バイナリーオプションとは?初心者でもわかるはじめてのバイナリーオプション

man
「バイナリーオプションって何?」
「FXとバイナリーオプションは何が違うの?」

このように感じる投資家の方は少なくありません。今回はバイナリーオプションについて初心者でもわかるように解説していきます。

目次

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプション(binary option)は為替取引の投資方法の一つです。

バイナリーオプションとは、数秒後、数分後の為替相場を予想して、当たれば投資額が1.6倍~2.4倍、外れれば0円というシンプルな投資のことを言います。

woman
「バイナリー(binary)」という言葉、なんかパソコン系の情報で聞いたことがあるかも?

と思った方もいるかと思いますが

「バイナリー(binary)」とは?

「バイナリー(binary)」は「二進法」を意味します。二進法は「0」と「1」のみですべてが表される世界であり、コンピューターも二進法が採用されています。

「オプション(option)」とは?

オプション取引のことを意味します。

オプション取引とは

  • ある商品を
  • 将来の特定の日時に
  • 特定の値段で買う(または売る)権利

を売買することを意味します。

「さっぱり、よくわからない。」という方が多いと思います。噛み砕いて説明すると・・・

例えば

価格が変動する「金」の場合

一定量の「金」を1月1日に「3か月後に10万円で買う権利」をオプション料金5000円で購入したとします。

4月1日に金の時価が上昇していて、10万円から15万円に価値が上がりました。

買い手は権利を行使して、15万円の価値の「金」を10万円で購入しました。権利の購入価格は5000円ですから、4万5000円分儲けが出たことになります。

仮に4月1日に金の時価が下落していて、10万円から5万円に価値が下がっていたとします。

購入する権利を行使すると5万円損をしてしまいますから、権利放棄する選択をします。金は変えなかったのですから、はじめに権利を購入した5000円分だけ損をします。

これが「オプション取引」です。

この例の「金」が「為替(外国通貨)」に変わったのがバイナリーオプションであり、判定時間が数分と大幅に短くなっただけで、基本はこの例と同じなのです。

バイナリーオプション = 二進法(「0」か「1」か)の2択でできる外国為替のオプション取引のこと

と説明できるのです。

バイナリーオプションを説明する上で例に挙げられやすいのが

  • トランプの「High&ロー」
  • サイコロの「丁半博打」

ですが、とちらも、

  • 予想が外れれば → 賭け金没収:0円
  • 予想が当たれば → 賭け金倍増:2倍

というシンプルなものです。

これを為替でやるのがバイナリーオプションなのです。

バイナリーオプションとFXの違い

ペイアウト(払い戻し)の考え方が違う!

FXの場合は

レバレッジ10倍の場合

  • 1万円でドルを購入して 1ドル100円 → 1ドル101円 : 1000円の儲け
  • 1万円でドルを購入して 1ドル100円 → 1ドル102円 : 2000円の儲け
  • 1万円でドルを購入して 1ドル100円 → 1ドル 99円 : 1000円の損失

予想が当たった為替レートの変動幅に応じて利益が変わってきます。

バイナリーオプションの場合は

ペイアウト倍率 1.8倍の場合

  • 1万円で「上昇(High)」を選択して 1ドル100円 → 1ドル101円 : 18,000円の儲け
  • 1万円で「上昇(High)」を選択して 1ドル100円 → 1ドル102円 : 18,000円の儲け
  • 1万円で「上昇(High)」を選択して 1ドル100円 → 1ドル 99円 : 10,000円の損失
  • 1万円で「上昇(High)」を選択して 1ドル100円 → 1ドル 98円 : 10,000円の損失

予想が当たった為替レートの変動幅が少なくても、利益と損失は変わらないのです。

0.01銭の値動きのケース

これが仮に0.01銭の値動きでも同じになります。

FXの場合は

  • 1万円でドルを購入して 1ドル100円 → 1ドル100円01銭 : 10円の儲け
  • 1万円でドルを購入して 1ドル100円 → 1ドル100円02銭 : 20円の儲け
  • 1万円でドルを購入して 1ドル100円 → 1ドル 99円99銭 : 10円の損失

