バイナリーオプションで生計は立てられるのか?生計を立てる方法

man
「バイナリーオプションだけで生計は立てられるのでしょうか?」
「バイナリーオプションだけで働かずに食べていけるのでしょうか?」

バイナリーオプションに興味がある方、バイナリーオプションを実際に運用している方は「バイナリーオプションだけで食べていけるのか?」は、非常に興味がある部分かと思います。この疑問に回答します。

バイナリーオプションで生計は立てられるのか?

バイナリーオプションで生計は立てられるのか?
勝率が60%を超えられれば、生計は立てられます。

筆者がおすすめしているのは、MT4などのトレードツールを使って、テクニカル分析手法を利用して稼ぐ手法ですので、数分で何回もトレードすることは現実的ではありません。

バイナリーオプション攻略必勝法検証ブログ

concierge

はじめは、本業がある状態からのスタートになるので、多くても1日でトレードできる回数は5回程度です。1カ月(20営業日)で月100回のトレードを目安として考えます。

月100回のトレードで、どうやって生計が立てられる段階に行くのか?シミュレーションしてみます。

バイナリーオプションで生計を立てる試算

バイナリーオプションで生計を立てる試算

想定条件

  • ペイアウト倍率:180%
  • 海外バイナリーオプション業者
  • 月収:20万円
  • 月のバイナリーオプション予算:5万円
  • 勝率:60%
  • 1日:5回のトレード機会
  • 1カ月:100回のトレード機会

の場合

月の予算が5万円であれば、20連敗することは考えにくい(確率で言えば100万分の1回)ですので、20分の1の1回2,500円でトレードすることが可能です。

運でスピードくじのようにトレードするのではなく、テクニカル分析を駆使して、狙ったタイミングでのみトレードをすることを想定しています。

1カ月目

勝率60%ですから

100回トレードすると60勝40敗です。

  • 儲け:勝ち回数:60回 × 購入額:2,500円/1回 × 80% =  120,000円
  • 損失:負け回数:40回 × 購入額:2,500円/1回 =  100,000円

+20,000円

この2万円を次月の予算に載せるとなると

次月の予算 = 5万円(前月の残予算) + 2万円(前月の儲け) + 5万円(今月の予算) = 12万円

になるので

2カ月目

1回の取引金額は、6,000円に引き上げることができます。

100回トレードすると60勝40敗です。

  • 儲け:勝ち回数:60回 × 購入額:6,000円/1回 × 80% =  288,000円
  • 損失:負け回数:40回 × 購入額:6,000円/1回 =  240,000円

+48,000円

この4.8万円を次月の予算に載せるとなると

次月の予算 = 12万円(前月の残予算) + 4.8万円(前月の儲け) + 5万円(今月の予算) = 21.8万円

3カ月目

1回の取引金額は、10,900円に引き上げることができます。

100回トレードすると60勝40敗です。

  • 儲け:勝ち回数:60回 × 購入額:10,900円/1回 × 80% =  523,200円
  • 損失:負け回数:40回 × 購入額:10,900円/1回 =  436,000円

+87,200円

同じパターンの予算検証

月数 毎月の予算 前月の残予算 前月の儲け 予算合計 勝率 ペイアウト倍率 1回購入金額 今月の儲け 今月の損失 今月の損益
1カ月目 50,000 0 0 50,000 60% 180% 2,500 120,000 100,000 20,000
2カ月目 50,000 50,000 20,000 120,000 60% 180% 6,000 288,000 240,000 48,000
3カ月目 50,000 120,000 48,000 218,000 60% 180% 10,900 523,200 436,000 87,200
4カ月目 50,000 218,000 87,200 355,200 60% 180% 17,760 852,480 710,400 142,080
5カ月目 50,000 355,200 142,080 547,280 60% 180% 27,364 1,313,472 1,094,560 218,912
6カ月目 50,000 547,280 218,912 816,192 60% 180% 40,810 1,958,861 1,632,384 326,477
7カ月目 50,000 816,192 326,477 1,192,669 60% 180% 59,633 2,862,405 2,385,338 477,068
8カ月目 50,000 1,192,669 477,068 1,719,736 60% 180% 85,987 4,127,367 3,439,473 687,895
9カ月目 50,000 1,719,736 687,895 2,457,631 60% 180% 122,882 5,898,314 4,915,262 983,052
10カ月目 50,000 2,457,631 983,052 3,490,683 60% 180% 174,534 8,377,640 6,981,366 1,396,273
11カ月目 50,000 3,490,683 1,396,273 4,936,956 60% 180% 246,848 11,848,696 9,873,913 1,974,783
12カ月目 50,000 4,936,956 1,974,783 6,961,739 60% 180% 348,087 16,708,174 13,923,478 2,784,696

