バイナリーオプションのスプレッドとは?スプレッド取引でおすすめのバイナリーオプション業者

man
「バイナリーオプションでのスプレッドって何?」
「バイナリーオプションのスプレッド取引って何?」
「スプレッド取引でおすすめのバイナリーオプション業者は?」

今回は、バイナリーオプションにおけるスプレッドに関して解説します。「バイナリーオプションは、スプレッドがないのでは?」と勘違いしている方も多いのですが、基本的にバイナリーオプションにもスプレッドが存在します。しかし、スプレッド取引というものもあるため、言葉の意味が重複してしまい、わかりにくくなっているのです、。今回は、バイナリーオプションのスプレッドとは、スプレッド取引でおすすめのバイナリーオプション業者について解説します。

バイナリーオプションのスプレッドとは?

バイナリーオプションのスプレッドとは?

スプレッドとは?

スプレッドは「買値(ASK」と「売値(BID)」の価格差のこと

を言います。

FXトレードをした経験のある投資家であれば、すごく身近なものですが、この価格差がFX業者の収益となります。

バイナリーオプションのスプレッド

バイナリーオプションのスプレッド

国内バイナリーオプション業者のスプレッド

国内バイナリーオプション業者では

ラダーオプション

を採用しています。

  • ペイアウト倍率が1,000円に固定
  • 2時間おきの判定時刻

という特徴があるラダーオプションですが

  • 途中で売却できる(途中決済・転売)

というメリットもあります。

この(途中決済・転売)の際に「買値(ASK」と「売値(BID)」の価格差が確認できるようになり、この価格差のことをスプレッドと言うことになります。

国内バイナリーオプション業者のスプレッド = 途中決済・転売時の「買値(ASK」と「売値(BID)」の価格差のこと

なのです。

GMOクリック証券の場合
GMOクリック証券の場合
  • 購入:381円
  • 売却:441円

差:60円(スプレッド)

平均的に50円~100円のスプレッドが発生します。

「途中で決済(転売)しても良いけど、その場合は、国内バイナリーオプション業者にはスプレッドが発生しますよ。」

ということを意味しています。

一般的には

  • 途中決済・転売時のスプレッドが狭い → 判定時刻でのスプレッドが狭い
  • 途中決済・転売時のスプレッドが広い → 判定時刻でのスプレッドが広い

ことになるため、

途中決済・転売時のスプレッドが狭い国内バイナリーオプション業者ほど、有利な条件で判定時刻に決済できる

ということになるのです。

国内バイナリーオプション業者を比較検討する際には「スプレッドの狭さ」を重視する必要があるのです。

スプレッドの狭いおすすめ国内バイナリーオプション業者

人気ランキングバイナリーオプション名ペイアウト金額最低購入単位ラダーオプションラダーオプションコース数スプレッドペイアウト額に対する割合取引ツール
1位外為オプション/GMOクリック証券
外為オプション/GMOクリック証券
1枚につき1,000円1枚50円~999円7コース60円6.0%-
2位FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパン
FXTFバイナリー・トレード(バイトレ)/ゴールデンウェイ・ジャパン
1枚につき1,000円/1枚につき10,000円1枚50円~999円/1枚500円~9,990円7コース100円10.0%別画面で過去の近似チャートからの未来予測
同画面でテクニカル分析指標24個表示可能
3位LION BO/ヒロセ通商
LION BO/ヒロセ通商
1枚につき1,000円1ロット(1円~1,000円)7コース50円5.0%同画面でテクニカル分析指標6個表示可能
4位オプトレ!/YJFX!
オプトレ!/YJFX!
1枚につき1,000円1枚10円~999円6コース80円8.0%-
5位みんなのオプション/トレイダーズ証券
みんなのオプション/トレイダーズ証券
1枚につき1,000円1枚50円~999円5コース120円12.0%-

