投資初心者にFXとバイナリーオプションはどっちがおすすめ?どっちが儲かる?プロが徹底比較します。

man
「FXとバイナリーオプションって何が違うの?」
「私にはFXとバイナリーオプションのどちらがおすすめなの?」
「FXとバイナリーオプションのどちらが儲かるの?」

投資初心者のよくある質問が「FXとバイナリーオプションはどっちがおすすめなのか?どっちが儲かるのか?どちらが簡単なのか?」です。今回はFXとバイナリーオプションの違いを徹底的に比較します。

FX、バイナリーオプションの仕組み解説

FX、バイナリーオプションの仕組み解説

FXトレードの仕組み

FXトレードの仕組み

FXとは

FX(Foreign Exchange)の正式名称は「外国為替証拠金取引」です。米ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を売買することで、その差益を目的とした投資のこと

を言います。

米ドル/円:1ドル=100円のときに

  • 1万ドル(100万円分)を購入 : 1万ドル × 100円 = 100万円

米ドル/円:1ドル=110円のときに売却したら

  • 1万ドル(100万円分)を売却 : 1万ドル × 110円 = 110万円

→ 差し引き 10万円の利益が出た。

teacher
これが基本的なFXトレードの仕組みと言えます。このトレードだけでは「外貨預金」と同じなのですが、これに「レバレッジ」が賭けられることがFXトレードの大きな特徴となっています。

FXトレードの特徴

レバレッジがかけられる

前述した例のように「外国為替(通貨)の売買をする」のがFXトレードですが、FXトレードの大きな特徴に「レバレッジが掛けられること」というのがあります。

レバレッジとは、自分のお金だけでトレードするのではなく、自分のお金にプラスαをFX業者から借りて、投資資金を倍増してトレードができる仕組みです。

本来、「米ドルを1万ドル(100万円分)購入したい。」という場合、1ドル=100円であれば自分で100万円用意しなければ購入することはできません。外貨預金がこれにあたります。

しかし、FXトレードでは、自分がFX会社に預け入れる証拠金が10分の1の10万円しかなくても、100万円分の取引ができるのです。

その代わりに、100万円の取引に対して、手持ち資金は10万円しかありませんので、損失が10万円になったら、取引が強制終了になり、ゲームオーバーとなる取引となっています。

レバレッジがかけられる

FXトレードは、自分が投資するお金(証拠金)の数倍、数十倍、数百倍の金額で取引できるため、投資資金が少なくても、億万長者になれる可能性があるのです。これがFXトレードの最大の魅力となっています。

自己資金が少額でも、数十倍、数百倍取引ができるからこそ、専業主婦でも数億円の収益を上げるFXトレーダーが誕生するのです。

ちなみに同じFXトレードでも、レバレッジの大きさは、国内業者と海外業者で差があります。

  • 国内FX業者のレバレッジ:最大25倍(※レバレッジ規制という法律があるため)
  • 海外FX業者のレバレッジ:200倍~3,000倍

国内FXの情報はこちら

海外FXの情報はこちら

自分のタイミングで24時間売買が可能

FXトレードというのは、通貨の売買ですから、世界中の為替市場で売買が行われています。

自分のタイミングで24時間売買が可能
そのため、月曜日の朝から土曜日の朝まで平日は24時間いつでも、売買が可能になるのです。

外国通貨を購入してから、1秒後に売却しても構いませんし
外国通貨を購入してから、5年後、10年後に売却しても構いません。

FXトレードでは、保有したポジションを決済するタイミングが自分で決められるのです。バイナリーオプションのように判定時刻(ジャッジされるタイミング)がはじめから決まっていないのです。

儲けは予想した方向に動いた為替レートの幅

1ドル=100円で1万ドル購入した場合

  • 1ドル=101円になったら →  100ドル分(1万円)の儲け
  • 1ドル=102円になったら →  200ドル分(2万円)の儲け
  • 1ドル=105円になったら →  500ドル分(5万円)の儲け
  • 1ドル=110円になったら → 1,000ドル分(10万円)の儲け
  • 1ドル= 99円になったら →  100ドル分(1万円)の損失
  • 1ドル= 98円になったら →  200ドル分(2万円)の損失
  • 1ドル= 95円になったら →  500ドル分(5万円)の損失
  • 1ドル= 90円になったら → 1,000ドル分(10万円)の損失
FXトレードでは「予想した方向にどのくらい為替レートが動いたか?」が損益と連動します。

