

ペイアウト倍率が190%前後なので高還元率です。「30秒」「60秒」だとペイアウト倍率が160%~170%ぐらいになってしまうため、「1時間」で予想します。

「30秒」「60秒」という短いレートではテクニカル分析の予想の精度が悪くなってしまいます。MT4のチャート自体が一番短いもので「1分足」ですので、判定までの時間が短すぎると精度が悪化してしまいます。

MT4は「5分足」を見る

concierge
理由

1時間後の予想なので「5分足」のMT4を利用すれば、12本後のローソク足の位置を予想することになるので、わかりやすいため「5分足」を利用します。

「トレードを15分、MT4を1分足」にしても構いませんが、「1分足」のチャートはテクニカル分析のサインが明確にでないことも多いので「トレードを1時間、MT4を5分足」をおすすめします。

バイナリーオプション攻略必勝法「EMAとエンペローブの逆張りトレード」の解説

EMA(指数平滑移動平均線)とは?

「EMA(Exponential Moving Average)」は、移動平均線の一種で、指数関数を利用して一定期間の平均値を表示した線のこと

を言います。

一般的な移動平均線のことを「SMA(Simple Moving Average)」「単純移動平均線」と言いますが、「SMA(単純移動平均線)」の場合、一定期間の平均値を取るときに、すべてのデータを平等に扱います。

しかし、チャートを見てみると、近い日のデータの方が遠い日のデータよりも、実勢レートに与える影響が大きいので、移動平均線で平均値を算出するデータを平等に評価するのではなく、指数関数的に

  • 近い日のデータは重要度が高い
  • 遠い日のデータは重要度が低い

という形で、ウェイト付けをして、平均値を出すのが「EMA(指数平滑移動平均線)」なのです。

  • EMA(指数平滑移動平均線):直近のデータを重視する
  • SMA(Simple Moving Average):すべてのデータを平等に扱う

のですから、当然

「EMA(指数平滑移動平均線)」の方が「SMA(単純移動平均線)」よりも、実勢レートの変化に敏感に反応する

ことになります。

EMA(指数平滑移動平均線)とは?

そのため、今回のトレード必勝法では、「EMA(指数平滑移動平均線)」を採用するのです。

「EMA(指数平滑移動平均線)」の設定

「EMA(指数平滑移動平均線)」の設定

MT4でインジケーター「Moving Average」を選んで

  • 期間「20」
  • 移動平均の種別「Exponential」
  • 適用価格「Close」

を選択します。

エンペローブとは?

「エンペローブ(Envelope)」は、移動平均線から一定間隔離れて引かれる平行な線のこと

を言います。

「エンペローブ(Envelope)」の設定

MT4でインジケーター「Envelopes」を選んで

「エンペローブ(Envelope)」の設定
  • 期間「20」
  • 移動平均の種別「Exponential」
  • 適用価格「Close」
  • 偏差「0.10」「0.20」「0.30」「0.40」%

を選択します。

「エンペローブ(Envelope)」は、移動平均線をずらしたものですから、0.1%、0.2%、0.3%、0.4%と偏差の部分の入力値を変えて複数表示することで、何本も移動平均線に平行な線が引かれることになります。

「エンペローブ(Envelope)」の移動平均の種別も「Exponential」を選択してください。

「エンペローブ(Envelope)」の設定

では、この「EMA(指数平滑移動平均線)」と「エンペローブ(Envelope)」をどう使うのでしょうか?

「EMAとエンペローブの逆張りトレード」の考え方

グラフを見ていただければわかる通りで

実勢レートは、大抵は+0.1%のエンペローブと-0.1%のエンペローブの中に収まります。

0.1%というと、1ドル100円であれば、約10pipsの幅ということです。

実勢レートは、大抵の場合「EMA(指数平滑移動平均線)」から10pipsも離れない

ということを意味します。

逆に言えば

  • 実勢レートが+0.1%のエンペローブよりも上に来る
  • 実勢レートが-0.1%のエンペローブよりも下に来る

というのはレアケースであって、仮に上記のような状況になっても、すぐに±1.0%のエンペローブの中に収まろうとするのです。

だとすれば

±1.0%のエンペローブからはみ出したときに、±1.0%のエンペローブの中に戻る方向にエントリーをすれば、勝てる可能性が高くなるはず

というのが、「EMAとエンペローブの逆張りトレード」の基本的な考え方です。

「EMAとエンペローブの逆張りトレード」の考え方

バイナリーオプション攻略必勝法「EMAとエンペローブの逆張りトレード」の手順

手順その1.±1.0%のエンペローブをはみ出したタイミングを見計らう

前述した通りで今回のトレードでは「±1.0%のエンペローブをはみ出すタイミング」がエントリーチャンスです。

※基本は「±1.0%のエンペローブをはみ出すタイミングですが

  • ±2.0%のエンペローブをはみ出すタイミング
  • ±3.0%のエンペローブをはみ出すタイミング
  • ±4.0%のエンペローブをはみ出すタイミング

も、トレードチャンスになります。

ただし、注意しなければならないのは

1.0%のエンペローブの幅でトレードできるのは一回まで

です。

teacher
エンペローブからはみ出したときに、エンペローブの内側に戻る力を利用したトレードですので、エンペローブの内側に戻る前に次のエントリーをしてしまうと失敗してしまうからです。

