バイナリーオプション攻略必勝法「一目均衡表の3役一致トレード」/勝率68.8%

concierge

バイナリーオプションは、丁半博打やトランプのHIGH&LOWに例えられることも多いので「運」をベースにトレードをしてしまう方もいます。しかし、大数の法則があるので「運」だけでトレードしてしまうと回数を重ねれば重ねるほど勝率は50%に収斂してしまい、ペイアウト倍率の分だけ損をする計算になってしまいます。

バイナリーオプションはテクニカル分析のノウハウを持って、勝率を55%、60%と引き上げることで安定した利益を出すべきものなのです。バイナリーオプション攻略必勝法では、バイナリーオプションに適用できるテクニカル分析手法を解説します。

目次

前提の準備

トレードの考え方

バイナリーオプションは「1時間」のHighLowでトレード

concierge
理由

ペイアウト倍率が190%前後なので高還元率です。「30秒」「60秒」だとペイアウト倍率が160%~170%ぐらいになってしまうため、「1時間」で予想します。

「30秒」「60秒」という短いレートではテクニカル分析の予想の精度が悪くなってしまいます。MT4のチャート自体が一番短いもので「1分足」ですので、判定までの時間が短すぎると精度が悪化してしまいます。

MT4は「5分足」を見る

concierge
理由

1時間後の予想なので「5分足」のMT4を利用すれば、12本後のローソク足の位置を予想することになるので、わかりやすいため「5分足」を利用します。

「トレードを15分、MT4を1分足」にしても構いませんが、「1分足」のチャートはテクニカル分析のサインが明確にでないことも多いので「トレードを1時間、MT4を5分足」をおすすめします。

バイナリーオプション攻略必勝法「一目均衡表の3役一致トレード」の解説

一目均衡表とは?

株式評論家の細田悟一氏が「一目山人」という開発者の名前のときに編み出した日本発のテクニカル分析手法のことです。今では世界的に評価が高く、海外のトレードプラットフォーム「MT4」でも、当然のように標準搭載されています。

ベースにある考え方は「現在の為替レートは過去の時間に支配されている」というもので、過去の起こった値動きに影響されて、今の為替レートの値動きが決まってくるという考え方です。それをテクニック分析のチャートとして、時間軸を過去や未来に動かして「今後の為替レートがどうなるのか?」を予想するのです。

「基準線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」の5本の線によって作られた線がワンセットとなったテクニカル分析です。

  • 転換線:過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 基準線:過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 遅行スパン:終値を26日過去にずらした線
  • 先行スパン1:当日の転換線と基準線の中間値を26日未来にずらしたもの
  • 先行スパン2:過去52日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらしたもの
  • 雲:先行スパン1と先行スパン2に囲まれる部分を「雲」と言う

テクニック分析のラインも

  • 「転換線(水色)」「基準線(黒)」:実勢レートと同タイミングで表示される
  • 「遅行スパン(青色)」:実勢レートから遅れて表示される
  • 先行スパンに囲まれた「雲(水色・ピンク)」:実勢レートより先に表示される

と時間軸がずれて表示される珍しいテクニック分析なのです。

「一目均衡表」をMT4に表示させる方法

左下の「ナビゲーターウィンドウ」から「Ichimoku Kinko Hyo」を選択して、ドラッグして表示したいチャートに持っていきます。

「パラメーター」を

転換線:9
基準線:26
先行スパンB:52

に設定します。デフォルト設定のままです。

「色の設定」を

転換線(9):水色
基準線(26):黒
遅行スパン:青点線
先行スパン(52)
雲(上昇):ピンク
雲(下降):水色

に設定します。

これで一目均衡表がチャート上に表示されます。

「一目均衡表の3役一致トレード」のエントリータイミング

今回のトレード手法で利用するのは

  1. 「転換線」
  2. 「基準線」
  3. 「遅行スパン」

の3つの指標です。これを「一目均衡表の3役」と言います。

エントリーするタイミングは

「転換線」「基準線」「遅行スパン」の3つの向きが揃って上か下を向いたとき

です。

  1. 「転換線」:上昇方向へ傾き
  2. 「基準線」:上昇方向へ傾き
  3. 「遅行スパン」:上昇方向へ傾き

上昇トレンドの発生 → 「HIGH」でエントリー

  1. 「転換線」:下降方向へ傾き
  2. 「基準線」:下降方向へ傾き
  3. 「遅行スパン」:下降方向へ傾き

下降トレンドの発生 → 「LOW」でエントリー

と非常にエントリーのタイミングはわかりやすいトレード手法となっています。

なぜ、「一目均衡表の3役」の向きが揃うとトレンド発生するのか?