海外バイナリーオプション業者のスプレッド

海外バイナリーオプションの場合は

2つの意味で「スプレッド」という言葉が使われます。

スプレッド =「海外バイナリーオプション業者の配信レートのずれ」

一つ目は「海外バイナリーオプション業者の配信レートのずれ」を「スプレッド」と呼ぶことがあります。

スプレッドは「価格差」を意味する言葉ですので、配信レートのズレも「スプレッド」と呼ぶことになります。

ハイローオーストラリアを見てみると

HighLow:15分:米ドル/円

ハイローオーストラリアを見てみると
  • 左下の現在価格レート:109.943円

3つの表示価格が

  • 左端し:109.943円
  • 真ん中:109.945円
  • 右端し:109.947円

と、同じ通貨ペアで同じタイミングなのに、配信レートがずれてしまう現象が起こるのです。

この現象は、急激な為替変動があるとき、多くの方がエントリーするなど、取引サーバーに負荷がかかる状態で「配信レートのズレ」が発生してしまうのです。

所在地マーシャル諸島共和国
認可マーシャル諸島共和国規制
(元:オーストラリア金融ライセンス、ASIC(AFSL364264))
信託保全・分別管理信託保全
ナショナルオーストラリア銀行
最低ペイアウト倍率1.88 倍
最高ペイアウト倍率2.20 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)
悪意のある海外バイナリーオプション業者では、「配信レートのズレ」の発生を意図的に行い、投資家の勝率を下げて、バイナリーオプション業者側の収益を拡大させるところもあると、言われています。これが本当に行われているのかどうか、に関しては、完全にブラックボックスですので、問い合わせても教えてくれませんし、わからないのです。
  • 配信レートが投資家にとって不利な方向にずれる = 勝率は下がる
  • 配信レートが投資家にとって有利な方向にずれる = 勝率は上がる

ことになります。

有利・不利、どちらの方向にもずれるのであれば、勝率に対する大きな影響はありませんが、不利な方向にしかずれないのであれば、勝率はおのずと下がってしまうのです。

配信レートが投資家にとって不利な方向にずれる = 勝率が下がる可能性が高い海外バイナリーオプション業者

と言えます。

teacher
「配信レートのずれ」という意味でのスプレッドは、目視で確認するしかなく、使ってみないことにはわかりません。「配信レートのずれ」が少ない海外バイナリーオプション業者を選ぶためには、多くの海外バイナリーオプション業者を少額で回しながら、試してみることが重要になります。

その中で、「配信レートのずれ」が少ない、信頼できると感じた海外バイナリーオプション業者に十分な資金を入れて、メイン口座としてトレードすれば良いのです。

スプレッド =「海外バイナリーオプション業者のスプレッド取引」

海外バイナリーオプション業者では「スプレッド取引」を採用している業者が少なくありません。

「スプレッド取引」とは?
あらかじめ目標レートに「勝ちにならない幅(スプレッド)」が設定されている取引方法のこと

を言います。

ハイローオーストラリアを見てみると

HighLow:1日:米ドル/円

ハイローオーストラリアを見てみると

ペイアウト倍率:1.90倍

107.212円で「HIGH」エントリーすれば、1日後の価格が

  • 107.213円以上 → 勝ち
  • 107.212円以下 → 負け

となっています。

同額の場合は、負けになります。

ハイローオーストラリアを見てみると

アットザマネー(買値=判定値)は購入額が戻ってきますか?

いいえ、アット・ザ・マネーで取引が終了した場合は、アウト・オブ・ザ・マネーと同様の処理となります。
投資金額は全額戻ってきません。

HighLowスプレッド:1日:米ドル/円

ハイローオーストラリアを見てみると
  • ペイアウト倍率:2.00倍

107.212円で「HIGH」エントリーすれば、1日後の価格が

  • 107.239円以上 → 勝ち
  • 107.238円以下 → 負け

となっています。

つまり、購入時点の価格が107.212円なのに、判定価格のレートは107.239円以上と、0.027円(2.7pips)上のレートにならないと勝ちにならない設定になっているのです。