バイナリーオプションの場合は

  • 1万円で「上昇(High)」を選択して 1ドル100円 → 1ドル100円01銭 : 18,000円の儲け
  • 1万円で「上昇(High)」を選択して 1ドル100円 → 1ドル 99円99銭 : 10,000円の損失」
concierge
予想が当たりさえすれば、約2倍の払い戻しが得られるのがバイナリーオプションですので、レートの動きが少ないレンジ相場などはバイナリーオプションの方が儲けやすいとされています。

レバレッジが違う!

バイナリーオプションの場合

レバレッジという考え方はありません。

あくまでも、予想が当たるか?外れるか?で払い戻し金額が変わってくるオプション取引(権利の売買)だからです。オプション取引がそもそも、本来の取引価格よりも安く取引されるものですので、レバレッジという仕組みがなくても、十分に高額な利益を狙えるのです。

FXの場合

  • 国内FX業者:最大25倍
  • 海外FX業者:最大3000倍

レバレッジを掛けて、実際の通貨を取引します。直接的な取引ですので、レバレッジがなければほとんど利益がでません。レバレッジがないFXは外貨預金と同じですので、資金の数%しか儲けることができません。これでは魅力的な投資方法とは言えません。

FXは外国為替証拠金取引と訳されることからもわかるとおりで、「証拠金にレバレッジを掛けて取引することが前提」の投資なのです。

国内のFX業者は、金融商品取引法という法律によって2011年からレバレッジ規制が適用され

  • 個人:最大25倍まで
  • 法人:最大200倍まで

に制限されたのです。

concierge
レバレッジが小さくなれば、資金が少ない方が儲けられる金額も減ってしまうので、このレバレッジ規制によって、国内のFXトレードの魅力が損なわれたのは事実でしょう。

手数料が違う!

バイナリーオプションの場合

手数料は無料です。

ペイアウト倍率1.9倍なら、100人の投資家がいて、50人が勝ち、50人が負けの場合、0.1倍分がバイナリーオプション業者の利益となります。

※一部スプレッドを乗せてペイアウト倍率を高めている設計のバイナリーオプションもあります。

FXの場合

手数料はスプレッド、もしくは取引手数料という形で発生します。

  • 国内FX業者:米ドル/円0.3pips~0.5pips

が相場となっています。取引手数料は無料のFX業者がほとんどです。

追証が違う!

バイナリーオプションの場合

追証(おいしょう)はありません。

FXの場合

追証(おいしょう)があります。

concierge
追証とは

レバレッジを前提にしたFXトレードの場合は、相場の急変動時に証拠金以上に損失が出てしまう可能性があります。証拠金が不足した分をFX業者は後から投資家に請求します。これが「追証」です。2015年のスイスショックでは、総額19億円の追証が発生しました。追証は投資家の借金になるので、追証で破産する投資家も少なくないのです。。

バイナリーオプションとFXの違いまとめ

予想が少ししか当たらなかった場合でも、十分な利益が出せるのがバイナリーオプションです。

FXの場合はレバレッジをかけることで予想通りの変動幅が小さくても、利益を上げることができますが、日本国内のFX業者の場合はレバレッジ規制によってレバレッジ制限がかけられてしまっため、大きく稼ぐことが難しくなっているのです。

また、追証(おいしょう)がないことも大きなメリットです。損をするのは最大でも、投資したん金額(オプションを購入した金額)だけですので、FXの追証のように証拠金以上に損をして後から請求されるようなリスクは発生しないのです。損失が限定できるからこそ、お小遣いの範囲内で、収入の余剰分の範囲内でと、安心してトレードを楽しむことができるのです。

大きく違う海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションの取引方法

海外バイナリーオプションとは?