つまり、勝率60%さえキープすれば

5カ月目の儲けは21万8912円で本業を超える
12カ月目の儲けは278万4696円ですので、本業を辞めても、暮らしていけるレベルになる

のです。

現実的には、1回の購入額を10万円を上限にしているバイナリーオプション業者もあるので、10万円で成長は止まります。

100回トレードすると60勝40敗です。

  • 儲け:勝ち回数:60回 × 購入額:100,000円/1回 × 80% =  4,800,000円
  • 損失:負け回数:40回 × 購入額:100,000円/1回 =  4,000,000円

+800,000円

月80万円の収入になるので、この時点で十二分に生計が立てられるということになります。

ここで、本業を辞めれば

今までのトレード機会

  • 1日:5回のトレード機会
  • 1カ月:100回のトレード機会

は4倍ぐらいには増やすことができるので

  • 1日:20回のトレード機会
  • 1カ月:400回のトレード機会

「+800,000円」 → 「+3,200,000円」

ラインまで見えてくるのです。

concierge
バイナリーオプションで生計を立てているいわゆるプロの方も、月200万円~300万円を稼いでいる方が多いのですが、このぐらいが限界ラインとなります。

これって「絵に描いた餅」じゃないの?

これって「絵に描いた餅」じゃないの?
concierge
そんなことはありません。

運だけでトレードすれば、必ずトレード回数を重ねるごとにバイナリーオプションの勝率は50%に近づいてきます。

勝ち負けが5分5分だったら、ペイアウト倍率が180%ですので、20%分がバイナリーオプション業者の取り分になってしまうので、必ず損をしてしまいます。

この勝率50%、なんとか10%勝率を引き上げることができれば、バイナリーオプションだけで生計を立てることも現実になってくるのです。

勝率60%を超えるためには

テクニカル分析

が必須条件だと筆者は考えます。

バイナリーオプション攻略必勝法検証ブログ

concierge

バイナリーオプションが、サイコロやトランプの柄を当てるゲームだったら、正直お手上げですが・・・

為替相場というのは、色々な投資家、実需筋の「思惑」が絡んだ取引の結果であり、人間が行っている以上、パターンが決まってくるのです。

チャートのパターンを分析する方法が「テクニカル分析」ですので、テクニカル分析を極めれば、勝率100%は無理でも、50%よりも、ちょっと高い60%というのは、決して難しいものではないのです。

安定した勝率60%の方法を見出すこと

バイナリーオプションで生計を立てること

の最短ルートと言っていいでしょう。

バイナリーオプションで生計を立てる方法

バイナリーオプションで生計を立てる方法

手順その1.少額の購入額で「安定した勝率60%の方法を見出すこと」が最優先

まずは、

安定した勝率60%の方法を見出すこと

が最優先です。

安定した勝率60%の方法を見出すことができなければ、本当に上記の試算は「絵に描いた餅」になってしまいます。

まずは、5万円の予算があるのであれば、最低金額(100円~1,000円)で、色々なバイナリーオプション攻略法を試して「安定した勝率60%の方法を見出すこと」だけに力を注ぎましょう。

