バイナリーオプションとFXを比較。どっちが稼げる?どちらが儲けている方が多い?勝率・実績データを比較

man
「バイナリーオプションとFXを比較すると投資家はどちらの方が儲けている方が多いのでしょうか?」

今回はFX会社、バイナリーオプション会社のデータから勝率を比較します。

バイナリーオプションの勝率データ

バイナリーオプション会社の取引実績(ラダーオプション)

各国内バイナリーオプション業者の取引実績最新

国内バイナリーオプション業者実績年月商品オプションの種類総取引金額に対する総支払金額の割合取引口座に対する損失口座の割合
外為オプション/GMOクリック証券
外為オプション/GMOクリック証券
2020年8月為替ラダーオプション99.83%71.85%
選べる外為オプション/FXプライム byGMO
選べる外為オプション/FXプライム byGMO
2020年8月為替ラダーオプション91.50%78.80%
オプトレ!/YJFX!
オプトレ!/YJFX!
2020年8月為替ラダーオプション92.03%74.62%
みんなのオプション/トレイダーズ証券
みんなのオプション/トレイダーズ証券
2020年8月為替ラダーオプション87.26%78.41%
LION BO/ヒロセ通商
LION BO/ヒロセ通商
2020年8月為替ラダーオプション91.70%70.80%
外貨NEXTバイナリー/外為どっとコム
外貨NEXTバイナリー/外為どっとコム
2020年8月為替ラダーオプション94.24%80.95%
バイナリーオプション/IG証券
バイナリーオプション/IG証券
2020年8月為替ラダーオプション94.60%67.50%
バイナリーオプション/IG証券
バイナリーオプション/IG証券
2020年8月株価指数ラダーオプション95.30%69.60%
バイナリーオプション/IG証券
バイナリーオプション/IG証券
2020年8月商品ラダーオプション102.20%64.30%

外為オプション/GMOクリック証券の取引実績推移

外為オプション/GMOクリック証券の取引実績推移
年月総取引金額に対する、総支払金額の割合取引口座に対する、損失発生口座の割合
2020年8月99.83%71.85%
2020年7月97.58%77.82%
2020年6月94.70%77.14%
2020年5月95.49%78.26%
2020年4月100.15%74.06%
2020年3月96.76%78.43%
2020年2月98.74%72.29%
2020年1月97.60%74.65%
2019年9月97.87%72.82%
2019年8月98.69%70.46%

出典:GMOクリック証券/バイナリーオプション月次取引実績

国内バイナリーオプション業者の取引実績の数値を見てみると・・・

なんと

  • 総取引額に対する総支払金額の割合「払い戻し率」が軒並み90%台後半(GMOクリック証券「外為オプション」の1年の平均97.74%
  • GMOクリック証券「外為オプション」の2020年4月は「払い戻し率」が100%超、バイナリーオプション会社が赤字 = 投資家の方が儲けている

という結果となっています。

基本的にはバイナリーオプションは

  • 投資家が儲ける → バイナリーオプション会社が損をする
  • 投資家が損する → バイナリーオプション会社が儲かる

という図式ですから、投資家が儲かればバイナリーオプション会社は損します。

concierge
赤字のバイナリーオプション会社があるといことは、全体では投資家は儲かっているということを示しているのです。
GMOクリック証券「外為オプション」の総取引額に対する総支払金額の割合 = 払い戻し率 =  94.70%~100.15%

ですから、これは「日本のギャンブルの払い戻し率」と比較すると

日本のギャンブルの払い戻し率
日本のギャンブル還元率
宝くじ44%
競馬・競輪・競艇・オート75%
サッカーくじ「toto」50%
パチンコ・スロット85%

断然高い払い戻し率になっているのです。

また、注目すべきは

取引口座に対する、損失発生口座の割合は7割台

という点です。

つまり、バイナリーオプション(国内バイナリーオプション)は

  • 投資家の全体の払い戻し率は、約98%
  • 損失を出す口座が7割、利益を出す口座が3割

→ 3割のバイナリーオプション投資家が多勝ちして、全体の損益はトントンに近い払い戻しになっている

というのが現状なのです。

100人の投資家が資金3万円でバイナリーオプションをした場合

  • 7割の70人が3万円から0円に負ける
  • 3割の30人が3万円から10万円(3.3倍)に増やす

計算となります。

teacher
では、FXの方はどうなのでしょうか?

