国内バイナリーオプション攻略のすべて。メリットデメリットから注意点まで徹底解説

国内バイナリーオプション業者比較

人気ランキングバイナリーオプション名1日の取引回数取引時間間隔購入から判定まで最短取引通貨ペアペイアウト倍率最低購入単位ラダーオプションコース数スプレッド
1位外為オプション/GMOクリック証券
外為オプション/GMOクリック証券
10回3時間2分米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
1~20倍1枚50円~999円7コース60円
2位LION BO/ヒロセ通商
LION BO/ヒロセ通商
9回2時間2分米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
1~1000倍1ロット(1円~1,000円)7コース50円
3位オプトレ!/YJFX!
オプトレ!/YJFX!
11回2時間1分米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
ユーロ/米ドル
ポイント/米ドル
豪ドル/米ドル
1~100倍1枚10円~999円6コース80円
4位みんなのオプション/トレイダーズ証券
みんなのオプション/トレイダーズ証券
11回2時間2分米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
1~20倍1枚50円~999円5コース120円
5位バイナリーオプション/IG証券
バイナリーオプション/IG証券
12回2時間2分米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円
ユーロ/米ドル
ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
株価指数
エネルギー
貴金属
変動0.1ロット-79円

国内バイナリーオプション業者とは

国内バイナリーオプション業者とは

国内バイナリーオプション業者とは

日本国内に本社があるバイナリーオプション業者のこと

を言います。

日本には、バイナリーオプションを提供している会社(FX会社、証券会社)が10社~20社程度存在します。

日本人の投資家で、バイナリーオプションに興味を持つ方であれば、まず日本国内のバイナリーオプション業者に目を向けるはずです。

woman
「でも、日本人の投資家であれば、日本のバイナリーオプション業者でトレードをするのが当たり前じゃないの?なぜ、わざわざ『国内バイナリーオプション業者』という言い方をするの?」

理由は

日本の国内バイナリーオプション業者は、「バイナリーオプション規制」を導入したため、

  • 日本国内のバイナリーオプション業者の取引方法
  • 外国(海外)のバイナリーオプション業者の取引方法

が、同じバイナリーオプションなのに「ほぼ別物」になってしまったからです。

取引方法が違うのですから、日本人投資家の中でも

  • 「日本国内のバイナリーオプション業者でトレードをしたい。」
  • 「海外のバイナリーオプション業者でトレードをしたい。」

という方に分かれるため、区別するために「国内バイナリーオプション業者」「海外バイナリーオプション業者」という分類にして、区別するようになったのです。

バイナリーオプション規制とは

バイナリーオプションが「FXよりも勝ちやすい」「FXよりもわかりやすい」「すぐに結果が出る」ということとで、人気が高まってきたのが2011年です。バイナリーオプション人気の高まりと同時に社会問題化してしまったのが「バイナリーオプションの賭博性の高さ」です。

これを問題視した国内のバイナリーオプション業者は、国内バイナリーオプション業者(FX業者、証券会社)が会員となる金融先物取引業協会(金先協会)にバイナリーオプションワーキンググループを設けて、自主規制の在り方が検討されたのです。

2013年4月24日(水)

通貨(通貨指標)を原資産とする個人向け店頭バイナリーオプション取引にかかる自主規制の在り方(最終報告)

2013年7月3日(水)

内閣府令が公布(公的規制が適用)

2013年11月30日(土)以降

取引停止

バイナリーオプションの自主規制の内容

  • 判定時刻の間隔は2時間以上(1営業日に設定できる判定時刻の最大数は12回)
  • ラダーオプション(判定レートが複数あるオプション取引)
  • ペイアウト倍率は1,000円で固定(ペイアウト倍率が変動)
  • レンジ外の取引(予想が当たっても、投資家が利益が出ないレンジ)の禁止
  • 転売が可能に(売値と買値の提示)
  • 投資前に知識確認テストへの合格が必要

などが導入されたのです。

それまで人気が出ていたバイナリーオプションの魅力というのは

  • 予想が当たれば約2倍、外れれば0円というシンプルな2択
  • エントリーしたら、30秒、数分後には結果が出る短期取引

だったのですが、これを国内バイナリーオプション業者は自主規制によって制限をかけたのです。

結果として

  1. 以前のシンプルな二択のバイナリーオプションを求める方 → 海外バイナリーオプション業者を利用
  2. 信頼性を重視して、規制後のバイナリーオプションで満足する方 → 国内のバイナリーオプション業者を利用

と二極化してしまったのです。

国内バイナリーオプション業者の特徴

国内バイナリーオプション業者の特徴

バイナリーオプションの取引の仕組み

  • ペイアウト倍率は変動(ペイアウト額が1,000円(10,000円)に固定)
  • 複数の判定レートから、購入額(1円~999円)と現在レートとの距離を見て、選択(ラダーオプション)
  • 判定時刻は、最低2時間おき(1分~2分前までエントリー可能)
  • 転売が可能