バイナリーオプション攻略必勝法検証ブログ

この期間中は「稼ぐこと」は二の次です。

  • 色々なテクニカル分析手法を試す
  • バイナリーオプショントレードの記録を残す
  • 上手くいった部分を採用して、トレード手法を改善する
    ・・・

この「PDCA」の繰り返しです。

PDCAとは

Plan(計画) → Do(実行) → Check(検証) → Acrion(改善)

ビジネスで使われる考え方です。

予算いっぱいまで、最低購入額で試行回数を増やすこと

を重視しましょう。

concierge

これを繰り返し実行していく中で

安定した勝率60%の方法

が発見できれば、次の段階に進むことができます。

手順その2.1カ月「100戦:60勝40敗」を目指す

man
「安定した勝率60%の方法」を見つけた。

と思っても、たまたまその時だけ上手くいったのかもしれません。

「安定した勝率60%の方法」を見つけた。次の月は

100戦:60勝40敗

を目指して、その方法のみでトレードをします。

concierge
60勝を超えられなければ、「手順その1」に戻ります。

手順その3.予算を増やして運用するのみ

1カ月「100戦:60勝40敗」が実現できれば

後は、前述した通りに、運用していくだけです。

  • 1回の購入額 = 月予算の20分の1(最大10万円が上限)
  • 月100回のトレード
  • 今月の予算 = 前月の残予算 + 前月の儲け + 今月の当初予算

これを12カ月継続できれば

12カ月目には80万円の利益が出るようになっています。

バイナリーオプションで生計を立てる方法で注意すべきこと

バイナリーオプションで生計を立てる方法で注意すべきこと

トレード手法は「明確なルール」を設定できるものに限定する

「こうなったら、エントリーする」

という方法論が明確でない、例えば解釈によってエントリータイミングがずれてしまうような手法の場合は、日によって勝率がぶれてしまいます。

再現性がなければ、安定した勝率60%は無理なのです。

「チャートがこんな感じになったら、エントリー」

というあやふやなものではダメなのです。

「チャートの移動平均線3本が同じ傾きになり、その上でボリンジャーバンドの+3σにタッチしたときにLOWでエントリーする。」

というように

「誰がトレードしても、そのルールなら、同じタイミングでエントリーする」

という明確なトレード手法でないと、100回、200回、再現できないのです。

心理的なプレッシャーに打ち勝つ必要がある!

man
はじめの購入額1,000円のときはうまくいったのに
予算が増えていって、購入額が20,000円を超えたあたりから、上手くいかなくなった。

ということも、往々にしてあります。

金額が増えると、心理的なプレッシャーがかかり、見出したルール通りにトレードできない

ということが、投資の世界では多々あるのです。

ある意味、「ゲーム」をしている感覚で、「お金」という感覚を捨てて、「ルールを忠実に実行すること」にだけ焦点を当てて、トレードをすると良いでしょう。

「お金」という意識が頭にちらつくと、トレード手法が正しくても、上手くいかなくなってしまうのです。

勝率55%ではダメなの?