手順その2.「ヒゲ」が形成されたのを見てエントリーする

手順その2.「ヒゲ」が形成されたのを見てエントリーする
  • ±1.0%のエンペローブをはみ出して

かつ

  • ヒゲが形成されたとき

がエントリータイミングです。

このときに逆張りでエントリーします。

実勢レートが+0.1%のエンペローブよりも上に来る → 「LOW」エントリー
実勢レートが-0.1%のエンペローブよりも下に来る → 「HIGH」エントリー

バイナリーオプション攻略必勝法「EMAとエンペローブの逆張りトレード」の検証テスト

MT4/チャート/テクニカル分析の設定

  • 指数平滑移動平均線(EMA):20EMAを表示(設定:種別Exponential)
  • エンペローブ(Envelopes):20EMAを0.1%刻みで表示(設定:種別Exponential、偏差0.1、0.2、0.3、0.4)
  • 5分足
  • 米ドル/円

トレードルール

  • 実勢レートが+0.1%のエンペローブよりも上に来る → 「LOW」エントリー
  • 実勢レートが-0.1%のエンペローブよりも下に来る → 「HIGH」エントリー

検証期間

2018年3月12日~2018年3月16日

3月12日~3月13日

3月12日~3月13日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

3月13日~3月14日

3月13日~3月14日

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

3月14日~3月15日

3月14日~3月15日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

3月15日~3月16日

3月15日~3月16日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

検証結果

トレード回数:38回
勝敗:26勝12敗
勝率:68.4%
損益:+55,700円
1回のトレード損益:1,466円
手法回数エントリー方向勝敗購入額ペイアウト倍率損益
EMAとエンペローブの逆張りトレード1回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード2回目HIGH5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード3回目HIGH5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード4回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード5回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード6回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード7回目LOW5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード8回目LOW5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード9回目LOW5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード10回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード11回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード12回目HIGH5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード13回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード14回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード15回目HIGH5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード16回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード17回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード18回目LOW5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード19回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード20回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード21回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード22回目HIGH5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード23回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード24回目HIGH5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード25回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード26回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード27回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード28回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード29回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード30回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード31回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード32回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード33回目LOW5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード34回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード35回目HIGH5,000円189%+4,450円
EMAとエンペローブの逆張りトレード36回目LOW5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード37回目LOW5,000円189%-5,000円
EMAとエンペローブの逆張りトレード38回目HIGH5,000円189%+4,450円

考察

勝率68.4%は、十分に高いバイナリーオプションの勝率と言えますが、このトレード必勝法の優れている点は、38回という「トレード機会の多さ」です。トレード機会が多い分、速いスピードで資産を増やすことができます。平均勝率が60%を超えれば、バイナリーオプションで資産を増やし続けることが可能ですので、十分にバイナリーオプションの攻略法として成立しています。

この攻略必勝法のメリット

エントリーのタイミングが明確

エンペローブをはみ出してヒゲができたときにエントリーするだけですので、エントリータイミングが明確に設定されています。ルールが明確であるため、初心者がやっても、玄人がやっても、同じタイミングでエントリーすることになります。エントリーのタイミングが明確というのは大きな利点です。

十分なエントリーチャンス

5日間のテストで、38回のエントリーチャンスですから、かなりトレード機会の多いトレード手法と言えます。勝率が7割でトレード機会が多いということは、儲けが大きくなることを意味します。

また、エントリーチャンスが多いということは

  • 勝ちやすいときだけエントリーする
  • 負けやすいときは見送る

という作戦を取っても、まだ十分にエントリーチャンスがあることになります。精度を上げて、勝率を高める伸びしろがあると言っていいでしょう。

この攻略必勝法のデメリット

勝率はそこまで高くない

勝率68.4%というのは、合格点ではありますが、他のトレード手法では、もっと勝率の高いものもあるので、68.4%では満足できるレベルとは言えません。

この攻略必勝法の活用法

強いトレンド発生時にはトレードしない

このトレード必勝法の特徴としては

  • レンジ相場 → 勝ちやすい
  • トレンド相場 → 勝ちにくい

というものがあります。

teacher
なぜかというと、急激なトレンド発生時には、実勢レート、EMA、エンペローブともに傾いてしまうため、戦略通りにエンペローブの内側に戻ったとしても、エントリー価格よりもトレンドの傾きの方が強く、負けてしまう可能性が高いのです。

実際に、今回のトレード検証でも、強いトレンド相場では負けが混んでしまっているのです。

強いトレンド発生時にはトレードしない
強いトレンド相場の場合は見送る

ことで、勝率を上げることができます。

まとめ

バイナリーオプション攻略必勝法「EMAとエンペローブの逆張りトレード」とは

  • 移動平均線と平行なエンペロープを利用し
  • ±1.0%のエンペローブをはみ出すタイミングを狙って
  • エンペロープの内側に実勢レートが戻ろうとする動きに乗っかる

トレードです。

teacher
エントリータイミングが明確で、かつ勝率も高く、トレード機会も多いため、初心者やはじめてバイナリーオプションをする方にもおすすめできるバイナリーオプション攻略必勝法となっています。トレード機会が多い分、自己流にカスタマイズして勝率を上げる余地も多分に残されています。ぜひ、チャレンジしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です