国内バイナリーオプション業者の取引可能商品

外国為替(メジャー通貨)
  • 米ドル/円:USD/JPY
  • ユーロ/円:EUR/JPY
  • ポンド/円:GBP/JPY
  • 豪ドル/円:AUD/JPY
  • ユーロ/米ドル:EUR/USD

がメインです。

一部のバイナリーオプション業者(IG証券のみ)下記商品でトレード可能

株価指数
  • 日本225(日経平均)
  • ウォール街(ダウ平均)
  • FTSE100(英)
  • ドイツ30
  • フランス40
  • スペイン35
  • オーストラリア200
  • シンガポール優良株先物
  • 香港HS株価指数
  • インド50先物
  • 中国A50株価指数先物
商品
  • NY原油(WTI)先物
  • NY金先物
  • NY銀先物

国内バイナリーオプション業者によっては導入しているサービス・ツール

国内バイナリーオプション業者比較はこちら

国内バイナリーオプション業者のメリット

国内バイナリーオプション業者のメリット

メリットその1.信頼性が高い(金融庁への登録、全額信託保全)

国内バイナリーオプション業者は、ほぼすべての業者が「金融商品取引業者:財務省関東財務局」に登録して、サービスを提供しています。第一種金融商品取引業です。

第一種金融商品取引業の登録には

  • 株式会社であること
  • 最低資本金5,000万円
  • 純財産額の規制あり
  • 自己資本規制比率120%以上
  • 国内に営業所または事務所があること
  • 外国法人は国内の代表者が決まっていること
  • 主要株主に関する要件あり(議決権保有割合、保有目的を内閣総理大臣に届けるなど)

という要件があり、2010年には「全額信託保全の義務化」が行われました。

また、決算が終了して3カ月以内に事業報告書を提出が必要になります。

つまり、日本の金融庁が監査しているため、信頼性は海外バイナリーオプション業者の比ではないのです。国内バイナリーオプション業者が倒産しても、「全額信託保全」が導入されているため、顧客資産も戻ってきます。
teacher
海外バイナリーオプション業者は、日本の金融庁への登録「第一種金融商品取引業の登録」をしていませんし、することができないため、信頼性は圧倒的に国内バイナリーオプション業者の方が海外バイナリーオプション業者よりも高いのです。(海外バイナリーオプション業者も、日本法人を作って登録することはできますが、登録した場合には、日本の国内バイナリーオプション業者と同じサービスしか提供することができなくなります。)

メリットその2.税金が優遇されている

国内バイナリーオプションの税率

  • 所得税:15%
  • 住民税:5%
  • 復興特別所得税:0.315%(平成39年末まで)

合計:20.315%

海外バイナリーオプションの税率

雑所得として、他の所得(給与所得など)と合算して

  • 所得税:5%~45%
  • 住民税:10%

合計:15%~55%

という違いがあります。

teacher
日本政府は、個人の投資を加速させるために「株式投資」「NISA」「FX」などを奨励し、投資に関わる税金を申告分離課税の20%に軽減しているのです。
そのため、国内バイナリーオプション業者の方が、税金面では有利になるのです。

メリットその3.ペイアウト倍率が高くなるケースがある

国内バイナリーオプション業者の取引方法では

  • ペイアウト額が固定1,000円
  • 購入額は、難易度に応じて1円~999円に変動

という仕組みですから

現在レートから離れたところの判定レートを選んだ場合

ペイアウト倍率が20倍を超えるケースがある

のです。

例:外為オプション
例:外為オプション
  • 現在レート:121.295円
  • 判定までの時間:1時間34分
  • 判定レート:121.650円
  • 「円安」を選択した場合の購入価格:49円
  • ペイアウト:1,000円
  • ペイアウト倍率:20.4倍

となります。

海外バイナリーオプション業者の場合は、ペイアウト倍率は1.6倍~2.4倍程度ですので、20倍を超えるペイアウト倍率というのはないのです。

当然、

ペイアウト倍率が20倍を超える = それだけ当たらない、当たる確率が極めて低い

ということを意味します。

「一攫千金の可能性がある」という意味で、ペイアウト倍率が20倍を超える可能性があるのは、国内バイナリーオプションです。

メリットその4.入金出金の手続きが簡単

国内バイナリーオプション業者のメリットは、入金出金の手間やコストがないことです。

多くの国内バイナリーオプション業者では「クイック入金」に対応していますし、「出金できない」などのトラブルもほぼありません。

無料で、いつでもすぐに入金できて、いつでもすぐに出金できることが、国内バイナリーオプション業者のメリットの一つと言えます。

メリットその5.「アプリ」でトレード可能

国内バイナリーオプション業者の方が「スマホ対応」「アプリ対応」は、進んでいます。

海外バイナリーオプション業者の場合は「スマホ対応」はしてるものの、「アプリ対応」まではできていない業者が多く、一部の海外バイナリーオプション業者でしか「アプリでのトレード」ができないのです。