FXの勝率データ

FXで利益を上げた人と損をした人の割合

出典:外為どっとコムの顧客向け調査/日経新聞

となっています。

FXでも良いときは2012年~2014年は50%強が利益を上げているのです。
2016年にはこの割合は37%まで落ちています。

2016年の収益率の状況

出典:外為どっとコムの顧客向け調査/日経新聞

  • 資産の30%以上の損失を出した人:22%
  • 63%の方が損失を出している

バイナリーオプションとFXの儲けやすさを比較する

teacher
同じデータではないため、正確な比較はできませんが、どちらも証券会社の開示データ・顧客データですので信頼性の高いデータと考えられます。

バイナリーオプション

  • 払い戻し率が9割後半台(平均98%)
  • 払い戻し率が10割を超えている = 投資家側の方が儲かっている会社もある
  • 負け口座割合が70%程度なので、3人に1人、4人に1人が3倍、4倍の儲けを出している

FX

  • 勝率は50%前後で推移しているが、予想ができない相場では37%まで勝てる人の割合は減っている
  • FXは大きく負ける人の割合が非常に大きい
  • 3割超の儲けを出した人は6%程度
  • 3割超の損失を出した人は22%程度。3割超の儲けを出した人の1倍以上
  • 1%~5%の収益率では、損失を出した人よりも、儲けを出した人の方が多い
  • -1%~-30%の損失の方の割合はそれほど割合が変わらない
  • 1%~20%の儲けの方の割合は-1%~-30%の損失の方の割合よりも大きい

という結果になっているのです。

concierge
バイナリーオプションは全体としては投資家の方が儲けている会社もありますが、負け口座の割合が7割程度ですので、簡単に言えば、残りの3割の方が大きく儲けて全体ではトントンにしているということを示しています。

一方で、FXは小さく負ける、小さく儲ける方は多いが、大きく儲けられる人は6%程度に対して、大きく損をする方は22%と約4倍も多いことを示しています。

バイナリーオプションとFXを比較するとどちらの方が儲けている方が多いのか?

  • バイナリーオプションはコツをつかめば(儲けを出せる3割に入れれば)、資金の3倍、4倍の儲けを出せる可能性が高い投資
  • FXは資金の1%~5%という小さな儲けを出すのには適している投資

ということが言えます。

なぜ、上記のような結果になっているのか?

バイナリーオプションというのは、「現在価格より上がるか?下がるか?」のシンプルなトレードです。そのため、バイナリーオプションの必勝法となる「コツ」がわかれば、再現性が大きいため、コツを理解した3割の投資家は、資産を3倍~4倍に増やすことができているのです。

シンプルだからこそ、適切な「分析(テクニカル分析など)」をすれば再現性は高いのですが、バイナリーオプション初心者の方は「運」でスピードくじ感覚でトレードする方も多いので、7割は損失を出しているのです。

バイナリーオプション攻略のカギは

再現性を持ったバイナリーオプション必勝法を身に着けること

と考えて良いでしょう。

FXトレードで少額の儲ける方の割合が多いのは「長期投資」の割合が大きいものと推測されます。

「ファンダメンタルズ分析」による「長期投資」であれば、経済動向の読みを間違えない限り、資金の1.0%~5.0%の利益を出すことはそう難しくないからです。また、長期投資の場合は、スワップポイント(スワップ金利)も付与されるため、スワップ狙いの投資家など、年率1.0%~5.0%の利益は実現しやすいのです。

FXトレードでは

ファンダメンタルズ分析を用いた長期投資で、スワップポイントで資産運用することが初心者には儲けやすい

ことを意味しています。

バイナリーオプションとFXを比較するとどちらの方が儲けやすいのか?

  • バイナリーオプションは、シンプルだからこそ「再現性」が高く、コツをつかめば安定して大勝ちできる投資
  • FXは、長期投資は予想しやすく、利息も付くので、初心者でも小さい収益性であれば勝てる可能性が高い投資

と言えるのです。

バイナリーオプションとFXの向き・不向き。どちらのトレードをするべきか ?

バイナリーオプションに向いている投資家

  • 短期で資金を3倍、4倍に増やしたい
  • 勝てる方は少ない(3割程度)だが大勝できるトレードを希望する
  • チャートを分析する「テクニカル分析」が向いている

FXトレードに向いている投資家

  • 長期の資産運用で、資金を1.0%~5.0%ぐらいの利回りで徐々に増やしたい
  • 勝てる方と損をする方の割合は半々(やや損する人が多い)が、小さい勝ちの方が多いトレードを希望する
  • 経済動向を分析する「ファンダメンタルズ分析」が向いている

まとめ

teacher
FXトレードも、バイナリーオプションも、どちらも、必ず勝てる投資ではなく、メリットデメリットがありますがが、明確なトレンドが発生する状況化では、シンプルなバイナリーオプションの方が投資を繰り返すことで儲けを出すことが容易なのではないかと考えられます。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

おく先生

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円