バイナリーオプションのCFD取引(株価、金銀プラチナ、商品)のメリットデメリット。CFD取引ができる国内業者・海外業者比較

man
「バイナリーオプションで株価指数の取引ってできるの?」
「バイナリーオプションで金の取引ってできるの?」
「バイナリーオプションで石油の取引ってできるの?」

バイナリーオプションのトレード対象は、基本的には「為替(外国為替)」です。日本円、米ドル、ユーロなどの通貨で2者択一のトレードするのがバイナリーオプションですが、バイナリーオプション業者によっては「CFD」と呼ばれる、世界各国の「株価指数」「個別銘柄」「金」「原油」「商品」「債債」のバイナリーオプショントレードができるのです。今回は、バイナリーオプションのCFD取引ののメリットデメリット、CFD取引ができる国内業者・海外業者を紹介します。

バイナリーオプションのCFD取引とは?

バイナリーオプションのCFD取引とは?

CFD取引とは?

CFD取引とは、Contract For Differenceの略で直訳すれば「差金決済」となります。

差金決済取引とは

取引した商品の受渡しを行わずに、売買価格差等に相当する金銭の授受のみにより差金決済する取引のこと

を言います。

  • FXトレード → 「通貨」の差金決済取引
  • バイナリーオプション → 「通貨」の差金決済取引

なのです。

CFD取引の対象は、「通貨」だけではなく、様々なものが取引対象となります。

  • 株価指数(日経225、ダウ平均)
  • 外国株(アップル、アマゾン)
  • 債権(米国債)
  • 商品(金、銀、原油)
  • 仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム)

上記のようなものの価格が判定時刻に一定価格よりも、上に来るのか?下に来るのか?を当てるのがバイナリーオプションのCFD取引なのです。

CFD取引が利用できるバイナリーオプション業者

CFD取引が利用できるバイナリーオプション業者

CFD取引が利用できる国内バイナリーオプション業者

IG証券

口座開設スピード最短即日
口座開設費用無料
口座維持費無料
取引通貨ペア米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
株価指数
エネルギー
貴金属
ペイアウト金額1枚につき1,000円
ペイアウト倍率変動
ラダーオプション
実績年月商品オプションの種類総取引金額に対する総支払金額の割合取引口座に対する損失口座の割合
2020年8月為替ラダーオプション94.60%67.50%
2020年8月株価指数ラダーオプション95.30%69.60%
2020年8月商品ラダーオプション102.20%64.30%
利用できるCFD商品
利用できるCFD商品

株価指数

  • 日本225(日経平均)
  • ウォール街(ダウ平均)
  • FTSE100(英)、ドイツ30、フランス40、スペイン35
  • オーストラリア200
  • シンガポール優良株先物
  • 香港HS株価指数
  • インド50先物
  • 中国A50株価指数先物

商品

  • NY原油(WTI)先物
  • NY金先物
  • NY銀先物

GMOクリック証券

口座開設スピード最短即日
口座開設費用無料
口座維持費無料
取引通貨ペア米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
ペイアウト金額1枚につき1,000円
ペイアウト倍率1~20倍
ラダーオプション
実績年月商品オプションの種類総取引金額に対する総支払金額の割合取引口座に対する損失口座の割合
2020年8月為替ラダーオプション99.83%71.85%
利用できるCFD商品
利用できるCFD商品

株価指数

  • 日本225
  • 米国30

CFD取引が利用できる海外バイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア/HighLow

所在地セントビンセント及びグレナディーン諸島
認可セントビンセント及びグレナディーン諸島LLC
信託保全・分別管理-
最低ペイアウト倍率1.85 倍
最高ペイアウト倍率2.30 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)
利用できるCFD商品
利用できるCFD商品

商品指数

  • GOLD
  • USOIL
  • UKOIL

株価指数

  • AUS200
  • JPN225
  • HKG33
  • UK100
  • US30
  • NAS100
  • SPX500
  • CHN50

仮想通貨

  • BITCOIN (XBT/USD)
  • ETHERIUM
  • RIPPLE
  • LITECOIN

ザオプション/the option

所在地マーシャル諸島
認可法人登記、Finantsinspektsioon(エストニア金融監督庁)
信託保全・分別管理分別管理
最低ペイアウト倍率1.77 倍
最高ペイアウト倍率2.00 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン初回入金ボーナス最大40%
独自ツール高機能トレードプラットフォーム
・10以上のテクニカル分析指標
・複数チャート同時表示
・トレンドラインなどが引ける
利用できるCFD商品
利用できるCFD商品