スマホでのトレードでは、海外バイナリーオプション業者よりも、国内バイナリーオプション業者の方が対応が進んでいると考えて良いでしょう。

国内バイナリーオプション業者のデメリット

国内バイナリーオプション業者のデメリット

デメリットその1.少しの値動きでも、約2倍のペイアウト倍率ではなくなった。

以前までのバイナリーオプションの特徴というのは

米ドル/円:100.315円 → 米ドル/円:100.316円

という、0.1pipsのわずかな価格変動でも

  • 予想が当たれば、約2倍
  • 予想が外れれば、0円

という「シンプルな2択」が人気になった理由であり、儲けやすい理由なのです。

少しの値動きでも、ペイアウト倍率が約2倍なのですから、「為替が動く方向だけを当てれば良い」のが売りだったのです。

価格変動が小さいレンジ相場でも、儲けやすかったですし、初心者でも、為替の方向だけを予想すれば良いので、予想が当たりやすかったのです。

しかし、バイナリーオプション規制によって、ペイアウト倍率が変動する仕組みになったため

少しの為替変動を予想して、当てた場合、ペイアウト倍率も1.0○倍程度

と、ほとんど儲けがないのです。

先ほどのペイアウト倍率20倍の逆を選ぶと

例:外為オプション
例:外為オプション
  • 現在レート:121.295円
  • 判定までの時間:1時間34分
  • 判定レート:121.650円
  • 「円高」を選択した場合の購入価格:1,000円
  • ペイアウト:1,000円
  • ペイアウト倍率:1.0倍

と、利益がありません。

現在の国内バイナリーオプションの仕組みでは

  • 予想を当てる難易度が低い → ペイアウト倍率が低い
  • 予想を当てる難易度が高い → ペイアウト倍率が高い

と、予想の難易度とペイアウト倍率が連動してしまっているので、これでは、予想を当てた幅に応じて儲かる「FXトレード」と大差がないのです。

バイナリーオプションの特徴である「小さい値動きでも、為替が動く方向さえ当たれば、約2倍のペイアウト」という仕組みが失われてしまったのが、国内バイナリーオプションの最大のデメリットと言えます。

デメリットその2.トレード機会が確保できない

バイナリーオプション規制では「判定時刻は2時間置きに設けなければならない」という規制が導入されました。

例:外為オプション
例:外為オプション

月~金曜日の午前8:00~翌午前5:00

第1回号:8:00~11:00
第2回号:10:00~13:00
第3回号:12:00~15:00
第4回号:14:00~17:00
第5回号:16:00~19:00
第6回号:18:00~21:00
第7回号:20:00~23:00
第8回号:22:00~翌1:00
第9回号:0:00~翌3:00
第10回号:翌2:00~翌5:00

1つの通貨ペアの場合、1日10回しかトレード機会がないのです。

21時間でトレード機会が10回ですから、サラリーマンや主婦、学生など、1日1時間~2時間しかトレード時間は確保できない投資家の場合、1日1回しかトレード機会がないのです。

トレード機会が少なければ

  • 安定したトレード手法を身に着けていても、利益が増えていかない
  • 「時間内にトレードしなければならない」という心理的圧力によって、無駄な負けトレードをしてしまう
  • トレードスキルを磨く経験を積みにくい

というデメリットが多く出てしまうのです。

しかも、エントリーから○分後という判定時刻であれば「テクニカル分析のサインが出たらトレード」という判断ができますが、あらかじめ判定時刻が決まってしまうと、「テクニカル分析のサインがタイミングよくでないとうまく機能しない」という問題も発生してしまいます。

「トレード機会が少ない」「判定時刻があらかじめ決まっている」ことが、投資家が儲けにくい多くの理由を生んでしまっているのです。

まとめ

  • トレード機会が確保できない
  • 少しの値動きでも、約2倍のペイアウト倍率ではなくなった。

というデメリットが、多くの投資家が設けにく理由を生んでしまいました。

結果として

  • 資産保全が確実
  • 税金面の優遇がある
  • 入金出金が容易

というメリット以上に投資家がデメリットを感じてしまったため、

多くの投資家が国内バイナリーオプションをあきらめて、海外バイナリーオプションに移行しているのです。

teacher
国内バイナリーオプション業者、海外バイナリーオプション業者のメリットデメリットを正確に理解したうえで、ご自身のトレードスタイル、トレードマインドに合う、バイナリーオプション業者を見つけましょう。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

FX(海外FX中心)・バイナリーオプション・不動産投資など、投資歴10年、ほぼ投資だけでご飯を食べています。FXを中心として、様々な投資関連の情報を実際に実行しながら発信します。1000万円単位の失敗投資もたくさんしています。 FX資産額:3,000万円 保有不動産:2億円・7戸(戸建て中心) 借金:0円