結論から言えば、ペイアウト倍率に左右されます。

ペイアウト倍率:180%、勝率:55%

月数 毎月の予算 前月の残予算 前月の儲け 予算合計 勝率 ペイアウト倍率 1回購入金額 今月の儲け 今月の損失 今月の損益
1カ月目 50,000 0 0 50,000 55% 180% 2,500 110,000 112,500 -2,500
2カ月目 50,000 50,000 -2,500 97,500 55% 180% 4,875 214,500 219,375 -4,875
3カ月目 50,000 97,500 -4,875 142,625 55% 180% 7,131 313,775 320,906 -7,131
4カ月目 50,000 142,625 -7,131 185,494 55% 180% 9,275 408,086 417,361 -9,275
5カ月目 50,000 185,494 -9,275 226,219 55% 180% 11,311 497,682 508,993 -11,311
6カ月目 50,000 226,219 -11,311 264,908 55% 180% 13,245 582,798 596,043 -13,245
7カ月目 50,000 264,908 -13,245 301,663 55% 180% 15,083 663,658 678,741 -15,083
8カ月目 50,000 301,663 -15,083 336,580 55% 180% 16,829 740,475 757,304 -16,829
9カ月目 50,000 336,580 -16,829 369,751 55% 180% 18,488 813,451 831,939 -18,488
10カ月目 50,000 369,751 -18,488 401,263 55% 180% 20,063 882,779 902,842 -20,063
11カ月目 50,000 401,263 -20,063 431,200 55% 180% 21,560 948,640 970,200 -21,560
12カ月目 50,000 431,200 -21,560 459,640 55% 180% 22,982 1,011,208 1,034,190 -22,982
1カ月目の利益がでないので、延々予算が増えず、毎月数万円負けることになってしまいます。

ペイアウト倍率:190%、勝率:55%

月数 毎月の予算 前月の残予算 前月の儲け 予算合計 勝率 ペイアウト倍率 1回購入金額 今月の儲け 今月の損失 今月の損益
1カ月目 50,000 0 0 50,000 55% 190% 2,500 123,750 112,500 11,250
2カ月目 50,000 50,000 11,250 111,250 55% 190% 5,563 275,344 250,313 25,031
3カ月目 50,000 111,250 25,031 186,281 55% 190% 9,314 461,046 419,133 41,913
4カ月目 50,000 186,281 41,913 278,195 55% 190% 13,910 688,531 625,938 62,594
5カ月目 50,000 278,195 62,594 390,788 55% 190% 19,539 967,201 879,274 87,927
6カ月目 50,000 390,788 87,927 528,716 55% 190% 26,436 1,308,571 1,189,610 118,961
7カ月目 50,000 528,716 118,961 697,677 55% 190% 34,884 1,726,750 1,569,773 156,977
8カ月目 50,000 697,677 156,977 904,654 55% 190% 45,233 2,239,019 2,035,471 203,547
9カ月目 50,000 904,654 203,547 1,158,201 55% 190% 57,910 2,866,548 2,605,952 260,595
10カ月目 50,000 1,158,201 260,595 1,468,796 55% 190% 73,440 3,635,271 3,304,792 330,479
11カ月目 50,000 1,468,796 330,479 1,849,276 55% 190% 92,464 4,576,957 4,160,870 416,087
12カ月目 50,000 1,849,276 416,087 2,315,362 55% 190% 115,768 5,730,522 5,209,566 520,957
ペイアウト倍率が190%であれば、勝率55%でも、徐々に投資予算が増えていき、儲けることが可能になっていきます。

これは、バイナリーオプション業者を比較するときにに「ペイアウト倍率がどれだけ重要なのか?」を示しています。

ペイアウト倍率が高いバイナリーオプション業者を選ぶことができれば、課される勝率のハードルを下げることができるのです。

まとめ

バイナリーオプションで生計を立てることは可能か?

可能です。

  • ペイアウト倍率:180% → 勝率:60%
  • ペイアウト倍率:190% → 勝率:55%

であれば、予算に対して儲けが出てくるため、その儲けを次月の予算に回して、購入単価を徐々に引き延ばしていけば、12カ月ぐらいの期間があれば、月80万円という利益を出すことが可能になります。

この時点で、本業を辞めて、バイナリーオプションのみに集中すれば、取引機会が4倍~5倍になるので、何百万という金額を毎月稼ぐことも可能になるのです。

バイナリーオプションで生計を立てるために必要な唯一のことは

安定して勝率60%を超える方法を見つけること

です。

concierge

そのためには、運やノリでトレードをしてはダメで、明確な傾向をつかむ、「テクニカル分析」を駆使してトレードをすべきなのです。

同時に、バイナリーオプションを比較する際は、ペイアウト倍率の高いバイナリーオプション業者を選べば、その分、勝率のハードルは下がることを覚えておきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円