もう一度、線の意味をおさらいすると

  • 転換線:過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 基準線:過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値
  • 遅行スパン:終値を26日過去にずらした線
「転換線」も「基準線」も「移動平均線」と同じものです。過去○○日分のローソク足の中間値をラインとして表示しているものですので「ラインが上向く」ということは、「中間値の価格が徐々に上がっていっていること」を意味しているのです。
  • 26日分の中間値「基準線」の価格は上がりにくく → 上昇方向に傾く:強いトレンド
  • 9日分の中間値「転換線」の価格は上がりやすい

という特徴がありますが、両方が上昇方向に傾き始めると、上昇トレンドが形成される可能性が高いことを意味します。

「遅行スパン」は「実勢レートを後ろに26日分ずらしたもの」です。「えっ、そんな単純な線なの?」と思う方も多いのですが、プロの投資家でも「遅行スパン」を採用している投資家は多く、かなり実勢レートの判断に影響するテクニック分析指標として評価されています。

「遅行スパン」が上昇方向に傾く = 「実勢レート」が上昇方向に傾く

と同じことです。過去にずらしただけなので当然です。

  • 実勢レートも上昇方向に向き始めた
  • 過去9日分の中間値も上昇方向に向き始めた
  • 過去26日分の中間値も上昇方向に向き始めた

→ もうこれは「上昇トレンド」ができはじめていると判断できる

というトレード手法なのです。

concierge
バイナリーオプションですから、この「トレンドが形成されたタイミングで、トレンドが伸びる方向にエントリーをすれば勝率が高くなる」のです。

バイナリーオプション攻略必勝法「一目均衡表の3役一致トレード」の手順

手順その1.「トレンドの発生を見極める」

前述した通りで

  1. 「転換線」:上昇方向へ傾き
  2. 「基準線」:上昇方向へ傾き
  3. 「遅行スパン」:上昇方向へ傾き

上昇トレンドの発生

  1. 「転換線」:下降方向へ傾き
  2. 「基準線」:下降方向へ傾き
  3. 「遅行スパン」:下降方向へ傾き

下降トレンドの発生

です。

遅行スパンは後ろにある青色の点線ですので、見る場所を間違えないように注意が必要です。

  • 3つの線の向きが絡まっている場合
  • 3つの線が同じ向きでもほぼ平の場合

はトレンドが発生していません。エントリーは見送ります。

手順その2.「トレンド発生を確認したら、順張り方向にエントリー」

  1. 「転換線」:上昇方向へ傾き
  2. 「基準線」:上昇方向へ傾き
  3. 「遅行スパン」:上昇方向へ傾き

上昇トレンドの発生 → 「HIGH」でエントリー

  1. 「転換線」:下降方向へ傾き
  2. 「基準線」:下降方向へ傾き
  3. 「遅行スパン」:下降方向へ傾き

下降トレンドの発生 → 「LOW」でエントリー

バイナリーオプション攻略必勝法「一目均衡表の3役一致トレード」の注意点

一目均衡表の3役はガタガタなので「移動平均線」よりも判断はしにくい

  • 「移動平均線」は、過去○○日の平均値を取得して表示させるライン
  • 「転換線」「基準線」は、過去○○日の中間値を取得して表示させるライン

中間値というのは、高値と安値の中間ですので、為替レートが急上昇したときには、階段のようにガタっと為替レートが動きます。

平均値であれば、過去○○日分の平均を取るので、なだらかな曲線になるのです。

  • 赤:移動平均線
  • 青:基準線
「上昇方向へ傾いた。」という判断は、滑らかな曲線になる移動平均線よりも、ガタガタになる「転換線」「基準線」の方が難しいことになります。
concierge
これはトレードを繰り返すことで、身につけていくしかありません。急な角度で「転換線」「基準線」しはじめたら、一時的に平らに戻っても、上昇方向に傾いたと判断して構いません。

