バイナリーオプション攻略必勝法「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」/勝率66.7%

teacher

バイナリーオプションは、丁半博打やトランプのHIGH&LOWに例えられることも多いので「運」をベースにトレードをしてしまう方もいます。しかし、大数の法則があるので「運」だけでトレードしてしまうと回数を重ねれば重ねるほど勝率は50%に収斂してしまい、ペイアウト倍率の分だけ損をする計算になってしまいます。

バイナリーオプションはテクニカル分析のノウハウを持って、勝率を55%、60%と引き上げることで安定した利益を出すべきものなのです。バイナリーオプション攻略必勝法では、バイナリーオプションに適用できるテクニカル分析手法を解説します。

目次

前提の準備

トレードの考え方

「HighLow」「Turbo」はトレードスタイルによって使い分ける

concierge

ハイローオーストラリア/HighLowでは

  1. 「HighLow」 → 判定時刻が決まっている(15分/1時間/1日)
  2. 「Turbo」 → 判定時刻が購入時点から○分という形で決まる(30秒/1分/3分/5分)

となるため、

  1. 「HighLow」 → MT4「5分足」で攻略法を活用して「1時間」ごとに設定された判定時間での値動きを予想
  2. 「Turbo」 → MT4「1分足」で攻略法を活用して、その時点から「5分」後の判定時間の値動きを予想

という利用方法となります。

基本的にどの時間足でトレード攻略法を利用しても、通用します。ただし、時間足が長い方が精度が高いので注意が必要です。
「HighLow」を利用するメリットデメリット

MT4の時間足を5分足で1時間後を予想するため、ローソク足12本分先を予想するので精度が上がるが、テクニカル分析の狙ったタイミングと判定時刻が重ならない可能性も高い。また、ペイアウト倍率は「Turbo」よりも小さい。

「Turbo」を利用するメリットデメリット

ペイアウト倍率が高く、テクニカル分析の狙ったタイミングで「購入」できる反面、MT4の時間足を1分足にして、ローソク足5本分先を予想する必要があるため、予想の精度が落ちる。

今回は「TURBO」を採用し、MT4「1分足」で攻略法を活用して、その時点から「5分」後の判定時間の値動きを予想する形でバイナリーオプション攻略必勝法を検証しています。5分足で見る時よりも、勝率が下がって今うので注意が必要です

バイナリーオプション攻略必勝法「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」の解説

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドは、統計学の「標準偏差」の考え方をチャート分析に生かしたテクニカル分析指標のことです。

「標準偏差」では、価格が何%の確率で±1σ、±2σ、±3σ・・・の範囲内に収まるか?がわかるので、±1σ、±2σ、±3σ・・・の「標準偏差」のラインを引くことで、その範囲内に実勢レートが収まる性質を利用して、トレードをすることができます。

ボリンジャーバンドとは

標準偏差では

  • プラスマイナス1σに入る割合:68.26%
  • プラスマイナス2σに入る割合:95.44%
  • プラスマイナス3σに入る割合:99.73%

という確率で、実勢レートが対象の範囲内に収まります。

プラスマイナス2σであえば、95%の価格はプラスマイナス2σの間に収まるので、そこから実勢レートがはみ出したとしたら、「今後は、プラスマイナス2σの間に収まるように動くだろう。」と予想することができるのです。

今回、主に利用するのはボリンジャーバンドの「センターライン」です。ボリンジャーバンドの「センターライン」は「移動平均線」と同じです。

MT4の設定

インジケーターの「Bollinger Bands」を選択

  • 期間「21」
  • 標準偏差「2」
  • スタイル「緑」

ボリンジャーバンドは、プラスマイナス2σのみを表示させています。

MT4の設定

「押し目買い・戻り売り」トレードとは

押し目買いとは

相場が上昇トレンドを形成したときに、一時的にレートが下がった状態「押し目」のときに「買い」でエントリーする手法
押し目買いとは

戻り売りとは

相場が下降トレンドを形成したときに、一時的にレートが上がった状態「戻り」のときに「売り」でエントリーする手法
戻り売りとは

のことを言います。

基本的なトレンドの流れに逆らわないので、高い勝率が得られるテクニカル分析となっています。

「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」の考え方

基本的には

「押し目買い・戻り売り」トレード

です。

トレンドが形成されて、一時的に下がった瞬間にエントリーすることで、数分後には元のトレンドに戻るので、勝てる

というロジックになります。

「押し目」「戻り」を判断するのは、ボリンジャーバンドの「センターライン」です。

  • 上昇トレンド → 実勢レートが「センターライン」にタッチしたら「押し目」
  • 下降トレンド → 実勢レートが「センターライン」にタッチしたら「戻り」

多くの場合は

  • 上昇トレンド → 実勢レートが「センターライン」にタッチしたら「押し目」 → もう一度上昇
  • 下降トレンド → 実勢レートが「センターライン」にタッチしたら「戻り」 → もう一度下降