商品

  • GOLD
  • SILVER

仮想通貨

  • BITCOIN

ファイブスターズマーケッツ/FIVE STARS MARKETS

所在地バヌアツ共和国
認可-
信託保全・分別管理-
最低ペイアウト倍率1.60 倍
最高ペイアウト倍率1.84 倍
最低取引額500円
ボーナス/キャンペーン投資額の最大2.0%キャッシュバック
月に3回以上 bitwalletで入金で5000円ボーナス(出金条件なし)
独自ツールテクニカル分析表示
オートチャーティスト利用
トレーダーセンチメント
ビデオチュートリアル
利用できるCFD商品
利用できるCFD商品 利用できるCFD商品 利用できるCFD商品 利用できるCFD商品

外国株

  • アリババ
  • Ebay
  • アップル
  • グーグル
  • Rio Tinto
  • アマゾン
  • Twitter
  • Facebook
  • マイクロソフト
  • SAP
  • Siemens
  • BMW
  • Volkswagen Vz
  • テスラ
  • Netflix

商品

  • 原油 先物

株価指数

  • DAX 30 先物
  • NASDAQ 100 先物
  • S&P 500 先物
  • ダウジョーンズ 先物

仮想通貨

  • ビットコイン
  • Ethereum
  • Ripple
  • Litecoin
  • BTC/EUR
  • ETH/BTC
  • ETH/EUR

バイナリーオプションのCFD取引(株価、金銀プラチナ、商品)のメリット

バイナリーオプションのCFD取引(株価、金銀プラチナ、商品)のメリット

メリットその1.予想がしやすい局面がある

例えば、日経225だとすれば

  • 日本経済に深刻な問題が発生すれば → 日経平均は落ちます。
  • 米国の株価が下がれば → 日経平均は落ちます。

このように短期的に、チャートだけで分析するテクニカル分析だけでなく、ファンダメンタルズ分析のようそも、商品によっては、組み込める分、勝率が高くなる可能性があります。

株式投資は、比較的アノマリー(法則・理論)も多く、短期売買のバイナリーオプションでも、活用できるものがあるのです。

月曜株安
  • 土日に悪材料が出ると、月曜日に株安になる(大きく下落する)アノマリー
TOM(月の変わり目)効果
  • Turn of the Month (= TOM) 、つまり、月の変わり目は、月末が株安、月初が株高になるアノマリー
SQ効果
  • 先物市場における満期日では、限月最終日時点の清算値である「SQ値」が計算されます。株価指数先物の清算は3月、6月、9月、12月の第2金曜日と決まっていて、「SQ算出」がある日は、株高になるアノマリー
CFD商品には、多くのアノマリーがありますが、これは外国為替だけではあまり多くないものですので、うまく活用することで、勝率を上げることができます。