FXトレードの基本的なルール

為替レートが今後上昇するのか?下降するのか?を予想して

  • 上昇すると判断した場合 → 「買い(ロング)」でエントリー
  • 下降すると判断した場合 → 「売り(ショート)」でエントリー

「予想した方向にどのくらい為替レートが動いたか?」によって損益が変わり、

  • 予想した方向に為替レートが動いてエグジットしたら → 「購入額 × 変動幅」の儲け
  • 予想した方向と逆方向に為替レートが動いてエグジットしたら → 「購入額 × 変動幅」の損失

となります。自己資金が少なくとも、レバレッジをかけることで購入額を増やすことができます。

市場が開いているときは(平日24時間)は、いつでも、好きなタイミングでエントリー(購入)、エグジット(売却)ができます。

FXトレードの取引方法のイメージ図

FXトレードの取引方法のイメージ図

FXトレードでの儲けで重要なのは

  • どのくらいの変動幅で予想を当てたのか?
  • どのくらいの金額の取引をしたのか?(レバレッジをかけていたのか?)

の2点です。

バイナリーオプションの仕組み

バイナリーオプションの仕組み

※バイナリーオプションには、海外バイナリーオプション業者が提供するバイナリーオプションと、国内バイナリーオプション業者が提供するバイナリーオプションで大きな違いがあります。

  • 海外バイナリーオプション → シンプルな2択で判定される仕組み
  • 国内バイナリーオプション → 複数の用意された判定レートを選択してトレードし、ペイアウト倍率が変動する仕組み

この記事では、世界標準のバイナリーオプションである「海外バイナリーオプション」をベースに解説します。

国内バイナリーオプション業者も、以前は海外バイナリーオプション業者と同じ仕組みでバイナリーオプションサービスを提供していたので、以前はわざわざ海外バイナリーオプション業者でトレードをする必要がなかったのですが、2013年8月に国内バイナリーオプション業者には「バイナリーオプション規制」を導入して、トレードのルールが大きく変わりました。以前のバイナリーオプションを利用したい場合は海外バイナリーオプション業者しか選択肢がなくなってしまったのです。

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションの違いはこちら

バイナリーオプションとは

判定時刻に現在レートから、上がったのか?下がったのか?を予想するシンプルな2択のトレードのこと

を言います。

バイナリーオプションの特徴

シンプルな2択

バイナリーオプションは、判定時刻に現在レートから上がったのか?下がったのか?(円安になるのか?円高になるのか?)を予想する2択のトレードです。

シンプルな2択

購入時刻(現在)から○秒後、○分後の判定時刻に今のレートよりも「上か?下か?」を予想し、

  • 予想が当たれば → 購入金額の1.6倍~2.3倍の払い戻し
  • 予想が外れれば → 購入金額は0円になる

仕組みです。

FXトレードとの大きな違いに

  • 儲けに予想を当てた「変動幅」が影響しない
  • 判定時刻はあらかじめ決まっている

という点が挙げられます。

FXとの大きな違いは、「予想を当てたときに、どれくらい変動したか?」に意味がないということです。

1ドル=100円のときに、ペイアウト倍率190%の業者で1万円で「HIGH」で購入したら

  • 1ドル=101円になったら →  9000円の儲け
  • 1ドル=102円になったら →  9000円の儲け
  • 1ドル=105円になったら →  9000円の儲け
  • 1ドル=110円になったら →  9000円の儲け
  • 1ドル= 99円になったら →  購入額10,000円の没収(損失)
  • 1ドル= 98円になったら →  購入額10,000円の没収(損失)
  • 1ドル= 95円になったら →  購入額10,000円の没収(損失)
  • 1ドル= 90円になったら →  購入額10,000円の没収(損失)

極端な話をすると

1ドル=100.000円が、1ドル=100.001円になっただけでも、ペイアウト倍率190%なら、購入額の1.9倍の払い戻しがあるのです。

判定時刻は最短30秒

判定時刻は最短30秒 判定時刻は最短30秒

バイナリーオプションの場合は判定時刻は

  • 30秒後
  • 60秒後
  • 2分後
  • 5分後
  • 10分後
  • 15分後
  • 30分後
  • 1時間後
  • 1日後
    ・・・

と、かなり短いタイミングでの判定時刻も選択できます。

concierge
たった、30秒後の値動きを予想するだけで、約2倍の払い戻しになるのです。スピードくじ感覚でバイナリーオプションをトレードする方が多いのは、判定時刻が短いからなのです。