という形で動きます。

このタイミングを狙ってエントリーするのですが・・・

「押し目」「戻り」だと思ってエントリーしても、そのままトレンドが反転してしまうケースもそれなりにあります。

今回のバイナリーオプション必勝攻略法では

これを防ぐために

実勢レートが「センターライン」にタッチした次に形成されるローソク足の「始値」を見て

上昇トレンド

「始値」が「センターライン」の上 → 「HIGH」エントリー
「始値」が「センターライン」の下 → エントリー見送り

下降トレンド

「始値」が「センターライン」の下 → 「LOW」エントリー
「始値」が「センターライン」の上 → エントリー見送り

と判断します。

バイナリーオプション攻略必勝法「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」の手順

バイナリーオプション攻略必勝法「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」の手順 バイナリーオプション攻略必勝法「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」の手順 バイナリーオプション攻略必勝法「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」の手順 バイナリーオプション攻略必勝法「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」の手順

手順その1.トレンドの形成を確認する

今回の「押し目買い・戻り売り」トレードは、トレンド相場でしか利用できないトレード手法です。

トレンド相場であることを確認するためには「センターラインの傾き」に注目します。

  • 「センターラインの傾き」:右肩上がり → 上昇トレンド
  • 「センターラインの傾き」:横ばい → レンジ相場
  • 「センターラインの傾き」:右肩下がり → 下降トレンド

「センターラインの傾き」は30度以上の傾きでトレンドと判断しましょう。それよりも小さい傾きの場合は、レンジ相場と考える方が妥当なのです。

手順その2.ボリンジャーバンドのバンド幅を確認する

ボリンジャーバンドでは

  • バンド幅が大きい = 大きなトレンド
  • バンド幅が小さい = 小さなトレンド

となります。

1分足で見た場合に、「センターライン」と「±2σ」の幅が狭すぎると、十分なトレンドが形成されていないことになるので、今回のトレード手法が通用しなくなってしまうのです。

1分足の場合は、「センターライン」と「±2σ」の幅が2pips未満の場合は、エントリー見送り

とします。

手順その3.エントリーする

上昇トレンド形成時

実勢レートが「センターライン」にタッチして、その次に形成されるローソク足の「始値」を見ます。

  • 「始値」が「センターライン」よりも上にある → 「HIGH」エントリー
  • 「始値」が「センターライン」よりも下にある → エントリー見送り

下降トレンド形成時

実勢レートが「センターライン」にタッチして、その次に形成されるローソク足の「始値」を見ます。

  • 「始値」が「センターライン」よりも下にある → 「LOW」エントリー
  • 「始値」が「センターライン」よりも上にある → エントリー見送り

バイナリーオプション攻略必勝法「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」の検証テスト

MT4/チャート/テクニカル分析の設定

  • ボリンジャーバンド:21MA、プラスマイナス2σ表示
  • 1分足
  • 米ドル/円

トレードルール

  • 「センターライン」の傾きが30度以上あることを確認する
  • 「センターライン」と「±2σ」の幅が2pips以上であることを確認する
  • 上昇トレンドが発生し、実勢レートが「センターライン」にタッチして、その次に形成されるローソク足の「始値」が「センターライン」よりも上にあったら「HIGH」エントリー
  • 下降レンドが発生し、実勢レートが「センターライン」にタッチして、その次に形成されるローソク足の「始値」が「センターライン」よりも下にあったら「LOW」エントリー

検証期間

2018年9月3日

2018年9月3日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%
+4,450円儲け

2018年9月3日

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%
+4,450円儲け

2018年9月3日

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%
+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%
+4,450円儲け