バイナリーオプション攻略必勝法「一目均衡表の3役一致トレード」の検証テスト

MT4/チャート/テクニカル分析の設定

  • 一目均衡表:(設定:転換線9、基準線26、先行スパンB52)
  • 5分足
  • 米ドル/円

トレードルール

  • 「転換線」「基準線」「遅行スパン」が3つ揃って上昇方向へ傾いたら「HIGH」でエントリー
  • 「転換線」「基準線」「遅行スパン」が3つ揃って下降方向へ傾いたら「LOW」でエントリー

検証期間

2017年7月17日~2017年7月21日

2017年7月17日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

2017年7月18日

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

2017年7月19日

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

2017年7月20日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

2017年7月21日

購入の方向「HIGH」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

-5,000円損失

購入の方向「LOW」
購入額:5000円
ペイアウト倍率:189%

+4,450円儲け

検証結果

トレード回数:16回
勝敗:11勝5敗
勝率:68.8%
損益:+23,950円
1回のトレード損益:+1,497円

手法回数エントリー方向勝敗購入額ペイアウト倍率損益
一目均衡表3役順張り1回目HIGH5,000円189%-5,000円
一目均衡表3役順張り2回目LOW5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り3回目LOW5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り4回目LOW5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り5回目HIGH5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り6回目LOW5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り7回目LOW5,000円189%-5,000円
一目均衡表3役順張り8回目HIGH5,000円189%-5,000円
一目均衡表3役順張り9回目LOW5,000円189%-5,000円
一目均衡表3役順張り10回目LOW5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り11回目HIGH5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り12回目HIGH5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り13回目LOW5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り14回目HIGH5,000円189%+4,450円
一目均衡表3役順張り15回目HIGH5,000円189%-5,000円
一目均衡表3役順張り16回目LOW5,000円189%+4,450円

バイナリーオプション攻略必勝法「一目均衡表の3役一致トレード」の検証レポート

考察

勝率68.8%は十分に高い勝率と言っていいでしょう。平均勝率が60%を超えれば、バイナリーオプションで資産を増やし続けることが可能ですので、十分にバイナリーオプションの攻略法として成立しています。

この攻略必勝法のメリット

比較的エントリータイミングが明確

3つのテクニック分析のラインが同じ方向を向いたときに、その方向でエントリーすれば良いので、比較的エントリータイミングは明確です。ただし、「基準線」「転換線」ともに中間値を結んだ線なので、ガタガタしたラインになるので、移動平均線よりは判断が難しく、人によってエントリータイミングがずれる可能性があります。

エントリータイミングが比較的多い

今回は1週間、平日5日の検証で16回のトレード機会ですので、1日3回~4回のトレードチャンスがあります。バイナリーオプションでは、すぐにトレードしたいギャンブル的な発想の人もいますが、確実性を高めるトレードチャンスとしては十分に機会が多いトレード手法なのです。

この攻略必勝法のデメリット

傾きが移動平均線よりも判断しにくい

「移動平均線」は滑らかな曲線ですが、「基準線」「転換線」はガタガタした線です。「傾いた」という判断が難しいデメリットがあります。

この攻略必勝法の活用法

下降トレンドの「LOW」だけの方が勝率は高くなる!?

全体の勝率を見てみると

  • トレード回数:16回
  • 勝敗:11勝5敗
  • 勝率:68.8%
  • 損益:+23,950円
  • 1回のトレード損益:+1,497円

「HIGH」だけの勝率を見てみると

  • 4勝3敗
  • 勝率:57.1%
  • 損益:+2,800円

「LOW」だけの勝率を見てみると

  • 7勝2敗
  • 勝率:77.8%
  • 損益:+21,150円
今回は、たまたまかも知れませんが、下降トレンドの方が勝率が高く、損益のほとんども「LOW」で稼いでいることになります。この手法を試してみて、勝率が安定しないようであれば、「LOW」だけに限定するということも一つの方法と言えます。

まとめ

バイナリーオプション攻略必勝法「一目均衡表の3役一致トレード」とは

一目均衡表の「転換線」「基準線」「遅行スパン」でトレンドの発生を見極めて

  • 「転換線」「基準線」「遅行スパン」が3つ揃って上昇方向へ傾いたら「HIGH」でエントリー
  • 「転換線」「基準線」「遅行スパン」が3つ揃って下降方向へ傾いたら「LOW」でエントリー

という明確なトレード手法です。

concierge
比較的わかりやすいトレード手法でありながらも、高い勝率が期待できます。また、トレード機会も多いので、十分にメインのトレード手法として活用できるものです。

バイナリーオプションの勝率を上げられる有効な攻略必勝法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です