メリットその2.レンジ相場でも、儲かる

基本的なCFD取引というのは、FXトレードと同じように

持ったポジションの方向にどれだけ動いたか?で利益が決まってくるもの

です。

  • 価格変動が小さい、レンジ相場 → 予想が当たっても、稼ぎにくい
  • 価格変動が大きい トレンド相場 → 予想が当たれば、大きく儲けられる

性質のものなのです。

しかし、バイナリーオプションCFD取引であれば

日経平均が20,000円 → 20,001円になっただけでも、投資額の約2倍が払い戻しになるトレードです。

通常のCFD取引 → トレンド相場に強い
バイナリーオプションCFD取引 → レンジ相場に強い

特徴があるのです。

メリットその2.レンジ相場でも、儲かる
値動きの小さい相場であっても、バイナリーオプションCFD取引であれば、大きく稼げる可能性があるのです。

メリットその3.レバレッジがないから稼ぎやすい

CFD取引は「差金決済」ですから、レバレッジが掛けた証拠金取引が可能です。

しかし、国内バイナリーオプション業者の場合、CFD取引のレバレッジは、FX取引のレバレッジよりも低く設定されているのです。

  • 国内FX業者のFXトレードのレバレッジ:25倍

例.GMOクリック証券

  • 株価指数CFD:レバレッジ10倍
  • 商品CFD:レバレッジ20倍
  • 株式CFD:レバレッジ5倍
  • バラエティCFD:レバレッジ5倍

DMM.com証券

  • 株価指数CFD:レバレッジ10倍
  • 商品CFD:レバレッジ20倍

です。レバレッジが小さければ小さいほど、儲けにくいことになります。

しかし、CFDのバイナリーオプショントレードというものには「証拠金」「レバレッジ」という概念がありません。これはオプション取引だからです。

  • 予想が当たれば、1円の変動幅でも、購入額の約2倍が払い戻し
  • 予想が外れれば、購入額の払い戻しなし

という仕組みですので、レバレッジを気にせず、小さな変動で大きな払い戻しを狙うことができるのです。

少額資金で稼ぎやすいのは、通常のCFD取引よりも、バイナリーオプションによるCFD取引なのです。

バイナリーオプションのCFD取引(株価、金銀プラチナ、商品)のデメリット

バイナリーオプションのCFD取引(株価、金銀プラチナ、商品)のデメリット

デメリットその1.取引の時間の制限がある

ハイローオーストラリアの場合

外国為替、仮想通貨

ハイローオーストラリアの場合

15分単位 – 15分毎 (8:00am ~ 翌日6:00am)

というタイミングで、ほぼ24時間トレードが可能です。

しかし、

日経平均(JPN225)の場合

ハイローオーストラリアの場合

前場:
1日単位 – 1営業日、1回 (9:00am ~ 11:30am)

後場:
1日単位 – 1営業日、1回 (12:30pm ~ 3:00pm)

と、当然ですが、日本の株式市場が公開されている間しかトレードができないのです。

取引商品によって、バイナリーオプショントレードができる時間が異なることに注意しなければならないのです。

デメリットその2.利用できない取引方法がある

ハイローオーストラリアの場合

取引方法には

  1. HIGHLOW
  2. スプレッドHIGHLOW(スプレッド取引)
  3. Turbo(短期取引)
  4. Turboスプレッド(短期取引・スプレッド取引)

の4種類がありますが

CFD取引が可能なのは

  1. HIGHLOW
  2. スプレッドHIGHLOW(スプレッド取引)

の2種類だけで

  1. Turbo(短期取引)
  2. Turboスプレッド(短期取引・スプレッド取引)

の「短期取引」は利用できないのです。

ハイローオーストラリアの場合
短期取引は、30秒、1分、2分、3分、5分という短期間で判定時間が来るトレードのことで、CFD商品は、短期取引ができないケースが多いのです。

デメリットその3.ペイアウト倍率が低くなるケースもある

ザオプションのペイアウト倍率

ザオプションのペイアウト倍率

FX

  • USD/JPY:90%
  • EUR/USD:90%
  • EUR/JPY:85%
  • AUD/JPY:85%
  • GBP/JPY:85%
  • AUD/USD:85%
  • NZD/USD:85%
  • GBP/USD:90%
  • EUR/AUD:85%
  • USD/CAD:85%
  • EUR/CHF:85%
  • USD/CHF:85%
  • GBP/CAD:85%
  • NZD/JPY:85%
  • AUD/NZD:85%

商品先物

  • GOLD:82%
  • SILVER:85%

仮想通貨

  • BITCOIN:82%

となっています。

メジャー通貨と比較すると、金、銀、ビットコインなどのCFD商品のペイアウト倍率が若干下がっていることがわかるかと思います。

概ね

メジャー通貨のペイアウト倍率 ≧ CFD商品のペイアウト倍率

になる可能性が高いのです。

ペイアウト倍率が低ければ、それだけ損益分岐になる勝率は上がるため、勝ちにくくなってしまうのです。

デメリットその4.長期取引ができない

CFD商品は、短期取引よりも、長期取引に向いているトレード商品です。

なぜならば、ファンダメンタルズの影響を受けやすく、ファンダメンタルズ分析がはまりやすいからです。

テクニカル分析によるスキャルピング、デイトレードというよりは、ファンダメンタルズ分析によるスイングトレード、長期トレードをする方が多いのです。

しかし、バイナリーオプショントレードの取引期間は、長くても1日です。国内バイナリーオプション業者の場合は、長くて2時間なのです。

ポジションを持ち続けるものではないため、バイナリーオプショントレードは、長期取引ができず、その分、ファンダメンタルズ分析が効きにくいのです。

当然、長期取引で勝とうとする方には、おすすめできないトレード方法になってしまいます。

バイナリーオプションCFD取引でおすすめの業者は?