2018年9月3日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%
-5,000円損失

2018年9月3日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%
-5,000円損失

検証結果

トレード回数:6回
勝敗:4勝2敗
勝率:66.7%
損益:+7,800円
1回のトレード損益:1,300円
手法回数エントリー方向勝敗購入額ペイアウト倍率損益
ボリンジャーバンドとローソク足の順張りトレード1回目HIGH5,000円189%+4,450円
ボリンジャーバンドとローソク足の順張りトレード2回目LOW5,000円189%+4,450円
ボリンジャーバンドとローソク足の順張りトレード3回目LOW5,000円189%+4,450円
ボリンジャーバンドとローソク足の順張りトレード4回目HIGH5,000円189%+4,450円
ボリンジャーバンドとローソク足の順張りトレード5回目HIGH5,000円189%-5,000円
ボリンジャーバンドとローソク足の順張りトレード6回目HIGH5,000円189%-5,000円

考察

勝率66.7%は、十分に高いバイナリーオプションの勝率です。かつ、トレード機会も多いので1日でも十分な利益を出すことができています。

この攻略必勝法のメリット

高い勝率

勝率約7割というのは、十分な利益を出せるラインとなっています。勝率55%、60%でも、収益が出る状態で勝率66.7%ですから、この手法は、バイナリーオプションのトレード手法の中でも、精度が高いトレード手法と言えます。

トレード機会が多い

1日で6回のトレード機会があるのは、バイナリーオプションの攻略必勝法の中でも、トレード機会の数が多い部類になります。トレード機会が多ければ多いほど、同じ勝率でも、儲けられる可能性が引きあがります。

エントリータイミングが明確

ローソク足の「始値」が「センターライン」の上にあるか?下にあるか?でエントリーするのですので、初心者がやっても、上級者がやっても、エントリーのポイントはズレません。

この攻略必勝法のデメリット

勝率は8割を切るので、トップクラスのトレード必勝法ではない

勝率は66.79%ですので十分な高勝率なのえすが、8割を超えるトレード必勝法もあるので、まだ研究の余地があります。今回は1分足をベースに検証をしているため、5分足よりも、勝率は下がっています。

エントリーを見送るときは必ず見送る必要がある

「センターライン」ギリギリで次のローソク足の始値がスタートするときがあります。心情としては、エントリーしたくなってしまうのですが、ここはぐっと我慢して、エントリーを見送る必要があります。

この攻略必勝法の活用法

我慢できるかが肝。場合によっては通貨ペアを増やす

1日6回のトレード機会とは言え、10時間以上張り付いて、6回のトレード機会だと、2時間に1回トレード機会があるペースです。

バイナリーオプションの投資家の方は、スピードくじのようにガンガンエントリーしてしまうのですが・・・それでは安定した勝率は望めません。

狙うタイミングが来るまでぐっと我慢することが重要になります。

teacher

どうしても、もっと早くエントリーしたいという場合は、別の通貨ペアも同時にチェックしておきましょう。

通貨ペアを増やすのであれば、勝率を下げずにトレード機会を増やすことができます。

他のテクニカル分析との併用も視野

勝率66.7%というのは、稼げるラインではあるものの、他のバイナリーオプション攻略必勝法と比較してしまうと、若干勝率が落ちる形です。

「押し目」「戻り」だと思ったら、そのままトレンドが反転するパターンが負けパターンです。

teacher
だとすれば、トレンドの反転を察知できるテクニカル分析を組み合わせて利用することで勝率を上げることができるはずです。
併用するテクニカル分析でトレンド反転の可能性があるときは、エントリーを見送り、勝率を上げ、トレード機会の減少は、複数の通貨ペアを同時にチェックすることで解消しましょう。

まとめ

バイナリーオプション攻略必勝法「ボリンジャーバンドとローソク足の「押し目買い・戻り売り」トレード」とは

「押し目」「戻り」を判断するためにボリンジャーバンドの「センターライン」を活用し、より勝率を上げるために、実勢レートが「センターライン」にタッチした次のローソク足の「始値」の位置を確認してから、エントリーする順張りトレードです。

  • 高い勝率
  • トレード機会が多い
  • エントリータイミングが明確

というメリットがあるため、初心者にもおすすめできるバイナリーオプション攻略必勝法となっています。

teacher
ただし、勝率は66.7%とそれほど目立って高いわけではありません。いろいろなテクニカル分析と併用しながら、カスタマイズして、勝率を上げることも可能です。伸びしろのあるバイナリーオプション攻略必勝法と言えます。