107.212円で「LOW」エントリーすれば、1日後の価格が

  • 107.186円以上 → 負け
  • 107.185円以下 → 勝ち

となっています。こちらも、0.027円(2.7pips)下のレートにならないと勝ちにならない設定になっているのです。

購入レートと目標レートに差があるトレードのことを「スプレッド取引」と呼ぶのです。

「スプレッド取引」の方が勝ちにくいため、その分ペイアウト倍率が高く設定されているのです。

海外バイナリーオプション業者が意図して、購入レートと目標レートに差「スプレッド」を作っているため、利用するかどうかは、投資家次第となっています。

  • スプレッドがあるため、勝率が下がるがペイアウト倍率が高い「スプレッド取引」
  • スプレッドがないため、勝率は上がるがペイアウト倍率が低い「通常の取引」

どちらを採用するかは、投資家の投資スタイル次第となります。

スプレッドが狭く、ペイアウト倍率が高いおすすめ海外バイナリーオプション業者

スプレッド取引に関しては

  • 判定時刻までの時間が短ければ短いほど、スプレッドが狭い
  • 判定時刻までの時間が長ければ長いほど、スプレッドが広い
  • 海外バイナリーオプション業者によって、スプレッドの幅が異なる
  • スプレッド幅の広い海外バイナリーオプション業者の方がペイアウト倍率が高い

という違いがあります。

各、海外バイナリーオプション業者のスプレッド取引の「スプレッド幅」「ペイアウト倍率」を比較してみました。

ハイローオーストラリア/HighLow
ハイローオーストラリア/HighLow

商品名:HighLow スプレッド
ペイアウト倍率:2.00倍
通貨ペア:米ドル/円

15分:±0.1pips
1時間:±0.4pips
1日:±2.4pips

ハイローオーストラリア/HighLow

商品名:Turbo スプレッド
ペイアウト倍率:2.20倍
通貨ペア:米ドル/円

30秒:±0.1pips
1分:±0.1pips
3分:±0.2pips
5分:±0.3pips

所在地マーシャル諸島共和国
認可マーシャル諸島共和国規制
(元:オーストラリア金融ライセンス、ASIC(AFSL364264))
信託保全・分別管理信託保全
ナショナルオーストラリア銀行
最低ペイアウト倍率1.88 倍
最高ペイアウト倍率2.20 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)
ザオプション/the option
ザオプション/the option

商品名:スプレッドHIGH&LOW
ペイアウト倍率:2.00倍
通貨ペア:米ドル/円

5分:±0.3pips
10分:±0.3pips
15分:±0.3pips
1時間:±0.5pips

商品名:スプレッド短期
ペイアウト倍率:2.20倍
通貨ペア:米ドル/円

30秒:±0.1pips
1分:±0.2pips
2分:±0.3pips
3分:±0.4pips
5分:±0.5pips

所在地マーシャル諸島
認可法人登記、Finantsinspektsioon(エストニア金融監督庁)
信託保全・分別管理分別管理
最低ペイアウト倍率1.77 倍
最高ペイアウト倍率2.00 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン初回入金ボーナス最大40%
独自ツール高機能トレードプラットフォーム
・10以上のテクニカル分析指標
・複数チャート同時表示
・トレンドラインなどが引ける
ジェットオプション/J.E.T OPTION
ジェットオプション/J.E.T OPTION

商品名:SPREAD
ペイアウト倍率:2.50倍
通貨ペア:米ドル/円

30秒:±0.9pips
1分:±1.0pips
2分:±1.1pips

所在地-
認可-
信託保全・分別管理-
最低ペイアウト倍率1.72 倍
最高ペイアウト倍率2.06 倍
最低取引額100円
ボーナス/キャンペーン初回入金ボーナス30%~100%
独自ツール-
teacher

やはり、これを見てみると

「スプレッド幅が狭い(勝率が大きく下がらない)」かつ「ペイアウト倍率が高い」のは、ハイローオーストラリア/HighLowと考えて良いでしょう。

「スプレッド取引」であれば、ハイローオーストラリア/HighLowをおすすめします。

所在地マーシャル諸島共和国
認可マーシャル諸島共和国規制
(元:オーストラリア金融ライセンス、ASIC(AFSL364264))
信託保全・分別管理信託保全
ナショナルオーストラリア銀行
最低ペイアウト倍率1.88 倍
最高ペイアウト倍率2.20 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円