国内バイナリーオプション業者 → IG証券

口座開設スピード最短即日
口座開設費用無料
口座維持費無料
取引通貨ペア米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
株価指数
エネルギー
貴金属
ペイアウト金額1枚につき1,000円
ペイアウト倍率変動
ラダーオプション
実績年月商品オプションの種類総取引金額に対する総支払金額の割合取引口座に対する損失口座の割合
2020年8月為替ラダーオプション94.60%67.50%
2020年8月株価指数ラダーオプション95.30%69.60%
2020年8月商品ラダーオプション102.20%64.30%

IG証券がバイナリーオプションCFD取引でおすすめの理由

  • 国内バイナリーオプション業者でCFD取引を採用している業者が少ない
  • 比較的多いCFD商品のラインナップ
  • 通常のラダーオプション以外にノックアウト・オプションが利用できる

IG証券の取引可能CFD商品

株価指数

  • 日本225(日経平均)
  • ウォール街(ダウ平均)
  • FTSE100(英)、ドイツ30、フランス40、スペイン35
  • オーストラリア200
  • シンガポール優良株先物
  • 香港HS株価指数
  • インド50先物
  • 中国A50株価指数先物

商品

  • NY原油(WTI)先物
  • NY金先物
  • NY銀先物

海外バイナリーオプション業者 → ハイローオーストラリア

所在地セントビンセント及びグレナディーン諸島
認可セントビンセント及びグレナディーン諸島LLC
信託保全・分別管理-
最低ペイアウト倍率1.85 倍
最高ペイアウト倍率2.30 倍
最低取引額1,000円
ボーナス/キャンペーン口座開設5,000円ボーナス
独自ツールトレーダーズ・チョイス(トレンド確認ツール)

ハイローオーストラリアバイナリーオプションCFD取引でおすすめの理由

  • 比較的多いCFD商品のラインナップ
  • CFD商品のペイアウト倍率が高い
  • CFD商品でスプレッド取引が利用できる
  • 以前は、金融ライセンスを持って5年以上営業していて信頼性が高い
  • 国内出金で出金が可能

ハイローオーストラリアの取引可能CFD商品

商品指数

  • GOLD
  • USOIL
  • UKOIL

株価指数

  • AUS200
  • JPN225
  • HKG33
  • UK100
  • US30
  • NAS100
  • SPX500
  • CHN50

仮想通貨

  • BITCOIN (XBT/USD)
  • ETHERIUM
  • RIPPLE
  • LITECOIN

まとめ

バイナリーオプションCFD取引とは

  • CFD商品(「株価指数」「個別銘柄」「金」「原油」「商品」「債債」)で2者択一のバイナリーオプショントレードをすること

を言います。

バイナリーオプションCFD取引のメリットには

  • メリットその1.予想がしやすい局面がある
  • メリットその2.レンジ相場でも、儲かる
  • メリットその3.レバレッジがないから稼ぎやすい

バイナリーオプションCFD取引のデメリットには

  • デメリットその1.取引の時間の制限がある
  • デメリットその2.利用できない取引方法がある
  • デメリットその3.ペイアウト倍率が低くなるケースもある
  • デメリットその4.長期取引ができない

があります。

teacher
バイナリーオプションCFD取引には、予想しやすいメリットがありますが、ファンダメンタルズ分析が効きにくく長期取引ができないデメリットもあります。気になる方は、一度試してみることをおすすめします。

また、CFD商品のバイナリーオプションでも、通常の通貨のバイナリーオプションでも、注意すべきポイントは同じです。初心者向けのマニュアルを理解しながら、トレードする必要があります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円