外国に本社がある証券会社、FX会社、バイナリーオプション業者が提供するバイナリーオプションのサービスのこと。日本の法律には規制されない。

国内バイナリーオプションとは?

日本に本社がある証券会社、FX会社、バイナリーオプション業者が提供するバイナリーオプションのサービスのこと。日本の法律が適用される。※外資系の日本法人など、日本でサービスを提供していれば国内バイナリーオプション業者になります。

2013年から国内バイナリーオプションは規制による新基準に変更された

2011年以前は、海外バイナリーオプションも、国内バイナリーオプションも、前述した内容でバイナリーオプションを説明できました。

しかし、2013年7月に日本のバイナリーオプション業者の自主規制によって「バイナリーオプション規制」が適用されたのです。「バイナリーオプション規制」による新基準は、前述したバイナリーオプションの内容と大きくことなるものとなってしまったのです。

海外バイナリーオプションは以前と変わらず、前述した説明通りのバイナリーオプションが可能です。

新基準の国内バイナリーオプションの中身とは?

ペイアウト倍率が変動する仕組み

以前のバイナリーオプション、海外バイナリーオプションの場合は、ペイアウト倍率は一定でした。

どのタイミングで購入しても、ペイアウト倍率が1.8倍なら1.8倍ですので、一番勝ちやすい為替レートの推移を見計らって、購入すれば良かったのです。

しかし、新基準では常にペイアウト倍率が変動します。

外為オプション/GMOクリック証券を例に挙げると

「判定時刻の目標レート(権利行使価格)」と「購入時点のレート」の価格差によってペイアウト倍率が変化しているのがわかります。

新基準ではペイアウト金額が1000円に固定されますが、オプションの購入価格が変動することでペイアウト倍率も変動する仕組みになっています。

「判定時刻の目標レート(権利行使価格)」と「購入時点のレート」の価格差が大きい

  • 購入額:51円
  • 払い戻し:1000円
  • ペイアウト倍率:19.6倍

「判定時刻の目標レート(権利行使価格)」と「購入時点のレート」の価格差が小さい

  • 購入額:834円
  • 払い戻し:1000円
  • ペイアウト倍率:1.19倍

「判定時刻の目標レート(権利行使価格)」は複数(5個~10個)提示されるため、ペイアウト倍率、購入価格、判定時刻での目標レートを見て、どの「判定時刻の目標レート(権利行使価格)」を設定するのか?選ぶことができるのです。

取引時間が制限される

以前のバイナリーオプションでは

判定時間:30秒、1分、2分、10分

と判定時刻を自分で選ぶことができました。

いつどんなときにオプションを購入しても、30秒のバイナリーオプションを選択すれば、30秒後が判定時間になるので、理論上は1日の取引可能回数は何百回、何千回も取引することが可能でした。

新基準のバイナリーオプションの場合は

例:外為オプション/GMOクリック証券

取引時間
各回号の取引時間

と1日最大でも10回の取引チャンスしかなくなってしまったのです。

開始時刻から、判定時刻までは2時間以上にしなければならないようになってしまいましたが、判定時刻の2分前までエントリーが可能ですので、判定時刻ギリギリにエントリーすることも可能です。

concierge
ただし、前述した通りで判定時刻ギリギリにエントリーすると、目標レート(権利行使価格)との差が極めて小さくなっているので、ペイアウト倍率も1.00倍に近い数字になってしまい、ほとんど儲からない可能性が出てくるのです。

バイナリーオプションの新基準は、予想したレートとの差によって払い戻し金額が変わってくるので、どちらかというとFXに近い形に変わったと言っていいでしょう。以前のバイナリーオプションの方式で楽しみたい方は海外バイナリーオプションをおすすめします。

まとめ

バイナリーオプションは、FXよりもシンプルな仕組みの投資となっています。しかし、あくまでも為替ですので、テクニカル分析で予想ができます。バイナリーオプションはギャンブルではないのです。シンプルであるがゆえにコツをつかめばFXよりも儲けやすい投資方法と言われているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です