バイナリーオプションの基本的なルール

○分後(○秒)の判定時刻に今の為替レートから「上がるのか?(UP)」「下がるのか?(DOWN)」を決めて購入する

  • 予想が当たれば → 購入金額の1.6倍~2.4倍の払い戻し
  • 予想が外れれば → 購入金額は0円になる

海外バイナリーオプション(バイナリーオプション規制前)の取引方法のイメージ図

海外バイナリーオプション(バイナリーオプション規制前)の取引方法のイメージ図

FXとバイナリーオプションの比較

FXとバイナリーオプションの比較
項目FXバイナリーオプション
(海外バイナリーオプション)
バイナリーオプション
(国内バイナリーオプション)
取引できるタイミング平日24時間平日1日最大12回まで
判定時刻までの時間いつでも最短30秒、60秒、2分、3分、5分、10分、15分、30分、1時間、1日2時間、3時間
ペイアウト倍率なし160%~230%1枚1,000円に固定
1~20倍
レバレッジあり。
国内:最大25倍
海外:200倍~3000倍
なしなし
儲ける方法為替レートがどちらに動くかを予想してエントリー(購入)
予想した方向の変動幅の大きいタイミングでエグジット(売却)
判定時刻に為替レートがその判定レートよりも、上か?下か?を予想して購入いくつかの判定レートを選択し、判定時刻に為替レートがその判定レートよりも、上か?下か?を予想して購入
儲けの決まり方エントリー額 × エグジット時点の変動幅判定時刻に予想が当たれば → 160%~230%の払い戻し判定時刻に予想が当たれば → 1,000円の払い戻し
損失の決まり方エントリー額 × エグジット時点の予想と逆方向の変動幅購入額の没収購入額の没収
払い戻しの変動幅の影響ありなしあり
通貨ペア20通貨ペア20通貨ペア5通貨ペア
最低購入額1,000通貨500円1枚50円~999円
儲けやすい相場トレンド相場レンジ相場トレンド相場
取引回数の制限なしなし1日最大12回まで

投資初心者にFXとバイナリーオプションは、どっちがおすすめ?

投資初心者にFXとバイナリーオプションは、どっちがおすすめ?

どちらが儲かりやすいのか?

FXトレードの投資家データ

フランス政府が、FX業者から個人投資家の取引データを回収して分析したデータ(N=14,799)
  • 調査期間 :2009年~2012年
  • 損失を出した人:13,224人
  • 損失額合計:2億2千万ドル
  • 利益を出した人 :1,575人
  • 利益額合計 :1,751万ドル
  • 全体に対して利益を出した人 の割合:10.6%
  • 全体に対して利益額の割合:7.3%
全体の1割しか利益を出していない
金融先物取引業協会のアンケートデータ(N=1,000)
利益の大きさ割合(%)
100万円以上7.50%
50万円~100万円7.10%
20万円~50万円10.10%
0円~20万円35.60%
△20万円~0円28.40%
△50万円~△20万円5.90%
△100万円~△50万円2.20%
100万円以上の損3.20%
全体の60.3%が利益を出している

どちらが信頼できるデータかというと、前者のフランス政府が公表したデータの方が信頼性が高いと考えます。

アンケート調査になってしまうと、回答する人がそもそも利益を出している人が多かったり、「損をしている」と回答しにくくてウソをついてしまったり、損失を出して大きく負けた人は、そもそもFXトレードを自体を辞めていて回答者に入らなかったり、するため、正確な数値が取れないからです。

総合的に考えれば「FXトレードで利益を出している方というのは、1割強しかいない。」と考えるべきです。

バイナリーオプションの投資家データ

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社「FXTF」顧客全体損益の開示情報
受取総額の割合損失発生口座の割合総取引数に対する損失取引数の割合
ラダー92.83%74.17%46.6%
レンジ92.49%64.12%53.8%
タッチ86.07%72.92%58.5%

一般的なラダーオプションの場合

  • 利益が発生した口座の割合:25.83%
  • 損失が発生した口座の割合:74.17%
  • 平均ペイアウト:92.83%
  • 取引に対する損失の割合:46.6%

となっています。

  • 利益を出している人は、25.8%と少ないものの、FXトレードよりは利益を出している人の割合が多い
  • 取引だけに着目すると、5割以上の方が利益を出している

ということがわかります。

teacher
勝率だけを見れば、バイナリーオプションの方がFXトレードよりも勝ちやすく、一回のトレードで見れば、5割以上の勝率があるため、投資家の初心者の方にはバイナリーオプションをおすすめします。

トレードの難易度の違い

FXトレードの払い戻しは「予想した方向にどのくらい為替レートが変動したか?」によって決まってきます。

  • 為替レートの変動幅が小さい → 儲けが小さい
  • 為替レートの変動幅が大きい → 儲けが大きい

これがバイナリーオプションとの大きな違いになってしまいます。

バイナリーオプションの場合は

  • 為替レートの変動幅が小さくても、大きくても → 儲けは変わらない ≒ 予想が当たりさえすれば良い

ということになります。

  • FX → 儲けは為替レートの変動幅に大きく影響される
  • バイナリーオプション → 儲けは為替レートの変動幅にまったく影響されない

これが最大の違いと言っても良いでしょう。

海外バイナリーオプションの場合は

1ドル=100.000円が30秒後に、1ドル=100.001円になっても、購入額の190%が払い戻されるのです。

為替レートの変動が少ない「レンジ相場」で稼ぎたいのであれば

  • バイナリーオプションがおすすめ

為替レートの変動が少ない「トレンド相場」で稼ぎたいのであれば

  • FXがおすすめ
  • バイナリーオプションがおすすめ

ということになります。

今のレートよりも、上がるか?下がるか?だけを予想するシンプルな2択のバイナリーオプションの方が、初心者投資家は予想がしやすいからおすすめなのです。

取引の自由度で比較する

取引の自由度という意味では

FX

  • 平日24時間取引可能
  • いつでもエントリー(購入)可能
  • いつでもエグジット(売却)可能

バイナリーオプション

  • 平日24時間取引可能(24時間対応でない業者もある)
  • いつでもエントリー(購入)可能
  • 判定時刻は最短30秒後
  • 取引回数の制限:なし

となっていて、

  • FX:自由度がとても高い
  • バイナリーオプション:自由度が高い

形となります。

取引の自由度を重視する方の場合

  • FXがおすすめ

となります。

損失の範囲で比較する

FXトレードの場合は、レバレッジを掛けてトレードすることができます。

FX会社の口座に入金した金額が1万円でも、国内FX業者であればレバレッジは最大25倍ですので、25万円分のトレードが可能になります。

1万円の入金しかしていないのに、25万円分の取引が可能になるのですから、25万円の取引の状態から、24万円に保有資産額が下がってしまったら、強制ロスカットと言って、そこでゲームオーバーになってしまいます。

しかし、為替レートの変動が激しい場合、強制ロスカットが間に合わず、証拠金の1万円以上の損失が出てしまうケースがあります。この場合、FX会社は投資家に「追証(おいしょう)」、「足らない分の損失を入金してください。」という請求をしてくるので、預け入れた証拠金以上に損失が出る可能性もあるのです。

バイナリーオプションの場合は、負けた場合の損失は「購入額の没収」のみです。

損失の範囲が限定されているのです。

損失を限定したい方の場合

  • バイナリーオプションがおすすめ

まとめ

投資初心者にFXとバイナリーオプションはどっちがおすすめですか?という質問に対しては

バイナリーオプションをおすすめします。

理由は

  • トレードがシンプルな2択で予想がしやすい
  • データから、FXトレードよりも、バイナリーオプションの方が利益を出している投資家が多い
  • 損失が入金した金額に限定されているため、投資資金以上の損失は発生しない

ことが挙げられます。

下記の初心者向けマニュアルを読めば、より勝てる可能性が高まります。

FXトレードの方が、自由度が高い分、高度な分析、投資スキルが必要になるのです。

teacher
また、前述したFXとバイナリーオプションの比較では、国内バイナリーオプションではなく、海外バイナリーオプションを基に解説しています。投資初心者におすすめできるのは「海外バイナリーオプション」なのです。海外バイナリーオプションを検討してみましょう。

投資初心者におすすめの海外バイナリーオプション業者は

所在地マーシャル諸島共和国
認可マーシャル諸島共和国規制
(元:オーストラリア金融ライセンス、ASIC(AFSL364264))
信託保全・分別管理信託保全
ナショナルオーストラリア銀行
最低ペイアウト倍率1.85 倍
最高ペイアウト倍率2.30 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円